【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアの使い勝手に尽きる…中村孝仁 | レスポンス …

【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアの使い勝手に尽きる…中村孝仁 | レスポンス …

ところが考えてみたら、スズキの看板商品である『ワゴンR』にはこれまでスライドドアはなかった。元々ハイト系モデルとして誕生し、市場を引っ張ってきた …

【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアの使い勝手に尽きる…中村孝仁 | レスポンス(Response.jp)
◆ワゴンRの誕生からスーパーハイト系へ ◆ムーブキャンバスより50kg軽く、45mm車高が高い ◆スライドドア版のワゴンRがあれば…

トヨタ・ヤリスとスズキ・ワゴンRが国内販売トップに立った理由(ダイヤモンド・オンライン …

半導体不足の逆風下で ヤリスとワゴンRが首位に 10月の国内新車販売において、登録車ではトヨタ自動車の「ヤリス」が、軽自動車ではスズキの「ワゴンR」が …

トヨタ・ヤリスとスズキ・ワゴンRが国内販売トップに立った理由(ダイヤモンド・オンライン) - Yahoo!ニュース
● 半導体不足の逆風下で ヤリスとワゴンRが首位に  10月の国内新車販売において、登録車ではトヨタ自動車の「ヤリス」が、軽自動車ではスズキの「ワゴンR」がそれぞれ首位を獲得した。  日本自動車

スズキ、インドで小型車「セレリオ」全面改良 – 日本経済新聞

スズキは、インド子会社マルチ・スズキが全面改良した小型車「セレリオ」(排気量1000㏄)を発売したと発表した。新たなエンジンとプラットホーム(車台)を …

スズキ、インドで小型車「セレリオ」全面改良
スズキは、インド子会社マルチ・スズキが全面改良した小型車「セレリオ」(排気量1000㏄)を発売したと発表した。新たなエンジンとプラットホーム(車台)を採り入れ、軽量化して燃費を高めた。足回

スズキのターボバイク「リカージョン」計画は生きていた!? 冷却系統などの特許図が出現 WEB …

ダウンサイジング並列2気筒に過給機を組み合わせたコンセプトモデルだった. スズキのターボといえば、新型ハヤブサが登場した際に「ターボや6気筒も検討し …

スズキのターボバイク「リカージョン」計画は生きていた!? 冷却系統などの特許図が出現
2021年10月25日にスズキのある特許が登録された。我々はそのマシンのシルエットに見覚えがある。……これって、2013年の東京モーターショーで発表されたコンセプトモデル、過給機付き588cc並列2気筒のリカージョンじゃない? ダウンサイジ

スズキ、印で改良「セレリオ」発売 – 日本経済新聞

スズキは、インド子会社マルチ・スズキが全面改良した小型車「セレリオ」(排気量1000cc)を発売したと発表した。新たなエンジンとプラットホーム(車台)を …

スズキ、印で改良「セレリオ」発売
スズキは、インド子会社マルチ・スズキが全面改良した小型車「セレリオ」(排気量1000cc)を発売したと発表した。新たなエンジンとプラットホーム(車台)を採り入れ、軽量化して燃費を高めた。足

納車まで1年以上!? トヨタ「ランクル300」スズキ「ジムニー」いま本格4WDに人気が集まる理由と …

市場を見渡すと、2018年7月にフルモデルチェンジしたスズキ「ジムニー」も、相変わらずの人気ぶり。一時は半年まで納期が短縮されましたが、世界的な半導体 …

納車まで1年以上!? トヨタ「ランクル300」スズキ「ジムニー」いま本格4WDに人気が集まる理由とは(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 2021年も多くの新型車が発表されましたが、相変わらず好調なカテゴリーといえばSUVです。

1986年式「スズキ GSX-R750」からレッド/ブルーカラーの限定キットがハセガワより登場 …

電撃ホビー編集部. 1985年に登場し、油冷エンジンを装備して当時の400ccクラスに匹敵する軽量化を実現したスズキの革命的名車「GSX-R750」。その中から1986 …

1986年式「スズキ GSX-R750」からレッド/ブルーカラーの限定キットがハセガワより登場!鮮やかな姿を新規デカールで再現!!
1985年に登場したスズキの革命的名車「GSX-R750」。その中から1986年式の「GSX-R750(G)」を新規デカールで再現したハセガワのプラキットが登場!

EVバッテリー保護構造体、スズキとJFEスチールが軽量化設計にメドの意義 – ニュースイッチ

JFEスチールは、スズキとの電気自動車(EV)関連の先行開発で、バッテリーを衝撃から守る構造体の軽量化に独自の設計手法を適用できるめどが付いたと …

EVバッテリー保護構造体、スズキとJFEスチールが軽量化設計にメドの意義|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
こちらは、EVバッテリー保護構造体、スズキとJFEスチールが軽量化設計にメドの意義のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

JFEとスズキ EV電池保護部材 高張力鋼板を利用し設計最適化(日刊産業新聞) – Yahoo!ニュース

JFEスチールは11日、自動車メーカーのスズキと共同で、独自のトポロジー最適化技術と高張力鋼板を使って、電気自動車のバッテリー保護を実現できる車体構造 …

JFEとスズキ EV電池保護部材 高張力鋼板を利用し設計最適化(日刊産業新聞) - Yahoo!ニュース
JFEスチールは11日、自動車メーカーのスズキと共同で、独自のトポロジー最適化技術と高張力鋼板を使って、電気自動車のバッテリー保護を実現できる車体構造の実現にめどを付けたと発表した。先行技術開発の段

スズキが猛追中! ホンダの鉄板人気「N-BOX」No.1の座をライバル車が奪う日は来るのか – MOTA

2021年10月の新車販売台数ランキング発表で衝撃が走った。単月とはいえ、スズキの「ワゴンR」が、2019年12月から軽自動車で毎月1位を取り続けてきた「ホンダ …

スズキが猛追中! ホンダの鉄板人気「N-BOX」No.1の座をライバル車が奪う日は来るのか|【話題を先取り】新型車解説2021【MOTA】
2021年10月の新車販売台数ランキング発表で衝撃が走った。単月とはいえ、スズキの「ワゴンR」が、2019年12月から軽自動車で毎月1位を取り続けてきた「ホンダ N-BOX」を破り1位となったのだ。ホンダのランクダウンは一時的な部品供給不足の影響が大きく、11月度には再びN-BOXが返り咲く可能性もあるが、いずれにせよ...
タイトルとURLをコピーしました