スバル初のPHV、クロストレック ハイブリッド に2022年型…来春米国発売へ | レスポ ンス …

スバル初のPHV、クロストレック ハイブリッド に2022年型…来春米国発売へ | レスポンス …

EVモードは最大27km ◇最新のアイサイト ◇「X-MODE」と「ヒルディセントコントロール」 ◇PHV専用のテレマティクスシステム ◇専用の「スバル・スター …

スバル初のPHV、クロストレック ハイブリッド に2022年型…来春米国発売へ | レスポンス(Response.jp)
◆EVモードは最大27km ◆最新のアイサイト ◆「X-MODE」と「ヒルディセントコントロール」 ◆PHV専用のテレマティクスシステム ◆専用の「スバル・スターリンク・コネクテッド・サービス」

スバルのタフ顔SUV!「クロストレック&クロストレック HV」2022年モデルが米で登場(くるま …

スバルの米国法人は、「クロストレック」および「クロストレック ハイブリッド」の2022年モデルを発表しました。

スバルのタフ顔SUV!「クロストレック&クロストレック HV」2022年モデルが米で登場(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 スバルの米国法人は、「クロストレック」および「クロストレック ハイブリッド」の2022年モデルを発表しました。

新型電動SUV「ソルテラ」はスバルらしさと先進性が共存!? グリルレスでも「メッシュグリル希望 …

スバルはSUVタイプのEVとして、新型「ソルテラ」を世界初公開しました。トヨタとの共同開発によって誕生した同車ですが、ユーザーはどのような印象を抱いた …

新型電動SUV「ソルテラ」はスバルらしさと先進性が共存!? グリルレスでも「メッシュグリル希望」の声も
スバルはSUVタイプのEVとして、新型「ソルテラ」を世界初公開しました。トヨタとの共同開発によって誕生した同車ですが、ユーザーはどのような印象を抱いたのでしょうか。

「なぜシルビアにスバルSTIマークが!?」衝撃の珍チューンド、現る! | web option(ウェブ …

86/BRZのターボ版をイメージして製作された水平対向FR! 偶然の連鎖から製作されたEJ20シルビア 埼玉県のディフィートレーシングからオプション編集部宛 …

「なぜシルビアにスバルSTIマークが!?」衝撃の珍チューンド、現る!
86/BRZのターボ版をイメージして製作された水平対向FR! 偶然の連鎖から製作されたEJ20シルビア 埼玉県のディフィートレーシングからオプション編集部宛に「シルビアにEJ20エンジンを積んだんですけど、どうですか?」との連絡が入った。詳細を尋ねると、ベースはS14シルビアでドナーはGDBインプレッサとのこと。面白い...

大幅改良後のスバル「フォレスター」1.8リッター直噴ターボモデルでロングドライブ 足まわりの …

スバルの大黒柱である「フォレスター」が、この夏に大幅なマイナーチェンジを受け、10月に正式発売となった。ということで今回は、そのハイエンドモデルと …

【試乗レポート】大幅改良後のスバル「フォレスター」1.8リッター直噴ターボモデルでロングドライブ 足まわりの変更で進歩した走り
 スバルの大黒柱である「フォレスター」が、この夏に大幅なマイナーチェンジを受け、10月に正式発売となった。ということで今回は、そのハイエンドモデルとなる「フォレスターSPORT」を借りだして、往復約600kmのロングドライブを敢行してみた。

スバルBRZ S(後編) – webCG

フルモデルチェンジに際し、さらなる軽量化と低重心化が追求された「スバルBRZ」。「誰もが愉(たの)しめる究極のFRピュアスポーツカー」とうたわれる新型 …

スバルBRZ S(後編) - webCG
フルモデルチェンジに際し、さらなる軽量化と低重心化が追求された「スバルBRZ」。「誰もが愉(たの)しめる究極のFRピュアスポーツカー」とうたわれる新型の走りを、レーシングドライバー谷口信輝はどう評価する?

大幅改良後のスバル「フォレスター」1.8リッター直噴ターボモデルでロングドライブ 足まわりの …

改良されたのは見た目だけじゃない。乗って分からる足まわりのよさ スバルの大黒柱である「フォレスター」が、この夏に大幅なマイナーチェンジを受け、10月 …

大幅改良後のスバル「フォレスター」1.8リッター直噴ターボモデルでロングドライブ 足まわりの変更で進歩した走り(Impress Watch) - Yahoo!ニュース
■ 改良されたのは見た目だけじゃない。乗って分からる足まわりのよさ  スバルの大黒柱である「フォレスター」が、この夏に大幅なマイナーチェンジを受け、10月に正式発売となった。ということで今回は、そ

初のEVは「アイサイト」非搭載 スバルが示す中堅自動車の苦悩 – 日経ビジネス

SUBARU(スバル)は11月11日、世界向けに販売する初めての電気自動車(EV)「ソルテラ」を発表した。トヨタ自動車と共同開発したもので、最近のスバル車の …

初のEVは「アイサイト」非搭載 スバルが示す中堅自動車の苦悩
SUBARU(スバル)は11月11日、世界向けに販売する初めての電気自動車(EV)「ソルテラ」を発表した。トヨタ自動車と共同開発したもので、最近のスバル車の代表的な機能である先進運転支援システムは非搭載だ。アライアンスを組む大手メーカーとどう差異化すればいいのか。悩める中堅メーカーの姿が透けて見える。

初のグローバルBEVソルテラをワールドプレミア|SUBARU – OPENERS

スバルは、同社で初めてグローバルに展開するBEV(純電気自動車)のSUV「ソルテラ」をオンラインで世界初公開した。

初のグローバルBEVソルテラをワールドプレミア|SUBARU
スバルは、同社で初めてグローバルに展開するBEV(純電気自動車)のSUV「ソルテラ」をオンラインで世界初公開した。

GR86とBRZがバイオ燃料使用レースで競う意味 | スポーツカー | 東洋経済オンライン

2021年11月13日、スーパー耐久レース in 岡山の予選が開催されていた岡山国際サーキットで注目すべき会見が行われた。川崎重工、SUBARU(スバル)、トヨタ …

GR86とBRZがバイオ燃料使用レースで競う意味 | スポーツカー
2021年11月13日、スーパー耐久レース in 岡山の予選が開催されていた岡山国際サーキットで注目すべき会見が行われた。川崎重工、SUBARU(スバル)、トヨタ自動車、マツダ、ヤマハ発動機の5社によってカーボンニュ…
タイトルとURLをコピーしました