世界初公開のトヨタ新型MPV「アバンザ」は18年目で超絶進化!? 切れ長ライトな爆イ ケ顔7人乗り …

世界初公開のトヨタ新型MPV「アバンザ」は18年目で超絶進化!? 切れ長ライトな爆イケ顔7人乗り …

2021年11月10日、トヨタのインドネシア法人(PTトヨタ・アストラ・モーター)は新型「アバンザ」を世界初公開しました。東南アジアを中心に販売され …

世界初公開のトヨタ新型MPV「アバンザ」は18年目で超絶進化!? 切れ長ライトな爆イケ顔7人乗り 尼で登場(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 2021年11月10日、トヨタのインドネシア法人(PTトヨタ・アストラ・モーター)は新型「アバンザ」を世界初公開しました。東南アジアを中心に販売されるMPV(日本でいうミニバン)が全面刷新となりま

トヨタが「カローラシリーズ」に特別仕様車を設定! 5000万台記念のカッコイイ仕様とは | くるま …

トヨタは「カローラシリーズ」のグローバル累計販売が5000万台達成したことを記念して、特別仕様車「"50 Million Edition"」の販売を開始しました。

トヨタが「カローラシリーズ」に特別仕様車を設定! 5000万台記念のカッコイイ仕様とは
トヨタは「カローラシリーズ」のグローバル累計販売が5000万台達成したことを記念して、特別仕様車「“50 Million Edition”」の販売を開始しました。どういった特徴があるのでしょうか。

全長5m超えのトヨタ「タコマ」なぜ人気? 16年連続で販売1位! 最強「どこでもキャンプ」仕様を …

トヨタの北米向けピックアップトラック「タコマ」。 北米市場では、ミッドサイズ部門で16年連続の販売No.1を記録しています。 ライバルが多いなかで、売れ …

全長5m超えのトヨタ「タコマ」なぜ人気? 16年連続で販売1位! 最強「どこでもキャンプ」仕様をお披露目!(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 トヨタの北米向けピックアップトラック「タコマ」。    北米市場では、ミッドサイズ部門で16年連続の販売No.1を記録しています。    ライバルが多いなかで、売れ続けているタコマとはどのような特

トヨタ RAV4、新LEDライトで表情変化…2022年型を12月米国発売へ – 価格.com

トヨタ自動車の米国部門は11月12日、『RAV4』(ToyotaRAV4)の2022年モデルを12月、米国市場で発売すると発表した。◇新グレードの「SEハイブリッド」を …

価格.com - トヨタ RAV4、新LEDライトで表情変化…2022年型を12月米国発売へ
トヨタ自動車の米国部門は11月12日、『RAV4』(ToyotaRAV4)の2022年モデルを12月、米国市場で発売すると発表した。◆新グレードの「SEハイブリッド」を設定RAV4の2022年モデルには、新グレードとして、「SEハイブリッ...

GR86とBRZがバイオ燃料使用レースで競う意味 | スポーツカー | 東洋経済オンライン

2021年11月13日、スーパー耐久レース in 岡山の予選が開催されていた岡山国際サーキットで注目すべき会見が行われた。川崎重工、SUBARU(スバル)、トヨタ …

GR86とBRZがバイオ燃料使用レースで競う意味 | スポーツカー
2021年11月13日、スーパー耐久レース in 岡山の予選が開催されていた岡山国際サーキットで注目すべき会見が行われた。川崎重工、SUBARU(スバル)、トヨタ自動車、マツダ、ヤマハ発動機の5社によってカーボンニュ…

北米トヨタ、NHRAファニーカー向けの新型『トヨタGRスープラ』を公開。2022年より投入への …

北米トヨタ、北米TRD、そしてCALTYの協業によるボディは、CFDによる初期デザインから幾度もの風洞試験を経て完成【760969】.

北米トヨタ、北米TRD、そしてCALTYの協業によるボディは、CFDによる初期デザインから幾度もの風洞試験を経て完成 | 北米トヨタ、NHRAファニーカー向けの新型『トヨタGRスープラ』を公開。2022年より投入への画像・写真(4) | autosport web

アングル:内燃機関で脱炭素、トヨタが挑む水素エンジンの現実味 – ロイター

各国首脳が英グラスゴーで気候変動対策を議論した先週末、トヨタ自動車の豊田章男社長は岡山県内のサーキットで自動車レースに参戦していた。

アングル:内燃機関で脱炭素、トヨタが挑む水素エンジンの現実味
各国首脳が英グラスゴーで気候変動対策を議論した先週末、トヨタ自動車の豊田章男社長は岡山県内のサーキットで自動車レースに参戦していた。電気自動車(EV)が脱炭素を実現する車として唯一の選択肢ではない、既存の内燃機関を使った自動車なら業界に携わる数百万人の雇用を維持できると訴えるのが狙いだった。

トヨタ水素レース車、パワーはガソリン超え 燃費が課題 – 日本経済新聞

トヨタ自動車の水素を燃料として使う「水素エンジン車」のパワーがガソリン車を超えた。耐久レースを通じて改良を重ねた。今後は実用化に向けて燃費をどう …

トヨタ水素レース車、パワーはガソリン超え 燃費が課題
トヨタ自動車の水素を燃料として使う「水素エンジン車」のパワーがガソリン車を超えた。耐久レースを通じて改良を重ねた。今後は実用化に向けて燃費をどう高めるかが課題になる。13~14日に、岡山県美作市で「スーパー耐久レース」で今シーズンの最終戦が開かれた。5月に水素エンジン車でレースへの参加を始め、4回参戦。豊田章男社長は1...

マツダの新型SUV「CX-50」、トヨタとの米新工場で生産 | 日経クロステック(xTECH)

マツダの新型SUV「CX-50」、トヨタとの米新工場で生産. 高田 隆. 日経クロステック/日経Automotive. 2021.11.16. 全678文字. マツダは2021年11月16日、北米 …

マツダの新型SUV「CX-50」、トヨタとの米新工場で生産
 マツダは2021年11月16日、北米向け新型SUV(多目的スポーツ車)「CX-50」を世界初公開した。同社のFF(前部エンジン・前輪駆動)車向けプラットフォーム(PF)「スモール」を適用した車両で、同社が米国で生産する初めての車種になる。生産は22年1月に開始する。日本への投入は予定していないという。

トヨタの新型EV「bZ4X」はハリアー/RAV4よりカッコいい? 実車で確認 | マイナビニュース

トヨタが2022年に発売する新型EV「bZ4X」。SUVが豊富なトヨタ車ラインアップの中でも目立つほどの存在感で、写真で見た限りだと同社の人気商品「ハリアー」 …

トヨタの新型EV「bZ4X」はハリアー/RAV4よりカッコいい? 実車で確認
トヨタが2022年に発売する新型EV「bZ4X」。SUVが豊富なトヨタ車ラインアップの中でも目立つほどの存在感で、写真で見た限りだと同社の人気商品「ハリアー」や「RAV4」よりもカッコいいとさえ思えたが、実車はどうなのか。実際に対面し、担当者に話を聞いてきた。
タイトルとURLをコピーしました