【マツダ2 サンリット・シトラス 新型試乗】7年経ったとは思えない新鮮さがある …中村孝仁 …

【マツダ2 サンリット・シトラス 新型試乗】7年経ったとは思えない新鮮さがある…中村孝仁 …

『マツダ2』の前身である『デミオ』が誕生したのは2014年のこと。そして基本はそのままにマツダ2となったのは2019年のことである。車名を変えたからといって …

【マツダ2 サンリット・シトラス 新型試乗】7年経ったとは思えない新鮮さがある…中村孝仁 | レスポンス(Response.jp)
『マツダ2』の前身である『デミオ』が誕生したのは2014年のこと。そして基本はそのままにマツダ2となったのは2019年のことである。車名を変えたからといって一体どこがどう変わったのか…個人的にはかなり当時は懐疑的であった。

警察なども協力! 数多くの名車を生んだテストコースを祝う|三次試験場50周年マツダ …

1965年6月に開業して、ロータリーエンジンからスカイアクティブ技術まで、マツダの技術を磨き、育んできたテストコース「三次試験場」が開場50周年を迎えた …

地元の企業や商工会、警察なども協力! 数多くの名車を生んだテストコースを祝う|三次試験場50周年マツダファンミーティング|イベントふりかえり(Nosweb.jp) - Yahoo!ニュース
1965年6月に開業して、ロータリーエンジンからスカイアクティブ技術まで、マツダの技術を磨き、育んできたテストコース「三次試験場」が開場50周年を迎えた。それを記念して、マツダファンによって「三次試

トヨタ合弁新工場で手がける初のマツダ車「CX-50」の全容(ニュースイッチ) – Yahoo!ニュース

マツダは、北米法人が現地で投入するクロスオーバースポーツ多目的車(SUV)「CX―50」を公開した。米アラバマ州に建設したトヨタ自動車との合弁新工場で …

トヨタ合弁新工場で手がける初のマツダ車「CX-50」の全容(ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース
 マツダは、北米法人が現地で投入するクロスオーバースポーツ多目的車(SUV)「CX―50」を公開した。米アラバマ州に建設したトヨタ自動車との合弁新工場で手がける初のマツダ車となる。2022年1月に生

世界初公開されたマツダ新型SUV「CX-50」は何が違う? 名前似ている「CX-5」との違いとは …

2021年11月16日(日本時間)にマツダの北米法人は、同市場に導入する新型SUV「CX-50」を世界初公開しました。 マツダには、大小さまざまなSUVがラインナップ …

世界初公開されたマツダ新型SUV「CX-50」は何が違う? 名前似ている「CX-5」との違いとは(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 2021年11月16日(日本時間)にマツダの北米法人は、同市場に導入する新型SUV「CX-50」を世界初公開しました。    マツダには、大小さまざまなSUVがラインナップされていますが、新型CX

まだまだガソリンもイケるぜ! マツダがスーパー耐久に大注目な次世代バイオ … – Yahoo!ニュース

水素のトヨタの一方でマツダはバイオマス燃料で勝負 · 2. 学びがある · 9. わかりやすい · 0. 新しい視点.

まだまだガソリンもイケるぜ! マツダがスーパー耐久に大注目な次世代バイオディーゼル燃料を投入(WEB CARTOP) - Yahoo!ニュース
 今年の5月に行われたスーパー耐久で、既存エンジンであるGRヤリスのエンジンをベースとし、一部の部品の変更をしてカローラスポーツに搭載した「水素エンジン」は、ちゃんと排気音のする立派なエンジンとして

半導体不足で対策に動くマツダ、成果が出るのはいつ? – ニュースイッチ

こちらは、半導体不足で対策に動くマツダ、成果が出るのはいつ?のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみ …

半導体不足で対策に動くマツダ、成果が出るのはいつ?|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
こちらは、半導体不足で対策に動くマツダ、成果が出るのはいつ?のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

トム・ブロンクビストがMSR入り。新加入のジャービスとアキュラDPiをシェアへ/IMSA | ル …

… のチーム加入をアナウンスし、前日にマツダからの移籍が発表されたオリバー・ジャービスとのまったく新しいドライバーラインアップを完成させた。

トム・ブロンクビストがMSR入り。新加入のジャービスとアキュラDPiをシェアへ/IMSA | ル・マン/WEC | autosport web
 IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の最高峰DPiクラスに参戦しているマイヤー・シャンク・レーシング(MSR)は11月17日、トム・ブロンクビストのチーム加入をアナウンスし、前日にマツダからの移籍が発表されたオリバー・ジャービスとのまったく新しいドライバーラインアップを完成させた。

マツダ、CX-5大幅改良 主力SUV、12月発売 – SankeiBiz(サンケイビズ)

マツダは、主力のスポーツ用多目的車(SUV)「CX-5」を大幅改良し、予約受け付けを始めた。衝撃を吸収する構造を車体に採用するなどして、運転手が …

マツダ、CX-5大幅改良 主力SUV、12月発売
マツダは、主力のスポーツ用多目的車(SUV)「CX-5」を大幅改良し、予約受け付けを始めた。衝撃を吸収する構造を車体に採用するなどして、運転手が疲れにくくした。…

製品と器具から歴史と技術を学ぶ、「ファクトリーミュージアム」 | 日経クロステック(xTECH)

出所:松田千穂). 図1 「Tsubame-Sanjo Factory Museum」の展示風景 … 鍛造品の向きを自重で変える、マツダ本社工場のからくり …

製品と器具から歴史と技術を学ぶ、「ファクトリーミュージアム」
 新潟県三条市で開催中の展覧会「Tsubame-Sanjo Factory Museum」(2021年11月5~21日)では、燕三条地域で造られてきた製品や器具を映像と組み合わせて展示し、産地の成り立ちや技術を紹介している。和釘(わくぎ)から始まり、農具や大工道具、一般・業務用刃物、洋食器などに品目を増やしながら技術を...

新型CX-50、タフさを感じさせる力強いデザインが好印象!「CX-60やCX-80にも期待が高まる …

2021年11月16日(火)、マツダは北米向けの新型クロスオーバーSUV「CX-50」を世界初公開した。新型CX-50は、同社が2022年から導入予定している5車種の新型 …

新型CX-50、タフさを感じさせる力強いデザインが好印象!「CX-60やCX-80にも期待が高まる」の声も【みんなの声を聞いてみた】|【話題を先取り】新型車解説2021【MOTA】
2021年11月16日(火)、マツダは北米向けの新型クロスオーバーSUV「CX-50」を世界初公開した。新型CX-50は、同社が2022年から導入予定している5車種の新型クロスオーバーSUVの第1弾モデル。現在のところ、日本市場への導入予定はなく、米市場を意識したアウトドアライクなデザインや走行性が取り入れられている。...
タイトルとURLをコピーしました