車の信頼性、日本勢が上位独占 首位レクサス、2位マツダ 米誌調査(時事通信) – Y ahoo!ニュース

車の信頼性、日本勢が上位独占 首位レクサス、2位マツダ 米誌調査(時事通信) – Yahoo!ニュース

【ニューヨーク時事】米有力消費者情報誌コンシューマー・リポートが18日発表した今年の自動車ブランド別の信頼性調査ランキングで、トヨタ自動車の高級車 …

車の信頼性、日本勢が上位独占 首位レクサス、2位マツダ 米誌調査(時事通信) - Yahoo!ニュース
 【ニューヨーク時事】米有力消費者情報誌コンシューマー・リポートが18日発表した今年の自動車ブランド別の信頼性調査ランキングで、トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」が首位となった。

【48時間アンケート】マツダ CX-50…第一印象おしえて | レスポンス(Response.jp)

マツダの米国部門は11月15日、新型クロスオーバーSUVの『CX-50』(Mazda CX-50)をワールドプレミアしました。読者諸兄姉の評価を聞かせてください。

【48時間アンケート】マツダ CX-50…第一印象おしえて | レスポンス(Response.jp)
マツダの米国部門は11月15日、新型クロスオーバーSUVの『CX-50』(Mazda CX-50)をワールドプレミアしました。読者諸兄姉の評価を聞かせてください。報道された範囲での第一印象でかまいません。出会いの印象はどうでしたか。

「CX-5」4年目でビッグマイナーチェンジの意味 | トレンド | 東洋経済オンライン

「FRプラットフォームでモデルチェンジ間近か」と言われていたマツダ「CX-5」が、デビュー4年目でビッグマイナーチェンジを発表。12月上旬に発売すると …

「CX-5」4年目でビッグマイナーチェンジの意味 | トレンド
「FRプラットフォームでモデルチェンジ間近か」と言われていたマツダ「CX-5」が、デビュー4年目でビッグマイナーチェンジを発表。12月上旬に発売するとアナウンスされた。なぜ、このタイミングで大掛かりなマイナ…

ゴツいSUVはなぜ人気? マツダがCX-5と異なる新型「CX-50」発表! イマのSUVトレンドとは …

2021年11月16日に北米でマツダの新型SUV「CX-50」が発表されました。 そのスタイリッシュなデザインは、すでに日本のファンの間でも好評のようですが、残念 …

ゴツいSUVはなぜ人気? マツダがCX-5と異なる新型「CX-50」発表! イマのSUVトレンドとは(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 2021年11月16日に北米でマツダの新型SUV「CX-50」が発表されました。    そのスタイリッシュなデザインは、すでに日本のファンの間でも好評のようですが、残念ながらいまのところは北米専用

「オシャレすぎた」マツダCX-5が大幅変更! 目指したのは「泥が似合う」SUVへの転換だった …

今やマツダの屋台骨となっているCX-5がビッグマイナーチェンジを受けた。最大の改良ポイントは“泥汚れが似合うSUVへのイメージ転換“だ。

「オシャレすぎた」マツダCX-5が大幅変更! 目指したのは「泥が似合う」SUVへの転換だった(WEB CARTOP) - Yahoo!ニュース
 今やマツダの屋台骨となっているCX-5がビッグマイナーチェンジを受けた。最大の改良ポイントは“泥汚れが似合うSUVへのイメージ転換“だ。

ゴツいSUVはなぜ人気? マツダがCX-5と異なる新型「CX-50」発表! イマのSUVトレンドとは

マツダがオフロード仕様ともいえる新型SUV「CX-50」を2021年11月16日に世界初公開しました。マツダには「CX-5」という売れ筋モデルが存在しますが、なぜ …

ゴツいSUVはなぜ人気? マツダがCX-5と異なる新型「CX-50」発表! イマのSUVトレンドとは
マツダがオフロード仕様ともいえる新型SUV「CX-50」を2021年11月16日に世界初公開しました。マツダには「CX-5」という売れ筋モデルが存在しますが、なぜあえて同クラスのCX-50を導入したのでしょうか。また、昨今流行りのSUVトレンドとはどのようなものなのでしょうか。

【笹本編集長コラム】ふとした切っ掛けでマツダ・ロードスターを買いました | AUTOCAR JAPAN

笹本編集長は、ふとした切っ掛けでマツダ・ロードスターを購入。早速各部のブラッシュアップと幌交換を行いました。

【笹本編集長コラム】ふとした切っ掛けでマツダ・ロードスターを買いました - 自動車コラム・連載 | AUTOCAR JAPAN
笹本編集長は、ふとした切っ掛けでマツダ・ロードスターを購入。早速各部のブラッシュアップと幌交換を行いました。

「オシャレすぎた」マツダCX-5が大幅変更! 目指したのは「泥が似合う」SUVへの転換だった …

ミッドサイズSUVの「CX-5」はマツダの主力車種だ。中でも、CX-5は美しいボディラインやソウルレッドに代表される上質なエクステリアによって「都会派 …

「オシャレすぎた」マツダCX-5が大幅変更! 目指したのは「泥が似合う」SUVへの転換だった
ミッドサイズSUVの「CX-5」はマツダの主力車種だ。中でも、CX-5は美しいボディラインやソウルレッドに代表される上質なエクステリアによって「都会派ユーザー」からの注目度も高い。しかし、マツダは「魂動デザイン」に代表される「スポーツ感」から抜け出したいとのこと。今回のCX-5のテーマは”泥感”を手に入れることだった。

ディーゼルの未来の可能性をマツダが次世代バイオディーゼル燃料を使ったデミオレーシングカー …

この写真は、日本で94周のレースを完走したマツダ デミオ1.5リッター スカイアクティブD(欧州でわかりやすく言えば「マツダ 2のディーゼル車」)だ。ディーゼル …

ディーゼルの未来の可能性をマツダが次世代バイオディーゼル燃料を使ったデミオレーシングカーで証明 | トップギア・ジャパン Top Gear JAPAN
ディーゼルは死んだと思ってたって?少なくとも、誰も助けに来てくれない重傷の状態だと?しかし、マツダは絆創膏を持って駆けつけてくれた。その包帯とは、「マイ・ファースト・レースカー」のような形をしたものだ。 この写真は、日本で94周のレースを完走したマツダ デミオ1.5リッター スカイアクティブD(欧州でわかりやすく言えば...

「お客さまの命を守るために」安全啓発活動に携わるマツダのエンジニアとは – くるまのニュース

マツダは、交通事故の中で起こる「衝突事故における死亡・重傷者をゼロに近づけたい」という想いで安全性能の研究開発に取り組んでおり、事故が起こって …

「お客さまの命を守るために」安全啓発活動に携わるマツダのエンジニアとは | くるまのニュース タイムズ
マツダは、交通事故の中で起こる「衝突事故における死亡・重傷者をゼロに近づけたい」という想いで安全性能の研究開発に取り組んでおり、事故が起こってしまった場合でも被害を最小限に食い止めるための技術を販売している各車両に搭載しています。 そしてもう一つ、お客さまの命を守るための大切なアプローチがあります。それが「安全啓発活動...

マツダ株式会社 on Twitter: "本日は、11月11日。 みなさまはメーターの数字をいつ確認されますか …

マツダ株式会社. @Mazda_PR. 本日は、11月11日。 みなさまはメーターの数字をいつ確認されますか? 私は、大台に乗ったりぞろ目のメーターを見ると少し幸せ …

https://twitter.com/Mazda_PR/statuses/1458618228943384582
タイトルとURLをコピーしました