ダイハツがシリーズ方式HV版ロッキーを発売!! 見えてきた軽自動車のEV戦略(ベス トカーWeb)

ダイハツがシリーズ方式HV版ロッキーを発売!! 見えてきた軽自動車のEV戦略(ベストカーWeb)

ダイハツロッキーはシリーズハイブリッドを採用。エンジンで発電した電力を使用してモーターを駆動。また、余剰電力でリチウムイオン電池に充電を行う.

ダイハツがシリーズ方式HV版ロッキーを発売!! 見えてきた軽自動車のEV戦略(ベストカーWeb) - Yahoo!ニュース
 電気自動車の航続距離や出力などの性能を決めるうえで大きな比重を占めるのがバッテリーだが、このバッテリーをはじめとして多くの高価な部品で構成される電気自動車は、補助金を使ってもどうしても支払価格が高

ダイハツがシリーズ方式HV版ロッキーを発売!! 見えてきた軽自動車のEV戦略 – ベストカー

ロッキー/ライズにシリーズ式HV. ダイハツロッキーはシリーズハイブリッドを採用。エンジンで発電した電力を使用してモーターを駆動。また …

ダイハツがシリーズ方式HV版ロッキーを発売!! 見えてきた軽自動車のEV戦略 - 自動車情報誌「ベストカー」
EV化に舵を切る自動車業界だが、電気自動車は価格が高くなるため、価格重視の軽自動車をEV化するのは難しい。ティザー公開されたシリーズ方式ハイブリッド版のダイハツロッキーから、ダイハツのHVおよびEV戦略を読み解く

意外? 実は日本最古の自動車会社だったメーカー | レスポンス(Response.jp)

ちなみに、ダイハツと軽自動車市場で鎬を削るスズキは1909年、鈴木式織機製作所として創業。1954年に鈴木自動車工業と名を変え、四輪車への本格参入を開始し …

意外? 実は日本最古の自動車会社だったメーカー | レスポンス(Response.jp)
今年、全面刷新が大きな話題になり、今や納期は5年待ちとも言われるトヨタ・ランドクルーザーは、前身のトヨタ・ジープ登場から70年、ランドクルーザーを名乗ってからも67年を数え、日本の現行車種では最長の歴史を誇る。

街で見かけたら「国宝級」のレア車! 究極の遊びグルマだったダイハツ … – Auto Messe Web

今回は質実剛健を旨とするダイハツが真面目に作った遊びグルマ、フェロー バギーを紹介します。 目次. レーシングカーや電気自動車とともにモーターショーに参考 …

街で見かけたら「国宝級」のレア車! 究極の遊びグルマだったダイハツ「フェローバギィ」とは
ダイハツ工業は、大阪大学工学部の前身であった大阪高等工業学校の研究者が中心になって設立された発動機製造株式会社に端を発しています。それもあって、質実剛健なクルマづくりが身上ですが、かつて世間を驚かせた1台、フェロー バギーを市販したことがあります。ダイハツが真面目に作った遊びグルマ、フェロー バギーを紹介します。

未だ人気健在! スバル サンバーの去就に見る「技術屋の矜持」 – 自動車情報誌「ベストカー」

翌2009年以降、スバルの軽自動車は自社開発モデルから「ダイハツのOEMモデル」へと順次切り替えられていきました。 そして2012年8月。

未だ人気健在! スバル サンバーの去就に見る「技術屋の矜持」 - 自動車情報誌「ベストカー」
訳あって生産終了したモデルの数々を振り返る本企画、今回はスバル サンバー(1961-2012)をご紹介。自社開発・自社生産を続けた6代目までの歴史、そしてOEM生産に踏み切ったその理由に迫ります。

軽やかさに思わずスマイル!! スズキ ワゴンRに待望のスライドドアモデル「ワゴンRスマイル」登場!!

一方、オシャレ系ハイトワゴンの先駆者ともいえるダイハツムーヴキャンバスも存在感はあり、丸みのあるデザインは独特の世界観。さすがに5年前登場なので …

軽やかさに思わずスマイル!! スズキ ワゴンRに待望のスライドドアモデル「ワゴンRスマイル」登場!! - 自動車情報誌「ベストカー」
ノッポすぎず便利に使えることから『ちょっとそこまで』使いに便利なハイトワゴン。2021年9月に登場したスズキ ワゴンRスマイルは両側スライドドアを装備して使い勝手も抜群! かわいい&便利なワゴンRスマイルを吉田由美氏が試乗レポート。
タイトルとURLをコピーしました