半導体不足で対策に動くマツダ、成果が出るのはいつ?(ニュースイッチ) – Yahoo! ニュース

半導体不足で対策に動くマツダ、成果が出るのはいつ?(ニュースイッチ) – Yahoo!ニュース

マツダは、自動車生産のボトルネックになっている特定の半導体について、汎用性の高い半導体への切り替えや調達先の複数化に取り組んでいることを明らかに …

半導体不足で対策に動くマツダ、成果が出るのはいつ?(ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース
 マツダは、自動車生産のボトルネックになっている特定の半導体について、汎用性の高い半導体への切り替えや調達先の複数化に取り組んでいることを明らかにした。同社役員とのオンライン懇談会を開き、半導体供給

X搭載、最低価格40万円引き下げ マツダ3とCX-30(中国新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

マツダは、小型車マツダ3とスポーツタイプ多目的車(SUV)CX―30を改良し、近く発売する。「スカイアクティブ―X」エンジン搭載車は装備品を見直し、両車とも …

スカイアクティブ-X搭載、最低価格40万円引き下げ マツダ3とCX-30(中国新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
 マツダは、小型車マツダ3とスポーツタイプ多目的車(SUV)CX―30を改良し、近く発売する。「スカイアクティブ―X」エンジン搭載車は装備品を見直し、両車とも最低価格を約40万円下げる。割高感を解消

復活のワーゲンバス、マツダの新型SUV、そして3位が?…土曜ニュースランキング | レスポンス …

マツダは2022年から、新型クロスオーバーSUVをグローバルで5車種投入する計画だ。5モデルの中で、米国向けとなるのが、CX-50、『CX-70』、『CX-90』の3車種と …

復活のワーゲンバス、マツダの新型SUV、そして3位が?…土曜ニュースランキング | レスポンス(Response.jp)
レスポンスの全記事から今週注目を浴びた記事をご紹介するレスポンス週間ランキング。1位は復活の「ワーゲンバス」、9位も関連の記事です。集計期間が短かったにも関わらず2位になったのがマツダの新型SUV発表。現時点では北米向けですが……?

世界初公開されたマツダ新型SUV「CX-50」は何が違う? 名前似ている「CX-5」との違いとは …

マツダSUVの違いは? アウトドア派の「CX-50」とシティ派の「CX-5」 2021年11月16日(日本時間)にマツダの北米法人は、同市場に導入する新型SUV「CX-50」を …

世界初公開されたマツダ新型SUV「CX-50」は何が違う? 名前似ている「CX-5」との違いとは(くるまのニュース) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
■マツダSUVの違いは? アウトドア派の「CX-50」とシティ派の「CX-5」 2021年11月16日(日本時間)にマツダの北米法人は、同市場に導入する新型SUV「CX-50」を世界初公開しました。  マツダには、大小さまざまなSUVがライ...

スカイアクティブ―X搭載、最低価格40万円引き下げ マツダ3とCX-30 – au Webポータル

マツダは、小型車マツダ3とスポーツタイプ多目的車(SUV)CX―30を改良し、近く発売する。「スカイ…

スカイアクティブ―X搭載、最低価格40万円引き下げ マツダ3とCX-30|au Webポータル
au Webポータル

大衆車なのにハイスペックなのがステキ! 昭和に誕生したスポーツセダン3選 | くるまのニュース

かつてマツダの主力車種だった「ファミリア」は、初代が1963年に発売されました。車名のとおり大衆車として開発されたモデルでしたが、外観はイタリアの …

大衆車なのにハイスペックなのがステキ! 昭和に誕生したスポーツセダン3選
日本車が一気に高性能化したのは1980年代ですが、それよりも以前の1960年代の終わりから1970年代初頭にかけても、高性能化の波がありました。そこで、昭和の時代に誕生した高性能な大衆セダンを、3車種ピックアップして紹介します。

「現行ロードスターの弱点克服!」LSDの性能を引き出す大容量デフカバーをOS技研が発売 …

Motor-Fan厳選中古車物件情報 · マツダ ロードスターRF. マツダロードスターRF · マツダ ロードスターRF. マツダロードスターRF · マツダ ロードスターRF.

「現行ロードスターの弱点克服!」LSDの性能を引き出す大容量デフカバーをOS技研が発売
ND型の鬼門と言われるデフの熱ダレ、ギア保護に 競技ベース車からRFまで幅広く対応! 国内外でモータースポーツの入門マシンとして人気を博しているND型ロードスターだが、大きなウィークポイントが存在する。それがデフの容量不足だ。サーキット等で周回を重ねるとデフオイルがすぐに熱ダレを起こし、LSDが機能不全に陥ってしまうの...

【速報】86/BRZ Race Rd.11富士スピードウェイ 予選日朝 – ブリヂストンモータースポーツ

… 全日本ジムカーナ選手権 · 全日本カート選手権 · ニュルブルクリンク24時間耐久レース · INDYCAR SERIES · マツダグラスルーツカテゴリー …

【速報】86/BRZ Race Rd.11富士スピードウェイ 予選日朝 | 速報 | TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race | ブリヂストンモータースポーツ
ブリヂストンがタイヤ供給するTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceレポート「【速報】86/BRZ Race Rd.11富士スピードウェイ 予選日朝」

「これぞRE雨宮流」最新式へと生まれ変わったFC3Sが魅力的すぎる! | web option(ウェブ …

マツダRX−7(アンフィニ). タイプR−S サーキット仕様. 中古車価格. 685 万円 · マツダ RX−7(アンフィニ). マツダRX−7(アンフィニ).

「これぞRE雨宮流」最新式へと生まれ変わったFC3Sが魅力的すぎる!
先進性と懐かしさを兼備するFC3Sの現在進行形チューンド エンジンは耐久性重視の3ローターNA仕様! 中古車市場で人気が高まり続けているFC3Sを、最新のデザインと技術でアップデートさせたRE雨宮の意欲作、それが今回紹介する「スーパーNA3ローター7」だ。 前述のように、今、若い世代を中心にFC3Sの人気が再燃している...

新型CX-50から考える2022年に日本発売の新型CX-60の仕上がりとは!? 新型CX-60に期待したの …

北米専売モデルのマツダ 新型CX-50の内外装デザインが判明した。じつは2022年にもマツダは日本市場に新型CX-60とCX-80なる2台のSUVを投入する予定で、これら …

新型CX-50から考える2022年に日本発売の新型CX-60の仕上がりとは!? 新型CX-60に期待したのは内装の質感アップとCD再生機能だ【みんなの声を聞いてみた】|【話題を先取り】新型車解説2021【MOTA】
北米専売モデルのマツダ 新型CX-50の内外装デザインが判明した。じつは2022年にもマツダは日本市場に新型CX-60とCX-80なる2台のSUVを投入する予定で、これらモデルは北米専売モデルCX-50と共通のデザインとなる見込みだ。そしてSNSを見てみると、早くも新型CX-60などに対する期待の声が挙がっているのだっ...
タイトルとURLをコピーしました