初めて「デイトナ」の名がついたフェラーリ誕生! スーパーカーライトに水平ブ レードなど「SP3 …

初めて「デイトナ」の名がついたフェラーリ誕生! スーパーカーライトに水平ブレードなど「SP3 …

初めて「デイトナ」の名がついたフェラーリ誕生! スーパーカーライトに水平ブレードなど「SP3」のエモい演出とは · イーコナ第3弾は、「デイトナ」のネーミング …

初めて「デイトナ」の名がついたフェラーリ誕生! スーパーカーライトに水平ブレードなど「SP3」のエモい演出とは(VAGUE) - Yahoo!ニュース
 2021年11月20日、フェラーリの「Icona(イーコナ)」シリーズの第3弾として、「デイトナSP3」が、2021年フェラーリ・フィナーリ・モンディアーリ開催中のムジェロ・サーキットで発表された

「フェラーリ」と「ランボルギーニ」はガチライバル? 2社の気になる販売台数を比べてみた …

第二次世界大戦後の1947年に、オリジナルのスポーツカーを作るフェラーリ社を立ち上げている。本拠地は、イタリア・モデナ。スーパーカーの生産のみならずF1活動 …

「フェラーリ」と「ランボルギーニ」はガチライバル? 2社の気になる販売台数を比べてみた(WEB CARTOP) - Yahoo!ニュース
 最近ではハイスペックなスポーツカーのことを「スーパースポーツ」などと呼び、1000馬力を超えると「ハイパーカー」などと呼んだりすることもあるが、やはり高級&高性能スポーツカーのカテゴリー名としては

「リトラ」でなければ、スポーツカーにあらず?「リトラクタブルヘッドライト」はなぜ姿を消 …

それは1970年代のスーパーカーブームのランボルギーニやフェラーリ、ロータスが採用していたことが理由で、当時のスーパーカーをパパラッチするカメラ小僧は、 …

「リトラ」でなければ、スポーツカーにあらず?「リトラクタブルヘッドライト」はなぜ姿を消したのか(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
 スーパーカーやスポーツカーの定義は、いまだ世界中で異論・反論の紛争中だと思うのだが、こと日本においてはリトラクタブルヘッドライト(以下、リトラ)は、ほかとは違う証として一時代を築いたクルマの装備だ

「フェラーリ」と「ランボルギーニ」はガチライバル? 2社の気になる販売台数を比べてみた …

スーパーカーのカテゴリーにおけるトップ2といえば、ともにイタリアに本拠地を置くフェラーリとランボルギーニで間違い無いだろう。スーパーカーブームの頃 …

「フェラーリ」と「ランボルギーニ」はガチライバル? 2社の気になる販売台数を比べてみた
スーパーカーのカテゴリーにおけるトップ2といえば、ともにイタリアに本拠地を置くフェラーリとランボルギーニで間違い無いだろう。スーパーカーブームの頃から何かにつけて比較されるフェラーリとランボルギーニだが、ラインアップだけでなく企業としてもライバルなのか、阪大台数で2社を比較してみた。

初めて「デイトナ」の名がついたフェラーリ誕生! スーパーカーライトに水平ブレードなど「SP3 …

スーパーカーライトに水平ブレードなど「SP3」のエモい演出とは. フェラーリの「イーコナ」シリーズに新たなモデルが加わりました。その名も「デイトナSP3」 …

初めて「デイトナ」の名がついたフェラーリ誕生! スーパーカーライトに水平ブレードなど「SP3」のエモい演出とは|au Webポータル
au Webポータル

ウラカン STOがV10エンジン搭載のファイナル。ランボルギーニ究極のロードゴーイングマシンに …

そんなスーパーモデルに富士スピードウェイ本コースで試乗した。(Motor Magazine 2021年12 … そのため公道も走れるレーシングカーという色がとても強い。

ウラカン STOがV10エンジン搭載のファイナル。ランボルギーニ究極のロードゴーイングマシンに試乗 - Webモーターマガジン
ランボルギーニのモータースポーツ部門であるスクアドラ・コルセが長年培ってきたレースシーンでの技術を惜しみなく注ぎ込み開発されたのがウラカンSTOである。そんなスーパーモデルに富士スピードウェイ本コースで試乗した。(Motor Magazine 2021年12月号より)

「最低年収はいくら必要?」 ホンダ「NSXタイプS(2794万円)」を買える人の条件が現実離れし …

ホンダのハイブリッドスーパーカーである「NSX」は、2021年8月に登場した「タイプS」をもって生産終了する予定です。2794万円という価格にもかかわらず、 …

「最低年収はいくら必要?」 ホンダ「NSXタイプS(2794万円)」を買える人の条件が現実離れしていた
ホンダのハイブリッドスーパーカーである「NSX」は、2021年8月に登場した「タイプS」をもって生産終了する予定です。2794万円という価格にもかかわらず、日本導入分の30台はすでに完売しているとのことですが、もし購入するとすれば年収はどのくらい必要なのでしょうか。

“虜”にならない方がおかしい | GQ JAPAN

つまり、疲れ知らず。1日500km以上のドライブをこれほど安楽にこなすスーパーカーもまた初めてだった。 告白しておこう。C8コルベットがほしい。できればZ06で …

“虜”にならない方がおかしい
歴史あるFRスポーツからリアミドシップへの大転換を遂げた8世代目(C8)となるコルベット。将来の電動化への布石でもある進化は、6.2リッターNAの走りをどのように変えたのだろうか?

「リトラ」でなければ、スポーツカーにあらず?「リトラクタブルヘッドライト」はなぜ姿を消 …

スーパーカーブームで一世を風靡した多くのモデルで採用されたリトラクタブルヘッドライト。国産車ではトヨタ2000GTで初採用され、その後登場したRX-7にも …

「リトラ」でなければ、スポーツカーにあらず?「リトラクタブルヘッドライト」はなぜ姿を消したのか
スーパーカーブームで一世を風靡した多くのモデルで採用されたリトラクタブルヘッドライト。国産車ではトヨタ2000GTで初採用され、その後登場したRX-7にも装備。ボンネットが低い流線型のフォルムがスポーティなイメージをクルマに植え付けた

ヒストリックカーから平成車まで270台が集う…昭和平成クラシックカーフェスティバルinアリオ …

スーパーカーとシザーズドアのダイハツ『コペン』は年式不問。今回は昭和のサブロク(排気量360ccの軽自動車)や、ダットサンをはじめとした日産 …

ヒストリックカーから平成車まで270台が集う…昭和平成クラシックカーフェスティバルinアリオ上尾2021 | レスポンス(Response.jp)
埼玉県上尾市にある大規模複合商業施設アリオ上尾で11月20日、「昭和平成クラシックカーフェスティバル」が行われ、約270台のヒストリックカーや平成の車両が集まった。
タイトルとURLをコピーしました