北米専用ではもったいない オフロード色を強めたマツダの新しいSUV誕生(ENGINE WEB . ..

北米専用ではもったいない オフロード色を強めたマツダの新しいSUV誕生(ENGINE WEB …

マツダの北米部門であるマツダノースアメリカンオペレーションズが、新型SUVの「CX-50」を世界初公開した。2023年までに3車種の投入が予告される新型SUVの …

北米専用ではもったいない オフロード色を強めたマツダの新しいSUV誕生(ENGINE WEB) - Yahoo!ニュース
マツダの北米部門であるマツダノースアメリカンオペレーションズが、新型SUVの「CX-50」を世界初公開した。2023年までに3車種の投入が予告される新型SUVのうちの1台だ。

マツダは電動化時代にどうやって生き残るのか? – 日経ビジネス

マツダはこの時代をどう生き抜いて、本来のポテンシャルにふさわしい結果につなげていこうと考えているのか? 専務執行役員の廣瀬一郎さんへの、超ロング …

マツダは電動化時代にどうやって生き残るのか?
マツダはこの時代をどう生き抜いて、本来のポテンシャルにふさわしい結果につなげていこうと考えているのか? 専務執行役員の廣瀬一郎さんへの、超ロングインタビューで解き明かしていきたい。

新車納期遅れ、ディーラーが対応に苦慮 半導体不足で通常の2倍以上に – Yahoo!ニュース

広島マツダ大州本店の展示車。減産の影響で試乗車とともに確保に苦労している. 中国地方の自動車販売店が、新車の納期の遅れに苦慮している。

新車納期遅れ、ディーラーが対応に苦慮 半導体不足で通常の2倍以上に(中国新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
 中国地方の自動車販売店が、新車の納期の遅れに苦慮している。世界的な半導体不足などで生産が滞り、受注から納車までの期間が通常の2倍以上となる場合も珍しくない。顧客への連絡を増やしたり、納車を待つ間に

切れ味鋭いスポーツユニットから「発電用」へ…どこへゆく? ロータリーの現在地と行方 – ベストカー

マツダは、以前からロータリーを発電エンジンとして使うレンジエクステンダーの開発を発表しており、その登場を待ち望んでいる方も多いことでしょう。 軽量 …

切れ味鋭いスポーツユニットから「発電用」へ…どこへゆく? ロータリーの現在地と行方 - 自動車情報誌「ベストカー」
以前より、ロータリーを発電エンジンとして使うレンジエクステンダーの開発を公表しているマツダ。ロータリーエンジンとレンジエクステンダーの特徴を整理し、マツダの電動化戦略の中でどのように活用されるのか、考察してみました。

幾人かのオーナーの手を経て、戻ってきたサバンナ|1975年式 マツダ サバンナ GT Vol.1

【1975年式 マツダ サバンナ GT Vol.1】. 1度手に入れてチューニングしたりして楽しんでいたが、事情があって売却したクルマが、今も懐かしいというのはよく …

幾人かのオーナーの手を経て、戻ってきたサバンナ|1975年式 マツダ サバンナ GT Vol.1
一度手に入れてチューニングしたりして楽しんでいたが、事情があって売却したクルマが、今も懐かしいというのはよく耳にする話。そのクルマが程度のいいコンディションだったりしたらなおさらのことで、一般の個人オーナーでは、なかなか買い戻すことはできな・・・

ポルシェだけじゃない!スカイラインGT-Rに立ち向かったマツダロータリー軍団たち … – エキサイト

初代スカイラインGT-R初期型、4ドア版PGC10のデビュー前年、コスモスポーツに次ぐマツダ2番目のロータリー車として発売。 デビュー戦でトヨタ1600GTに勝利して …

ポルシェだけじゃない!スカイラインGT-Rに立ち向かったマツダロータリー軍団たち【推し車】 (2021年11月23日) - エキサイトニュース
日産スカイラインとGT-Rにとって、S54スカイラインGTとポルシェ904が激闘を繰り広げて伝説となった、1964年の第2回日本グランプリ以来となる「ポルシェとの因縁」は有名ですが、もうひとつ深い深い...

幾人かのオーナーの手を経て、戻ってきたサバンナ|1975年式 マツダ サバンナ GT Vol.1 (2021年 …

【1975年式 マツダ サバンナ GT Vol.1】 1度手に入れてチューニングしたりして楽しんでいたが、事情があって売却したクルマが、今も懐かしいというのはよく …

幾人かのオーナーの手を経て、戻ってきたサバンナ|1975年式 マツダ サバンナ GT Vol.1 (2021年11月23日) - エキサイトニュース
一度手に入れてチューニングしたりして楽しんでいたが、事情があって売却したクルマが、今も懐かしいというのはよく耳にする話。そのクルマが程度のいいコンディションだったりしたらなおさらのことで、一般の個人オ...

東京モーターショーに出展されのちに名車となった日本のクルマたち – 自動車情報誌「ベストカー」

マツダコスモスポーツ(1964年)、トヨタ2000GT(1965年)、いすゞ117 … 晴海から幕張へ会場を移したこの年のショーは、初代マツダロードスターをはじめ、 …

東京モーターショーに出展されのちに名車となった日本のクルマたち - 自動車情報誌「ベストカー」
本来であれば第47回 東京モーターショーが開催されていた今年・2021年。過去のショーでは華々しく展示され、その後名車となったクルマたちを取り上げてみたい。

岡山マツダ高屋本店が障がい者レンタルアート展を開催 – 日刊自動車新聞

【岡山】岡山マツダ(中島史博社長)は、岡山市中区の高屋本店ショールームで「障がい者レンタルアート展」を開催した=写真。感動を起こすクリエイター …

岡山マツダ高屋本店が障がい者レンタルアート展を開催|中・四国|中・四国
【岡山】岡山マツダ(中島史博社長)は、岡山市中区の高屋本店ショールームで「障がい者レンタルアート展」を開催した=写真。感動を起こすクリエイターチームとして活動する「みろくゆがふ」とコラボレーションし…

もはや暴れ馬! だがそれが最高だった! 当時のクルマ好きを「恐れさせ」「楽しませた」ドッカン …

1)マツダRX-7(FC3S). 1980年代半ば、クルマ好きの間ではターボとDOHCのどちらが速いかなどと議論になっていた。まだインタークーラー・レス …

もはや暴れ馬! だがそれが最高だった! 当時のクルマ好きを「恐れさせ」「楽しませた」ドッカンターボ車4台
クルマ好きの間でよく話題に上がる「NAvsターボ」論争。どっちのエンジンもモータースポーツの現場で使われているし、どっちがいいとか悪いとかはないのだが、パワー重視ならどうしても後者になりがち。そのターボの魅力といえばブーストが掛かり始めた時に感じる急激な加速感だ。これが楽しいのだ。今回はそんな過激なターボ車を紹介する。
タイトルとURLをコピーしました