スズキ「KATANA」アップデートと共に新色を採用した新型公開【EICMA 2021】(バイク の …

スズキ「KATANA」アップデートと共に新色を採用した新型公開【EICMA 2021】(バイクの …

スズキは「KATANA」の最新モデル(海外仕様車)を2021年11月25日から28日にかけてイタリア・ミラノで一般公開されるバイクの見本市「EICMA 2021」で公開し …

スズキ「KATANA」アップデートと共に新色を採用した新型公開【EICMA 2021】(バイクのニュース) - Yahoo!ニュース
スズキは「KATANA」の最新モデル(海外仕様車)を2021年11月25日から28日にかけてイタリア・ミラノで一般公開されるバイクの見本市「EICMA 2021」で公開します。

スズキ「KATANA」が2022年型でモデルチェンジ! 電子制御装備をグレードアップ、ボディカラー …

2021年11月23日、スズキは欧州でKATANAの2022年モデルを発表した。 1981年にデビュー、その個性的で鮮烈なスタイリングで圧倒的な支持を集めた …

スズキ「KATANA」が2022年型でモデルチェンジ! 電子制御装備をグレードアップ、ボディカラーは新色に!(webオートバイ) - Yahoo!ニュース
2021年11月23日、スズキは欧州でKATANAの2022年モデルを発表した。 1981年にデビュー、その個性的で鮮烈なスタイリングで圧倒的な支持を集めたスズキGSX1100Sカタナは、2000

スズキ・エブリイワゴンの歴史や魅力、グレードの違いを徹底解剖! – Yahoo!ニュース

軽自動車でありながら、広々とした車内空間を誇るスズキ・エブリイワゴンは、キャンプや車中泊などで盛り上がっているアウトドアにもうってつけの1台。

スズキ・エブリイワゴンの歴史や魅力、グレードの違いを徹底解剖!(WEB CARTOP) - Yahoo!ニュース
 軽自動車でありながら、広々とした車内空間を誇るスズキ・エブリイワゴンは、キャンプや車中泊などで盛り上がっているアウトドアにもうってつけの1台。価格も比較的安く手に入れることができる、非常にコストパ

マットカラーが新鮮! 2022モデルのスズキKATANAは電スロ採用でアップデート WEBヤング …

スズキのストリートファイター・GSX-S1000Sをベースに2019年に復活した2代目KATANA。偉大なる初代カタナをオマージュしつつ、アップハンドルやショート …

マットカラーが新鮮! 2022モデルのスズキKATANAは電スロ採用でアップデート
スズキは11月23日に開幕したEICMA(ミラノショー)で2022年モデルのKATANAを発表した。ユーロ5排ガス規制に対応させたパワートレーンは電子制御面がアップデートされ、さらに新登場となるマット系のボディカラー2色をまとっている。 エ

スズキ カタナの2022年モデルが海外で発表「最高出力2馬力アップ&電子制御を強化!ブルー …

スズキ カタナ2022年モデル(海外仕様)の主な変更点2019年に発売され、「19年ぶりのカタナ復活!」として話題を呼んだスズキの新カタナ。

スズキ カタナの2022年モデルが海外で発表「最高出力2馬力アップ&電子制御を強化!ブルーカタナも登場」
スズキ カタナ2022年モデル(海外仕様)の主な変更点 2019年に発売され、「19年ぶりのカタナ復活!」として話題を呼んだスズキの新カタナ。その海外仕様で、デビューしてから初のマイナーチェンジが行わ

王者N-BOXを抜いたスズキ ワゴンR! 軽自動車1位を獲得したのは新型ワゴンRスマイルの追加 …

事実2011年の初代モデル、そして2代目となる現行モデルも首位を守ってきた大ヒットモデルである。だが、2021年10月の販売ランキングを見てみると、スズキ ワゴン …

王者N-BOXを抜いたスズキ ワゴンR! 軽自動車1位を獲得したのは新型ワゴンRスマイルの追加だけではなかった!?|【話題を先取り】新型車解説2021【MOTA】
ここ10年近く、軽自動車でもっとも売れているのはホンダ N-BOXと言われ続けてきた。事実2011年の初代モデル、そして2代目となる現行モデルも首位を守ってきた大ヒットモデルである。だが、2021年10月の販売ランキングを見てみると、スズキ ワゴンRが首位に久々に輝いたのだ。これは新型ワゴンRスマイルが絶好調なセールス...

マルチ・スズキと豊通、インドで車リサイクル施設開設 – 日本経済新聞

【ニューデリー=花田亮輔】インド乗用車最大手のマルチ・スズキは23日、豊田通商と共同で設けた車両の解体・リサイクル施設が稼働を始めたと発表した。

マルチ・スズキと豊通、インドで車リサイクル施設開設
【ニューデリー=花田亮輔】インド乗用車最大手のマルチ・スズキは23日、豊田通商と共同で設けた車両の解体・リサイクル施設が稼働を始めたと発表した。首都ニューデリー近郊に設置され、年間2万4000台の処理能力を備えている。インド政府が老朽化した車両の買い替えを促す「廃車政策」の導入を予定するなか、マルチ・スズキの販売網など...

スズキと豊田通商、初の廃車施設を開設 – NNA ASIA・インド・自動車・二輪車

マルチ・スズキ・トヨツー・インディア(MSTI)は23日、インド北部ウッタルプラデシュ州ノイダに同社初の車両解体・リサイクル施設を開設した。

スズキと豊田通商、初の廃車施設を開設 インド・自動車・二輪車
マルチ・スズキ・トヨツー・インディア(MSTI)は23日、インド北部ウッタルプラデシュ州ノイダに同社初の車両解体・リサイクル施設を開設した。投資額は4億4,000万ルピー(約6億8,000万円)余り。同社はノ…

ハセガワ、1986年レッド/ブルーを再現した「スズキ GSX-R750」1/12模型 – 価格.com

ハセガワは、1/12スケールの「スズキGSX-R750(G)(GR71G)“レッド/ブルーカラー”」を2022年1月26日ごろ発売すると発表した。1986年の「レッド/ブルー」 …

価格.com - ハセガワ、1986年レッド/ブルーを再現した「スズキ GSX-R750」1/12模型
ハセガワは、1/12スケールの「スズキGSX-R750(G)(GR71G)“レッド/ブルーカラー”」を2022年1月26日ごろ発売すると発表した。1986年の「レッド/ブルー」カラーを、デカールで再現した1/12模型。カウルパーツカラーは...

スズキ・エブリイワゴンの歴史や魅力、グレードの違いを徹底解剖! – WEB CARTOP

スズキ・エブリイワゴンは、軽キャブワゴン最大となる車内空間と、多彩なシートアレンジが魅力だ。その登場は1999年と今から20年少し前となる。

スズキ・エブリイワゴンの歴史や魅力、グレードの違いを徹底解剖!
スズキ・エブリイワゴンは、軽キャブワゴン最大となる車内空間と、多彩なシートアレンジが魅力だ。その登場は1999年と今から20年少し前となる。エブリイワゴンがいかにして人気の軽キャブワゴンとなり、そしてどのように進化をしてきたのか歴史を振り返るとともに、現行モデルの魅力をあらためて考察する。
タイトルとURLをコピーしました