ダイハツの次期型デッキバンはターボ搭載?アウトドアでの活躍に期待高まる | MOB Y モビー

ダイハツの次期型デッキバンはターボ搭載?アウトドアでの活躍に期待高まる | MOBY [モビー]

ダイハツのハイゼットデッキバンが、ハイゼットシリーズ&アトレーワゴンのフルモデルチェンジに合わせて次期型に移行するという情報を入手。

ダイハツの次期型デッキバンはターボ搭載?アウトドアでの活躍に期待高まる | MOBY [モビー]
ダイハツのハイゼットデッキバンが、ハイゼットシリーズ&アトレーワゴンのフルモデルチェンジに合わせて次期型に移行するという情報を入手。詳細をお伝えします。

ダイハツの次期型デッキバンはターボ搭載?アウトドアでの活躍に期待高まる (2021 … – エキサイト

ダイハツハイゼットデッキバン(現行モデル)次期型の登場が近いと言われているダイハツの人気商用車「ハイゼット」および「ハイゼットカーゴ」、そしてその …

ダイハツの次期型デッキバンはターボ搭載?アウトドアでの活躍に期待高まる (2021年11月24日) - エキサイトニュース
次期型ハイゼットデッキバンが登場間近?ダイハツハイゼットデッキバン(現行モデル)次期型の登場が近いと言われているダイハツの人気商用車「ハイゼット」および「ハイゼットカーゴ」、そしてその乗用モデル「アト...

ダイハツがDNGA初のBセグメント小型車「セニア」をインドネシアで発売(カー … – carview!

ダイハツのアセアン市場での積極展開が進捗。DNGA初のBセグメント小型車で7名乗りコンパクトMPVの新型セニアをインドネシアで発表 ダイハツは2021年11月11 …

ダイハツがDNGA初のBセグメント小型車「セニア」をインドネシアで発売(カー・アンド・ドライバー) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
ダイハツのアセアン市場での積極展開が進捗。DNGA初のBセグメント小型車で7名乗りコンパクトMPVの新型セニアをインドネシアで発表 ダイハツは2021年11月11日、インドネシアのADM(アストラ・ダイハツ・モーター)のスンター車両工場で生...

軽の勢力図に異変! チョイ高な軽スライドドア車「ムーヴキャンバス」と「ワゴンRスマイル」の …

ダイハツ ムーヴキャンバスは、軽ハイトワゴン「ムーヴ」のプラットフォームをベースに、後席左右にスライドドアを備えた独自のボディデザインを組み合わせ …

軽の勢力図に異変! チョイ高な軽スライドドア車「ムーヴキャンバス」と「ワゴンRスマイル」のちょうど良いサイズ感が評判に|【徹底比較】人気新型車比較2021年【MOTA】
軽自動車の勢力図に新たな兆しが見えてきた。現在、軽自動車人気の中心はホンダ N-BOXに代表される「背高ボディ+スライドドア」を持つスーパーハイトワゴン系だが、そこまで背の高くないハイトワゴン系にスライドドアを備えたモデルにも注目が集まっているのだ。新勢力の2台、「ダイハツ ムーヴキャンバス」と「スズキ ワゴンRスマイ...

実は現役最長寿の「軽トラ」!「ハイゼット」は何故61年も支持されているのか(Auto Messe …

なかでもダイハツ工業が1960年に発売したハイゼットは、4輪の軽商用車(バン&トラック)として今も生産販売が続けられていて、ブランドとしても60年を …

実は現役最長寿の「軽トラ」!「ハイゼット」は何故61年も支持されているのか(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
 小口集配など物流の末端で働くワンボックスのキャブバンや、農作業のパートナーとして農機運搬などに力を発揮しているキャブトラックなど、生活に密着したクルマとして親しまれてきた軽商用車ですが、軽乗用車と

第2のスイフトスポーツ!? インドで発表されたセレリオとかつてのリッターカーの現在地 – ベストカー

ダイハツ、スズキのリッターカーのホットハッチたち. 1977年に発売された初代シャレード。ボディサイズは全長3460×全幅1510×全高1360mmと、 …

第2のスイフトスポーツ!? インドで発表されたセレリオとかつてのリッターカーの現在地 - 自動車情報誌「ベストカー」
スズキがインドで1L 3気筒ターボの新型セレリオを発表した。その姿とスペックに、かつて日本で人気だったリッターカーのホットハッチを思い出した人もいるだろう。セレリオの概要と、かつて人気だったリッターカーの現在をお届け!!

じつは軽は『走り』もけっこういい!! 解き明かされる軽自動車の真実 – ベストカー

例えばホンダS660やダイハツのコペン、あるいはスズキのアルトワークスなどはその最右翼と言えるだろう。 もちろんそれらにしたって大排気量エンジンを積んだ …

じつは軽は『走り』もけっこういい!! 解き明かされる軽自動車の真実 - 自動車情報誌「ベストカー」
一般ユーザーには愛用されているものの、カーマニアからは評価が高くない軽自動車。いわく、「事故ったら助からない」「走りがショボい」……だが最近の軽自動車をあなどるのは大きな間違いだ。時は来た! 軽の走りを見せつけろ!

実は現役最長寿の「軽トラ」!「ハイゼット」は何故 61年も支持されている – Auto Messe Web

ダイハツのハイジェットは最長寿の軽トラック · 1960年の初代はピックアップトラック · 2代目からキャブオーバータイプになり現在10代目へと継承 …

実は現役最長寿の「軽トラ」!「ハイゼット」は何故61年も支持されているのか
小口集配など物流の現場や農作業のパートナーとして力を発揮しているキャブトラックは生活に密着したクルマとして親しまれてきた軽商用です。なかでもダイハツ工業が1960年に発売したハイゼットは、ブランドとしても60年を超える長い歴史を誇っています。軽自動車規格の変遷もあった、ハイゼットが辿った道程を振り返ってみることにします...

熱きナニワのホットハッチ!「シャレード・デ・トマソ」がヤンチャ過ぎた – carview!

真面目な技術者が真摯に開発したコンパクトカー 以前にフェローやフェローバギィを紹介したときにも触れたように、ダイハツには生真面目な技術者集団という …

熱きナニワのホットハッチ!「シャレード・デ・トマソ」がヤンチャ過ぎた(Auto Messe Web) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
真面目な技術者が真摯に開発したコンパクトカー 以前にフェローやフェローバギィを紹介したときにも触れたように、ダイハツには生真面目な技術者集団という社風(のイメージ)があり、その製品は質実剛健(なイメージ)があります。その最たるものが、トヨタ...

軽の勢力図に異変! チョイ高な軽スライドドア車「ムーヴキャンバス」と「ワゴンR … – carview!

新勢力の2台、「ダイハツ ムーヴキャンバス」と「スズキ ワゴンRスマイル」の2台の人気ぶりについて分析してみよう。 同じく後席スライドドアを備えるタント …

軽の勢力図に異変! チョイ高な軽スライドドア車「ムーヴキャンバス」と「ワゴンRスマイル」のちょうど良いサイズ感が評判に(MOTA) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
軽自動車の勢力図に新たな兆しが見えてきた。現在、軽自動車人気の中心はホンダ N-BOXに代表される「背高ボディ+スライドドア」を持つスーパーハイトワゴン系だが、そこまで背の高くないチョイ高なハイトワゴンにスライドドアを備えたモデルにも注目が...
タイトルとURLをコピーしました