スズキが新型SUVを公開秒読み! 新型「Sクロス」8年ぶり全面刷新で11月下旬発表へ ジムニー …

スズキが新型SUVを公開秒読み! 新型「Sクロス」8年ぶり全面刷新で11月下旬発表へ ジムニー …

スズキは、2021年11月25日に新型SUV「S-CROSS(Sクロス)」を世界初公開すると11月22日に発表し、あわせて新たなティザー画像を公開しました。

スズキが新型SUVを公開秒読み! 新型「Sクロス」8年ぶり全面刷新で11月下旬発表へ ジムニーからの歴史継承する最新SUV登場(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 スズキは、2021年11月25日に新型SUV「S-CROSS(Sクロス)」を世界初公開すると11月22日に発表し、あわせて新たなティザー画像を公開しました。

スズキ、新型SUV「S-CROSS」を11月25日ワールドプレミア(Impress Watch) – Yahoo!ニュース

スズキは、SUVモデルの新型「S-CROSS」を、11月25日にオンラインワールドプレミアすることをグローバル公式Webサイトで予告した。

スズキ、新型SUV「S-CROSS」を11月25日ワールドプレミア(Impress Watch) - Yahoo!ニュース
 スズキは、SUVモデルの新型「S-CROSS」を、11月25日にオンラインワールドプレミアすることをグローバル公式Webサイトで予告した。

スズキ・ワゴンRとは? スティングレー・スマイルなど派生モデルも人気の車種をご紹介(WEB …

スズキの看板車種「ワゴンR」は軽自動車界を代表する1台だ。 … また、代表だった鈴木修さんが言ったとされる「セダンもあるけどワゴンも”ある”」というの …

スズキ・ワゴンRとは? スティングレー・スマイルなど派生モデルも人気の車種をご紹介(WEB CARTOP) - Yahoo!ニュース
 日本独自の小型車規格である軽自動車。新車販売における約4割が軽自動車であることからも、いかに人々の生活を支えているかがわかるだろう。そんな軽自動車の歴史で外すことのできない1台がスズキ・ワゴンRだ

マルチスズキと豊田通商、インドの廃車を解体・リサイクル | レスポンス(Response.jp)

マルチ・スズキ・インディア社と豊田通商グループが合弁で設立した、使用済み車両の適正処理および解体・リサイクルを行うMaruti Suzuki Toyotsu India …

マルチスズキと豊田通商、インドの廃車を解体・リサイクル | レスポンス(Response.jp)
マルチ・スズキ・インディア社と豊田通商グループが合弁で設立した、使用済み車両の適正処理および解体・リサイクルを行うMaruti Suzuki Toyotsu India社(MSTI)が11月23日より稼働を開始した。

スズキ、2022年モデルの『カタナ』をミラノショーで公開。マットブルーとグレー … – autosport web

11月23日、スズキはイタリア・ミラノで11月23~28日に開催されるEICMA2021(ミラノショー)で2022年モデルの『KATANA(カタナ)』を公開した。

スズキ、2022年モデルの『カタナ』をミラノショーで公開。マットブルーとグレーの2色を追加 | MotoGP | autosport web
 11月23日、スズキはイタリア・ミラノで11月23~28日に開催されるEICMA2021(ミラノショー)で2022年モデルの『KATANA(カタナ)』を公開した。 KATANAは、原型となるGSX1100S KATANAが2000年に生産が終了していたが、2018年10月にドイツ・ケルンで開催されたインターモトで18...

スズキ、使用済み車両の適正処理や解体・リサイクルを行なうインドの合弁会社が稼働開始

スズキは11月24日、インドの子会社マルチ・スズキ・インディアが豊田通商と豊田通商グループのTTIPL(Toyota Tsusho India Private Limited)とともに設立 …

スズキ、使用済み車両の適正処理や解体・リサイクルを行なうインドの合弁会社が稼働開始
 スズキは11月24日、インドの子会社マルチ・スズキ・インディアが豊田通商と豊田通商グループのTTIPL(Toyota Tsusho India Private Limited)とともに設立した、使用済み車両の適正処理および解体・リサイクルを行なう合弁会社「MSTI(Maruti Suzuki Toyotsu Indi...

スズキ ワゴンRスマイル人気でついにワゴンRが首位に立った! ハイトワゴンサイズのスライド …

全国軽自動車協会連合会が発表した2021年10月の軽四輪車通称名別新車販売台数で、首位に君臨し続けたホンダ N-BOXを引きずり下ろしたのがスズキ ワゴンRだ。

スズキ ワゴンRスマイル人気でついにワゴンRが首位に立った! ハイトワゴンサイズのスライドドアが軽自動車の主流となる!?|【話題を先取り】新型車解説2021【MOTA】
全国軽自動車協会連合会が発表した2021年10月の軽四輪車通称名別新車販売台数で、首位に君臨し続けたホンダ N-BOXを引きずり下ろしたのがスズキ ワゴンRだ。 現行ワゴンRは2017年に登場した6代目だが、なぜ1位になることができたのだろうか。その立役者である派生車種、ワゴンRスマイルが選ばれる理由を紹介したい。

’21新型スズキGSX-S1000徹底解剖:新旧比較インプレ・高速&街乗り編【電子制御追加で …

新型スズキGSX‐S1000の実力を検証する今回の企画。電子制御スロットルとなり、新たに3段階のパワーモードや5段階のトラクションコントロール、クイックシフター …

’21新型スズキGSX-S1000徹底解剖:新旧比較インプレ・高速&街乗り編【電子制御追加で使い勝手が向上】
新型スズキGSX‐S1000の実力を検証する今回の企画。電子制御スロットルとなり、新たに3段階のパワーモードや5段階のトラクションコントロール、クイックシフターなどを装備したが、それらは高速走行や市街地ではどう影響するのか? ワインディング

スズキ 鈴木俊宏社長インタビュー「軽EV 2025年までに」 – 静岡新聞

スズキの鈴木俊宏社長は24日、浜松市内でインタビューに応じ、2025年までに国内で軽自動車規格の電気自動車(EV)の販売を目指す方針を明らかにした …

スズキ 鈴木俊宏社長インタビュー「軽EV 2025年までに」|あなたの静岡新聞
スズキの鈴木俊宏社長は24日、浜松市内でインタビューに応じ、2025年までに国内で軽自動車規格の電気自動車(EV)の販売を目指す方針を明らかにした。 22年5月…

スズキ「SV650」秘伝の鼓動感が詰まった秀作Vツイン! エンジンの“気持ちよさ”に100%納得 …

スズキのミドルスポーツ「SV650 ABS」(以下、SV650)のウェブサイトを覗いてみると、製品概要ページのトップにこう記してある。 「不等間隔爆発がもたらすV …

スズキ「SV650」秘伝の鼓動感が詰まった秀作Vツイン! エンジンの“気持ちよさ”に100%納得
1999年の初代SV650、2003年の2代目SV650、そして2009年のグラディウス650を経て登場した現行SV650にたっぷりと試乗。エンジン特性、ハンドリング、ライディングポジションなどについて詳しくレポートします。
タイトルとURLをコピーしました