パカパカライト+ロータリーエンジン=最強の組み合わせ!? マツダが生んだ名スポ ーツカー …

パカパカライト+ロータリーエンジン=最強の組み合わせ!? マツダが生んだ名スポーツカー …

1979年式マツダ・サバンナRX-7 GT。 現代のニューモデルにはないスタイリングやビビッドな操作感、魂を揺さぶるエンジンの鼓動などなど、オーナーの数 …

パカパカライト+ロータリーエンジン=最強の組み合わせ!? マツダが生んだ名スポーツカー、SA22C型サバンナRX-7
現代のニューモデルにはないスタイリングやビビッドな操作感、魂を揺さぶるエンジンの鼓動などなど、オーナーの数だけ旧車を所有する理由がある。その中には幼少期の思い出が忘れられなくて、大人になってから夢を叶えたという人も少なくない。「第13回クラシックカーフェスティバル2021」にも、そんなオーナーが愛車マツダ・サバンナRX...

低迷続く米国新車販売、トヨタ・ホンダは前年比2割減もマツダは1割減に抑えられた理由(ニュー …

SUBARU(スバル)は同40%減と減少率が大きく、5カ月連続の前年割れとなった。マツダは販売が好調な米国市場に新車を優先供給し、減少率を同14・1%減に抑えた。

低迷続く米国新車販売、トヨタ・ホンダは前年比2割減もマツダは1割減に抑えられた理由(ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース
 日系自動車メーカー4社の10月の米国新車販売台数は、前年同月比27・9%減の30万台と、3カ月連続でマイナスとなった。減少率は9月の同23・0%減、8月の同7・9%減と比べ広がった。半導体など部品

中国で「外資系ブランド」が岐路に立たされる訳 | 経営 | 東洋経済オンライン

マツダが中国で販売する「CX-4」(写真:マツダ). 台湾自動車大手の裕隆汽車(ユーロン)は2021年11月、中国大手自動車メーカーの東風汽車(ドンフェン)と …

中国で「外資系ブランド」が岐路に立たされる訳 | 経営
台湾自動車大手の裕隆汽車(ユーロン)は2021年11月、中国大手自動車メーカーの東風汽車(ドンフェン)との合弁企業、東風裕隆汽車の再編を行い、中国での完成車事業を撤退した。また、韓国・起亜自動車(キア)と…

超希少な「2スト」&「シャコタン」軽トラ! 「昭和40年代生まれ」感涙必至のマツダ・ポーター …

旧いクルマが軒並み高騰し始めている昨今だが、そんな風潮はどこ吹く風。20代半ばでセカンドカーとして手に入れたマツダ・ポーターは、気がつけば今年で28年 …

超希少な「2スト」&「シャコタン」軽トラ! 「昭和40年代生まれ」感涙必至のマツダ・ポーター(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
 旧いクルマが軒並み高騰し始めている昨今だが、そんな風潮はどこ吹く風。20代半ばでセカンドカーとして手に入れたマツダ・ポーターは、気がつけば今年で28年目の相棒だ。ガレージにしまい込んでいる訳でもな

常に新しいチャレンジをし続けてきた。|マツダ・コスモ・ヒストリー Vol.2 – エキサイト

マツダ・コスモ・ヒストリー Vol.2。1967年に販売開始された初代コスモスポーツから、1996年に生産終了した4代目にあたる3ローター搭載車まで、コスモは常に …

コスモは登場以来、常に新しいチャレンジをし続けてきた。|マツダ・コスモ・ヒストリー Vol.2 (2021年11月27日) - エキサイトニュース
コスモは登場以来、常に新しいチャレンジをし続けてきた。|マツダ・コスモ・ヒストリー Vol.2。1967年に販売開始された初代コスモスポーツから、1996年に生産終了した4代目にあたる3ローター搭載車まで、コスモは常に時代の先を行くものとして進化を続けてきた。その歴史の流れをここでは追ってみたい...

コスモは登場以来、常に新しいチャレンジをし続けてきた。|マツダ・コスモ・ヒストリー Vol.2

マツダ. 1967年に販売開始された初代コスモスポーツから、1996年に生産終了した4代目にあたる3ローター搭載車まで、コスモは常に時代の先を行くものとして …

コスモは登場以来、常に新しいチャレンジをし続けてきた。|マツダ・コスモ・ヒストリー Vol.2
1967年に販売開始された初代コスモスポーツから、1996年に生産終了した4代目にあたる3ローター搭載車まで、コスモは常に時代の先を行くものとして進化を続けてきた。その歴史の流れをここでは追ってみたい。【コスモ・ヒストリー Vol.2】【1・・・

超希少な「2スト」&「シャコタン」軽トラ! 「昭和40年代生まれ」感涙必至のマツダ・ポーター …

1969年から20年間に渡り生産され続けたマツダのポーターキャブ。その愛くるしいルックスもあって大人気。今回紹介するポーターも姿形はほぼ当時のままだが、 …

超希少な「2スト」&「シャコタン」軽トラ! 「昭和40年代生まれ」感涙必至のマツダ・ポーター | AUTO MESSE WEB ~カスタム・アウトドア・福祉車両・モータースポーツなどのカーライフ情報が満載~
1969年から20年間に渡り生産され続けたマツダのポーターキャブ。その愛くるしいルックスもあって大人気。今回紹介するポーターも姿形はほぼ当時のままだが、ムキになって純正コンディションにこだわらず、遊びを取り入れることも忘れない。その詳細を詳しく紹介していく。

国内自動車メーカーの総合イノベーションランキング、3位マツダ、2位日産 – DIME

総合イノベーションランキングはスバルが1位にJ.D. パワー 2021年日本自動車テクノロジーエクスペリエンス調査では、自動運転支援等の先進技術をはじめと …

国内自動車メーカーの総合イノベーションランキング、3位マツダ、2位日産、1位は?|@DIME アットダイム
総合イノベーションランキングはスバルが1位にJ.D. パワー 2021年日本自動車テクノロジーエクスペリエンス調査では、自動運転支援等の先進技術をはじめとする32機能・装備について、購入した新車の装備状況や利...

中国で「外資系ブランド」が岐路に立たされる訳

マツダが中国で販売する「CX-4」(写真:マツダ) 台湾自動車大手の裕隆汽車(ユーロン)は2021年11月、中国大手自動車メーカーの東風汽車(ドンフェン)と …

中国で「外資系ブランド」が岐路に立たされる訳|au Webポータル
au Webポータル

1960年式ダッジ・ポラーラ 最先端だったテールフィンのフルサイズ 前編 | AUTOCAR JAPAN

812記事 · マツダ 339記事 · フォード 360記事 · A110 72記事 · BMW 893記事. + 人気テーマをもっとみる. AUTOCAR JAPAN · ダッジ · 1960年式ダッジ・ …

1960年式ダッジ・ポラーラ 最先端だったテールフィンのフルサイズ 前編 | AUTOCAR JAPAN
クライスラーで活躍した、デザイナーのエクスナー氏。フォワード・ルックの代表作を英国編集部がご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました