ホンダのカーシェア「EveryGo」、シェアサイクルや小田急「EMot」連携

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

ホンダのカーシェア「EveryGo」、シェアサイクルや小田急「EMot」連携

ホンダのカーシェアサービス「EveryGo」は、シェアサイクルサービス「Charichari」「HELLO CYCLING」及び小田急電鉄のMaaSアプリ「EMot」と …

ホンダのカーシェア「EveryGo」、シェアサイクルや小田急「EMot」連携
ホンダのカーシェアサービス「EveryGo」は、シェアサイクルサービス「Charichari」「HELLO CYCLING」及び小田急電鉄のMaaSアプリ「EMot」との連携を4月から順次開始する。出発地点からEveryGoステーションへの移動にシェアサイクルを利用することで、公共交通機関とEveryGoのシームレスな...

ホンダとベライゾン、5G通信で道路の安全性を高める研究を始動

ホンダとベライゾンは4月8日、5Gセルラー技術を用いて、車と車、車とインフラの通信を進化させるための取り組みを行うとアナウンスした。

ホンダとベライゾン、5G通信で道路の安全性を高める研究を始動
ホンダとベライゾンは4月8日、5Gセルラー技術を用いて、車と車、車とインフラの通信を進化させるための取り組みを行うとアナウンスした。両社はミシガン大学にある自動運転車の実験施設「Mcity」で、5Gとエッジコンピューティングを用いて、自動車

【ホンダ レジェンド 新型まとめ】自動運転、初のレベル3へ…価格やテクノロジー、試乗記

ホンダの持てる先進技術を盛り込んだフラッグシップセダン『レジェンド』。新型は、刷新された安全運転支援技術「ホンダセンシングエリート」の …

【ホンダ レジェンド 新型まとめ】自動運転、初のレベル3へ…価格やテクノロジー、試乗記 | レスポンス(Response.jp)
ホンダの持てる先進技術を盛り込んだフラッグシップセダン『レジェンド』。新型は、刷新された安全運転支援技術「ホンダセンシングエリート」の搭載によりレベル3の条件付き自動運転走行が世界で初めて実用化された。

観客も増えれば…相乗効果期待 ホンダFC戦で野外市場出店

ホンダにとってもサッカー会場でのマーケット開催は、地域貢献や新規のファン取り込みの好機となる。昨季は、JFL史上初の五連覇を逃したが、 …

観客も増えれば…相乗効果期待 ホンダFC戦で野外市場出店 :中日新聞しずおかWeb
浜松市北区を中心とした商店でつくる「浜松ノースマーケット」(飯尾圭亮代表、加盟約五十店舗)は、日本フットボールリーグ(JFL)のホンダ...

どうした!? ホンダNSX&ニッサンGT-R陣営。午前の勢力図から一変した予選の状況とアクシデント …

スーパーGT第1戦岡山、フリー走行でトップ3を占めたのは、ホンダNSX陣営だった。事前に予想された通り、『ホンダNSX強し』の印象を与えた開幕 …

どうした!? ホンダNSX&ニッサンGT-R陣営。午前の勢力図から一変した予選とアクシデントの状況【第1戦GT500予選】 | スーパーGT | autosport web
 スーパーGT第1戦岡山、フリー走行でトップ3を占めたのは、ホンダNSX陣営だった。事前に予想されたとおり、『ホンダNSX強し』の印象を与えた開幕戦岡山の午前のセッションだったが、午後の予選が終わって見ればトヨタGRスープラ勢のトップ5独占。午前トップのARTA NSX-GT、3番手のSTANLEY NSX

ホンダHonda eとマツダMX-30 ニッポンのEVは欧州で売れているか?

ホンダとマツダがヨーロッパで販売しているBEV(バッテリーEV=電気自動車)であるHonda eとMX-30。ともに35.5kWhのバッテリー容量で航続 …

ホンダHonda eとマツダMX-30 ニッポンのEVは欧州で売れているか?|Motor-Fan[モーターファン]
ホンダとマツダがヨーロッパで販売しているBEV(バッテリーEV=電気自動車)であるHonda eとMX-30。ともに35.5kWhのバッテリー容量で航続可能距離は200km+α。この2台、ヨーロッパでどう評価されているのか?

「居心地がいいよね」 瀬名葉月×ホンダe【注目モデルでドライブデート!? Vol.75】

さらにHONDA eはドアミラーも通常の鏡ではなく、カメラを活用した電子式。その映像を表示するディスプレイも備わるから、インパネには合計5枚 …

「居心地がいいよね」 瀬名葉月×ホンダe【注目モデルでドライブデート!? Vol.75】 | clicccar.com
■先進のインパネまわり 「なにこれ、新しい!」 クルマに乗り込んだ彼女は、ちょっと驚いた様子だ。驚くのも無理はない、インパネの雰囲気はちょっと普通のクルマとは違うのだから。

ホンダ、上海モーターショー2021にEVプロトタイプ「SUV e:コンセプト」などを出展

ホンダは8日、19~28日に開催される「2021年上海モーターショー」で、プラグインハイブリッドシステム搭載車を世界初公開するとともに、ホンダ …

ホンダ、上海モーターショー2021にEVプロトタイプ「SUV e:コンセプト」などを出展(日刊自動車新聞) - Yahoo!ニュース
 ホンダは8日、19~28日に開催される「2021年上海モーターショー」で、プラグインハイブリッドシステム搭載車を世界初公開するとともに、ホンダブランドの電気自動車(EV)のプロトタイプモデル「SU

プジョー「e-208」とホンダ「Honda e」、最新EV乗ってみたいのはどっち?

@DIME記事の中から電気自動車に関する記事4本を厳選して紹介。 個性的な顔立ちとインテリアが印象的なホンダの電気自動車「Honda e」の完成度.

プジョー「e-208」とホンダ「Honda e」、最新EV乗ってみたいのはどっち?|@DIME アットダイム
@DIME記事の中から電気自動車に関する記事4本を厳選して紹介。個性的な顔立ちとインテリアが印象的なホンダの電気自動車「Honda e」の完成度同社の軽自動車『N-ONE』のイメージに近いフロントマスク。丸型...

ホンダ・シビック タイプR(後編)

レーシングドライバー山野哲也が最新の「ホンダ・シビック タイプR」に試乗。足まわりが「動くべき方向にしか動かない」。これこそがタイプRの …

ホンダ・シビック タイプR(後編) - webCG
レーシングドライバー山野哲也が最新の「ホンダ・シビック タイプR」に試乗。足まわりが「動くべき方向にしか動かない」。これこそがタイプRの驚異的な運動性能を支えている最大のポイントだと山野は熱弁をふるうのだった。

ホンダ「スーパーカブ110」インプレ・解説(2021年)国内生産にこだわった日本のための …

昨今の原付二種クラスでは珍しく日本での製造が行われている現行「スーパーカブ110」。60年以上の歴史を持つ名車中の名車は、あらゆる用途で使 …

ホンダ「スーパーカブ110」インプレ・解説(2021年)国内生産にこだわった日本のためのスーパーカブ - webオートバイ
昨今の原付二種クラスでは珍しく日本での製造が行われている現行「スーパーカブ110」。60年以上の歴史を持つ名車中の名車は、あらゆる用途で使われ、いまも昔も愛され続けている。この記事では、2020年に二輪車灯火器基準に関する法規対応を施した最新モデルを解説する。文:太田安治、オートバイ編集部/写真:南 孝幸/モデル:木川...
タイトルとURLをコピーしました