目指すは1000馬力オーバー! スバル「インプレッサ WRX STI」にV12エンジンを移植す る …

目指すは1000馬力オーバー! スバル「インプレッサ WRX STI」にV12エンジンを移植する …

スバルの代表的な車種である「インプレッサ」に、V12エンジンを移植したカスタムカーが登場して、海外で注目を集めています。目指すは1000馬力オーバー!

目指すは1000馬力オーバー! スバル「インプレッサ WRX STI」にV12エンジンを移植するカスタムカーがやばそう(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース
 スバルの代表的な車種である「インプレッサ」に、V12エンジンを移植したカスタムカーが登場して、海外で注目を集めています。目指すは1000馬力オーバー!

エンジンなしでも「らしさ」はあるか? 新型ソルテラで見えたスバル電動化の可能性と課題 …

2020年11月11日。スバルは同社初となる電気自動車のソルテラを世界初公開した。世界中のクルマが電動化に向かっていくなか、スバルが選んだのは単独でのEV化 …

https://news.yahoo.co.jp/articles/d8aef5d4292cda9a172f6c0eb42b46cbf94326e6

HV不在で販売苦戦「レヴォーグ」発売1年通信簿 | トレンド

スバルの3ナンバーステーションワゴンである「レヴォーグ」が、昨年10月にフルモデルチェンジを正式発表してから1年が過ぎた。新型レヴォーグは、「スバル・ …

HV不在で販売苦戦「レヴォーグ」発売1年通信簿 | トレンド
スバルの3ナンバーステーションワゴンである「レヴォーグ」が、昨年10月にフルモデルチェンジを正式発表してから1年が過ぎた。新型レヴォーグは、「スバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)」を採用し、スバ…

エンジンなしでも「らしさ」はあるか? 新型ソルテラで見えた … – 自動車情報誌「ベストカー」

スバルは同社初となる電気自動車のソルテラを世界初公開した。世界中のクルマが電動化に向かっていくなか、スバルが選んだのは単独でのEV化ではなくトヨタとの …

新型ソルテラで見えたスバル電動化の可能性と課題 エンジンなしでも「らしさ」はあるか? - 自動車情報誌「ベストカー」
2020年11月11日。スバルは同社初の電気自動車のソルテラを世界初公開した。世界中のクルマが電動化へ向かうなか、トヨタとの協業によるEV化だった。EVだと水平対向エンジンはなくなる。だが、水平対向エンジンを失ってもスバルらしさは失わないEVを目指したという。

走りも使い勝手も良かった佳作ミニバン!「エクシーガ」が今こそ復活すべき理由とは(Auto …

スバルの歴代モデルのなかでも、3列シートを有しているモデルは数少ない。軽規格のサンバーをベースに排気量を拡大したドミンゴ、オペル・ザフィーラのOEM …

走りも使い勝手も良かった佳作ミニバン!「エクシーガ」が今こそ復活すべき理由とは(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
 スバルの歴代モデルのなかでも、3列シートを有しているモデルは数少ない。軽規格のサンバーをベースに排気量を拡大したドミンゴ、オペル・ザフィーラのOEMモデルのトラヴィックといった、一風変わったモデル

HV不在で販売苦戦「レヴォーグ」発売1年通信簿

2020年10月15日に発売となり、ちょうど発売から1年が経過したスバル「レヴォーグ」(写真:SUBARU) スバルの3ナンバーステーションワゴンで …

HV不在で販売苦戦「レヴォーグ」発売1年通信簿|au Webポータル
au Webポータル

アルスマグナ 公式ブログ – スバルの頭ではブログ – Powered by LINE – LINE BLOG

スバルです!!皆さんこんばんは!今日は一日、リフレッシュ!!お天気も良くて、久しぶりに朝から散歩して、お気に入りのカフェに行って、ゆっくりしながら …

スバルの頭ではブログ : アルスマグナ 公式ブログ
スバルです!!皆さんこんばんは!今日は一日、リフレッシュ!!お天気も良くて、久しぶりに朝から散歩して、お気に入りのカフェに行って、ゆっくりしながら本読んだり、ネットサーフィンしたり。とはいっても、明日は大阪の本番!!気持ちは切らさずに、過ごしていました。

走りも使い勝手も良かった佳作ミニバン!「エクシーガ」が今こそ復活すべき理由とは | AUTO …

走りと安全性にこだわるスバルでレアなモデルがミニバン。古くはドミングに始まりトラヴィック、そしてエクシーガが3列シートを備えるモデル。

走りも使い勝手も良かった佳作ミニバン!「エクシーガ」が今こそ復活すべき理由とは | AUTO MESSE WEB ~カスタム・アウトドア・福祉車両・モータースポーツなどのカーライフ情報が満載~
走りと安全性にこだわるスバルでレアなモデルがミニバン。古くはドミングに始まりトラヴィック、そしてエクシーガが3列シートを備えるモデル。なかでもステーションワゴンのフォルムながら7人乗りの居住性を誇るエクシーガとクロスオーバー7は走りにもこだわっていた

設定してないメーカーの理由とは!? クルマの寒冷地仕様はお得なのか? – ベストカー

文/藤田竜太、写真/NISSAN、SUBARU、TOYOTA、MITSUBISHI … スバルはホンダやマツダと同様、全車種寒冷地を考慮した仕様となっている.

設定してないメーカーの理由とは!? クルマの寒冷地仕様はお得なのか? - 自動車情報誌「ベストカー」
気温が下がるとバッテリー効率が下がり、いわゆるバッテリー上がりが発生しやすくなる。冬季の冷え込みが厳しい地域ではバッテリー容量を増やした寒冷地仕様を選ぶのが得策だ。各メーカーの寒冷地仕様を再確認し、そのメリットを考えてみた

ターボ化も余裕! 86mm×86mmのスクエア燃焼室がトヨタ86/BRZのパワーの源 | Motor-Fan …

スバル製造の86/BRZだけに水平対向エンジンとアナウンスされた際にはEJ20かと思われたが、至るところをブラッシュアップされたFA20の採用となった。

ターボ化も余裕! 86mm×86mmのスクエア燃焼室がトヨタ86/BRZのパワーの源
2012年に86/BRZとして戻ってきた待望のライトウェイトFRスポーツ。普通の2.0ℓ+NAエンジンに普通の6MT/6ATを組み合わせた「普通のFR車」はなぜここまで支持されるのか。GR86を迎える前に、その秘密に迫る短期集中連載。2回目となる今回は、採用されたスバル製エンジン FA20について見ていこう。 TEXT...
タイトルとURLをコピーしました