ハイブリッドが追加されたダイハツ ロッキー&トヨタ ライズ! グレード選びが悩 ましいが1.2 …

ハイブリッドが追加されたダイハツ ロッキー&トヨタ ライズ! グレード選びが悩ましいが1.2 …

5ナンバーサイズのSUVという点やリーズナブルな価格などを理由に、登場から2年が経っても依然好調な販売が続いているダイハツ ロッキー&トヨタ ライズ。

ハイブリッドが追加されたダイハツ ロッキー&トヨタ ライズ! グレード選びが悩ましいが1.2リッターガソリンがオススメだ|【話題を先取り】新型車解説2021【MOTA】
5ナンバーサイズのSUVという点やリーズナブルな価格などを理由に、登場から2年が経っても依然好調な販売が続いているダイハツ ロッキー&トヨタ ライズ。今回1.2リッターハイブリッドの追加と、FFモデルに新開発の1.2リッターエンジンが搭載された。FFモデルを購入する場合、ガソリンとハイブリッド仕様のどちらを選択すべきか...

年々厳しくなる排ガス規制下で、DOHCを守り続けた「トヨタ」|国内モータースポーツの興亡 …

中でもノーマル車をベースとした競技で、その中核をになったラリーを振り返る。 【国内モータースポーツの興亡 ラリー編 Vol.2】. 関連記事. ダイハツ「ロッキー …

年々厳しくなる排ガス規制下で、DOHCを守り続けた「トヨタ」|国内モータースポーツの興亡 ラリー編 Vol.2
量産車を使うモータースポーツは、改造規定が厳しく制限されるほど、生産車の持つ基本性能が重要になってくる。排ガス対策期を乗り切った80年代の高性能量産車は、日本のモータースポーツを発展させる原動力となっていた。中でもノーマル車をベースとした競・・・

スズキ、軽自動車に通信サービス 月額550円でスペーシアから | 日経クロステック(xTECH)

なお、軽自動車向けのコネクテッドサービスは、既にダイハツ工業が提供している。現在、同社の軽自動車「タント」「タフト」、小型車「トール」「ロッキー」 …

スズキ、軽自動車に通信サービス 月額550円でスペーシアから
 スズキは2021年12月3日、通信サービス「スズキコネクト」を始めると発表した。車両に車載通信機(DCM)を搭載し、ユーザーのスマートフォンに専用アプリをダウンロードして利用する。軽自動車ユーザーは価格に敏感で、スズキは競合他社に比べてサービスを増やしつつ、月額料金(消費税込み)を550円に抑える予定である(最初の1...
タイトルとURLをコピーしました