土屋圭市がスバル WRX S4 を試乗…峠賛歌 | レスポンス(Response.jp)

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

土屋圭市がスバル WRX S4 を試乗…峠賛歌 | レスポンス(Response.jp)

『CARトップ』2022年1月号、土屋圭市が連載「峠賛歌」でスバル『WRX』新型に試乗している。今回デビューしたのは2ペダルの「WRX S4」だ。

土屋圭市がスバル WRX S4 を試乗…峠賛歌 | レスポンス(Response.jp)
『CARトップ』2022年1月号、土屋圭市が連載「峠賛歌」でスバル『WRX』新型に試乗している。今回デビューしたのは2ペダルの「WRX S4」だ。「MTのWRX STIにあたるモデルではないが、WRXという名がつく以上、期待値は大きいといえる」。

土屋圭市がスバル WRX S4 を試乗…峠賛歌(レスポンス) – Yahoo!ニュース

スバルWRX S4 / 2ペダルでも走る悦び無限大!!○初代NA型の乗り心地を蘇らせた特別仕様 / マツダ ロードスター990S○86vsBRZ 公道で乗り比べ○本気のEV …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

2021-2022日本カーオブザイヤー候補車のホントの実力【1:スバル&トヨタ編】 岡崎五朗 … – &GP

それぞれの魅力や気になる点を3回に分けて解説します(※掲載順は2021-2022 COTYのノミネート番号順)。 【次ページ】スバル&トヨタから個性的な3モデルが …

2021-2022日本カーオブザイヤー候補車のホントの実力【1:スバル&トヨタ編】☆岡崎五朗の眼 | &GP
来たる2021年12月10日、2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤー(以下、COTY)が決定します。 今年度のノミネート車は、2020年11月1日から2021年10月31日までに発表されたモデルの中で"継続的に生産・販売され、一般ユーザーが特別な手段を用いなくても購入できること"、また、"2021年12月下旬まで

初代レヴォーグオーナーも新型モデルの最上級グレード「STIスポーツ R」に羨望の眼差し! ただ …

ついにスバル新型レヴォーグの改良モデル、いわゆる“B型”と呼ばれるモデルが発表されました。従来から設定されているCB18型 1.8リッター水平対向4気筒 直噴 …

初代レヴォーグオーナーも新型モデルの最上級グレード「STIスポーツ R」に羨望の眼差し! ただ価格を抑えたモデルの追加にも期待|【話題を先取り】新型車解説2021【MOTA】
ついにスバル新型レヴォーグの改良モデル、いわゆる“B型”と呼ばれるモデルが発表されました。従来から設定されているCB18型 1.8リッター水平対向4気筒 直噴ターボエンジン搭載車に加え、今回の改良の最大のトピックはなんといってもFA24型 2.4リッター水平対向4気筒 直噴ターボエンジン搭載車の追加といえるでしょう。 ...

2021-2022日本カーオブザイヤー候補車のホントの実力【1:スバル&トヨタ編 … – ニフティニュース

それぞれの魅力や気になる点を3回に分けて解説します(※掲載順は2021-2022 COTYのノミネート番号順)。 □スバル&トヨタから個性的な3モデルが選出

2021-2022日本カーオブザイヤー候補車のホントの実力【1:スバル&トヨタ編】☆岡崎五朗の眼|ニフティニュース
来たる2021年12月10日、2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤー(以下、COTY)が決定します。今年度のノミネート車は、2020年11月1日から2021年10月31日までに発表されたモデルの…

車両さえ供給できれば SUBARUの中村知美社長:時事ドットコム

車両さえ供給できていれば、さらに多く販売できた」と語るのは、SUBARUの中村知美社長(62)。国内外の主力市場では「強い需要を感じている」 …

車両さえ供給できれば SUBARUの中村知美社長:時事ドットコム
「車両さえ供給できていれば、さらに多く販売できた」と語るのは、SUBARUの中村知美社長(62)。国内外の主力市場では「強い需要を感じている」ものの、半導体不足の長期化による減産で、納車が大幅に遅れている現状に悔しさをにじませる。 今後の生産についても「影響は想定以上に大きい。厳しい状況は続く」とみており、今年度の生産...

3代目「剛力サンバー」の後期モデルK88型がキット化、レジャーパーツ付き – 価格.com

青島文化教材社は、「ザ・モデルカー」シリーズより、「1/24スバルK88サンバーハイルーフ4WD’80」を発表。2022年2月より発売する。3代目「剛力サンバー」の …

価格.com - 3代目「剛力サンバー」の後期モデルK88型がキット化、レジャーパーツ付き
青島文化教材社は、「ザ・モデルカー」シリーズより、「1/24スバルK88サンバーハイルーフ4WD'80」を発表。2022年2月より発売する。3代目「剛力サンバー」の後期モデル「K88型」をキット化。カタログ仕様を再現し、昭和50年代に開発...

HV王者か? EVの先駆者か!? トヨタVS日産 電気自動車覇権争いの現在地と今後 – ベストカー

トヨタ「bZ4X」、スバル「ソルテラ」が2022年半ばに中国、北米、欧州、日本で発売することを発表した。さらにトヨタは、2025年までにbZシリーズ7車種を導入 …

HV王者か? EVの先駆者か!? トヨタVS日産 電気自動車覇権争いの現在地と今後 - 自動車情報誌「ベストカー」
 トヨタ「bZ4X」、スバル「ソルテラ」が2022年半ばに中国、北米、欧州、日本で発売することを発表した。さらにトヨタは、2025年までにbZシリーズ7車種を導入する。  販売王者であるトヨタがついにEV事業に本格参入する。トヨタは国内にお…

これぞ理想を形にした未来のスポーツEV! 日産「アリア・シングルシーター・コンセプト」を発表 …

近い将来、こういった未来感あふれるエクステリアを持ったクルマに乗れる日が来るかもしれない。 関連記事. 日産アリアかトヨタbz4X&スバル・ソルテラか? 大 …

これぞ理想を形にした未来のスポーツEV! 日産「アリア・シングルシーター・コンセプト」を発表
世界中で話題となった電気自動車「日産アリア」は、来年の初旬に販売が開始されることもあり、さらに期待度が膨らんでいる注目の車種だ。受注も好評なようで、日産曰く予想以上とのこと。そんな話題のアリアのパワーユニットを搭載した、シングルシーターのコンセプトカーが発表された。それが「アリア・シングルシーター・コンセプト」だ。

『トヨタ・チェイサー』JTCCラストイヤーのチャンピオンカー【忘れがたき銘車たち …

『スバル・インプレッサワゴン』プライベーターが生み出したFRワゴンの意欲作【忘れがたき銘車たち】 · レーシングオン 2021/10/22 …

『トヨタ・チェイサー』JTCCラストイヤーのチャンピオンカー【忘れがたき銘車たち】 | レーシングオン | autosport web
 モータースポーツの「歴史」に焦点を当てる老舗レース雑誌『Racing on』と、モータースポーツの「今」を切り取るオートスポーツwebがコラボしてお届けするweb版『Racing on』では、記憶に残る数々の名レーシングカー、ドライバーなどを紹介していきます。今回のテーマは、『トヨタ・チェイサー』です。 * * * ...
タイトルとURLをコピーしました