トヨタ ヤリス に「GR SPORT」、2022年春欧州発売へ | レスポンス(Response.jp)

トヨタ ヤリス に「GR SPORT」、2022年春欧州発売へ | レスポンス(Response.jp)

トヨタ自動車の欧州部門は、『ヤリスGR SPORT』(Toyota Yaris GR SPORT)を2022年第2四半期(4~6月)、欧州市場で発売する。トヨタモーターヨーロッパが12 …

トヨタ ヤリス に「GR SPORT」、2022年春欧州発売へ | レスポンス(Response.jp)
◆メッシュパターンの専用フロントグリル ◆赤いアクセントステッチが施されたインテリア ◆強化された足回り ◆シフトダウン時にエンジン回転数を自動的に同調させる「iMT」

世界初公開されたトヨタ新型「タンドラ」 全長5m超えタフ顔のガソリン車生産 … – くるまのニュース

2021年12月3日、北米トヨタは、ピックアップトラックの新型「タンドラ」をトヨタ・モーター・マニュファクチャリング・テキサス(TMMTX)のサウスサイド工場 …

世界初公開されたトヨタ新型「タンドラ」 全長5m超えタフ顔のガソリン車生産開始! 同時に7360万円を地域パートナーに寄付へ
2021年12月3日、北米トヨタは、ピックアップトラックの新型「タンドラ」をトヨタ・モーター・マニュファクチャリング・テキサス(TMMTX)のサウスサイド工場で生産を開始したことや、地域パートナーに65万ドルの寄付を実施したと発表しました。

トヨタ、WRC新型マシン「GR YARIS Rally1」日本初公開 サプライズでモリゾウ選手とラトバラ氏 …

TOYOTA GAZOO Racing(トヨタ自動車)は12月6日、2022年シーズンのWRC(FIA世界ラリー選手権)参戦車両「GR YARIS Rally1」を日本初公開した。2022年のWRCに …

トヨタ、WRC新型マシン「GR YARIS Rally1」日本初公開 サプライズでモリゾウ選手とラトバラ氏がパフォーマンス披露
 TOYOTA GAZOO Racing(トヨタ自動車)は12月6日、2022年シーズンのWRC(FIA世界ラリー選手権)参戦車両「GR YARIS Rally1」を日本初公開した。2022年のWRCにトヨタは、新たなレギュレーションの下トップカテゴリーとなる「Rally1」クラスに参戦。チーム代表ヤリ-マティ・ラトバ...

トヨタ、北米初の車載用電池工場をノースカロライナ州に決定 将来的に電動車年間120万台分の …

トヨタ自動車の北米事業体であるToyota Motor North America, Inc.(以下、TMNA)は12月6日(現地時間)、約12億9000万ドル(約1430億円)を投資する車載用 …

トヨタ、北米初の車載用電池工場をノースカロライナ州に決定 将来的に電動車年間120万台分の電池を供給
 トヨタ自動車の北米事業体であるToyota Motor North America, Inc.(以下、TMNA)は12月6日(現地時間)、約12億9000万ドル(約1430億円)を投資する車載用電池工場の建設地を、ノースカロライナ州のグリーンズボロ・ランドルフ・メガサイト(Greensboro-Randolph Me...

ドライバーファーストを考えた…トヨタGAZOOレーシング 2022年体制発表会

トヨタGAZOOレーシングは6日、東京・お台場地区にあるトヨタメガウェブで「TOYOTA GAZOO Racing 2022年体制発表」を行ない、中嶋一貴選手の引退とTGR-E副 …

ドライバーファーストを考えた…トヨタGAZOOレーシング 2022年体制発表会 | レスポンス(Response.jp)
トヨタGAZOOレーシングは6日、東京・お台場地区にあるトヨタメガウェブで「TOYOTA GAZOO Racing 2022年体制発表」を行ない、中嶋一貴選手の引退とTGR-E副会長就任、小林可夢偉選手のWECチーム代表就任などを発表した。

トヨタ、新型 MIRAI 用ベースの第2世代燃料電池モジュールを欧州生産へ…2022年1月から …

トヨタ自動車(Toyota)の欧州部門は12月2日、第2世代の燃料電池モジュールの生産を、2022年1月から欧州で開始すると発表した。

トヨタ、新型 MIRAI 用ベースの第2世代燃料電池モジュールを欧州生産へ…2022年1月から | レスポンス(Response.jp)
トヨタ自動車(Toyota)の欧州部門は12月2日、第2世代の燃料電池モジュールの生産を、2022年1月から欧州で開始すると発表した。

トヨタ・カローラ、登録車販売の首位に返り咲く 11月はシリーズで1.3万台 – Yahoo!ニュース

2021年11月の登録車の車名別販売台数ランキングが発表された(自販連調べ)。 SUVモデルのカローラ・クロスがシリーズに加わった「トヨタ・カローラ」が、1 …

トヨタ・カローラ、登録車販売の首位に返り咲く 11月はシリーズで1.3万台(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
2021年11月の登録車の車名別販売台数ランキングが発表された(自販連調べ)。 SUVモデルのカローラ・クロスがシリーズに加わった「トヨタ・カローラ」が、1年8か月ぶりに首位に立つ結果となった。

ミドシップスポーツカー開発開始!!…トヨタ、ダイハツ、スズキ共同 | レスポンス(Response.jp)

衝撃SCOOP!! というアオリ通りの内容だ。『ベストカー』12月26日号が、リッタークラスのミドシップスポーツカーの情報をスクープしている。なんとトヨタ、 …

ミドシップスポーツカー開発開始!!…トヨタ、ダイハツ、スズキ共同 | レスポンス(Response.jp)
衝撃SCOOP!! というアオリ通りの内容だ。『ベストカー』12月26日号が、リッタークラスのミドシップスポーツカーの情報をスクープしている。なんとトヨタ、ダイハツ、スズキの共同開発がスタートしたという。

トヨタ、性能に支障ない「傷アリ」部品採用 仕入先の効率・収益改善 – ロイター

トヨタ自動車は7日、消費者の目に留まりにくい箇所や外から見えない部分を中心に車両性能・安全性に影響のない範囲であれば、仕入先から調達した傷などの …

トヨタ、性能に支障ない「傷アリ」部品採用 仕入先の効率・収益改善
トヨタ自動車は7日、消費者の目に留まりにくい箇所や外から見えない部分を中心に車両性能・安全性に影響のない範囲であれば、仕入先から調達した傷などのある部品を採用していると明らかにした。部品に関する過剰な品質や仕様を見直し、仕入先の負担を減らす。資材の高騰が続く中、サプライチェーン全体で生産効率を高め、仕入れ先の収益改善に...

2022年の新型WRCマシン『GRヤリス・ラリー1』をTOYOTA GAZOO Racingが初公開

12月6日、TOYOTA GAZOO Racingは東京・お台場のメガウェブで2022年体制発表を実施。この中で、来シーズン以降のWRC世界ラリー選手権に投入される新型ラリー …

2022年の新型WRCマシン『GRヤリス・ラリー1』をTOYOTA GAZOO Racingが初公開 | ラリー/WRC | autosport web
 12月6日、TOYOTA GAZOO Racingは東京・お台場のメガウェブで2022年体制発表を実施。この中で、来シーズン以降のWRC世界ラリー選手権に投入される新型ラリーマシン『トヨタGRヤリス・ラリー1』が世界初公開された。 トヨタのWRCプログラムを担うTOYOTA GAZOO Racing
タイトルとURLをコピーしました