新型「WRX」この形とサイズが必然であった理由 | スポーツカー

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

新型「WRX」この形とサイズが必然であった理由 | スポーツカー

スバルから新型「WRX S4」が登場した。WRXはスバルのスポーティ志向のセダンで、「インプレッサWRX」として初代が誕生したのは、1992年のこと。

新型「WRX」この形とサイズが必然であった理由 | スポーツカー
スバルから新型「WRX S4」が登場した。WRXはスバルのスポーティ志向のセダンで、「インプレッサWRX」として初代が誕生したのは、1992年のこと。当時、世界ラリー選手権(WRC)に参戦していたスバルが、そのベース…

変貌を遂げたその中身とは? 生まれ変わったスバルWRX S4のプロトタイプに初試乗!(ENGINE …

昨年フルモデルチェンジしたレヴォーグに続き、間もなく2代目が登場するスバルのスポーツ・セダン、WRX S4。そのプロトタイプにいち早く乗る機会を得た。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

グランツーリスモの資質あり! スバル・レヴォーグ&フォレスター、同じ1.8ℓ水平対向4気筒直噴 …

スバルの最新ボクサーエンジン、CB18型1.8ℓ直噴ターボを搭載するレヴォーグとフォレスターを710kmのロングドライブに連れ出した。能登半島からスバル …

グランツーリスモの資質あり! スバル・レヴォーグ&フォレスター、同じ1.8ℓ水平対向4気筒直噴ターボ搭載モデル 710km走って燃費を比べてみた
スバルの最新ボクサーエンジン、CB18型1.8ℓ直噴ターボを搭載するレヴォーグとフォレスターを710kmのロングドライブに連れ出した。能登半島からスバル本社(東京・恵比寿)まで、どちらがグランツーリスモの素養が高かったか? 両車の燃費も比較してみた。

スバル新型「WRX」この形とサイズが必然であった理由。北米で愛される … – Yahoo!ファイナンス

スバルから新型「WRX S4」が登場した。WRXはスバルのスポーティ志向のセダンで、「インプレッサWRX」として初代が.

ニュース・コラム - Yahoo!ファイナンスニュース・コラム - Yahoo!ファイナンス
Yahoo!ファイナンス「ニュース・コラム」では、通信社・新聞社・出版社・専門サイトが配信した、投資やビジネスに関する記事をご覧いただけます。

スバルが大幅続落、第3四半期は10.5%営業減益で着地 – ニュース・コラム – Y!ファイナンス

スバル興業 <9632> が大幅続落している。9日の取引終了後に発表した第3四半期累計(2~10月)連結決算が、売上高.

ニュース・コラム - Yahoo!ファイナンスニュース・コラム - Yahoo!ファイナンス
Yahoo!ファイナンス「ニュース・コラム」では、通信社・新聞社・出版社・専門サイトが配信した、投資やビジネスに関する記事をご覧いただけます。

スバル興業が急落、22年1月期第3四半期は2ケタの営業減益に – Yahoo!ファイナンス

スバル興業 <9632> が続落し、一時610円安の8300円を付けている。9日引け後、22年1月期第3四半期(21年.

ニュース・コラム - Yahoo!ファイナンスニュース・コラム - Yahoo!ファイナンス
Yahoo!ファイナンス「ニュース・コラム」では、通信社・新聞社・出版社・専門サイトが配信した、投資やビジネスに関する記事をご覧いただけます。

いまだ全盛なのは日本だけ! 自動車のトランスミッション「CVT」の未来は非常に厳しかった …

CVTはスバルが実用化して世界で初めて市販車に搭載した. クルマの変速機構を大別すると、MT(マニュアル・トランスミッション)かAT(オートマチック・ …

いまだ全盛なのは日本だけ! 自動車のトランスミッション「CVT」の未来は非常に厳しかった
エンジン運転領域の最大効率回転域を使う自動変速トランスミッションとして注目されたCVTだが、現在はトルクコンバーター+ギア式ミッションの進化により、その優位性はほとんど失われ、小排気量車にわずかに残るのみとなった。そんなCVTはどんなトランスミッションなのか、詳しく解説する。

2021-2022年度の日本カー・オブ・ザ・イヤー選出『ニッサン・ノート』斎藤聡 – autosport web

2021-2022年度の日本カー・オブ・ザ・イヤー選出『ニッサン スバル BRZ【768688】. このフォトが使われている記事へ © COTY …

スバル BRZ | 2021-2022年度の日本カー・オブ・ザ・イヤー選出『ニッサン・ノート』斎藤聡、佐野弘宗が受賞理由を語るの画像・写真(1) | autosport web

日産「ノート」が「2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤー」受賞 – Car Watch

2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤーの10ベストカー. ・トヨタ「GR86」/スバル「BRZ」(トヨタ自動車/SUBARU) ・トヨタ「MIRAI」(トヨタ自動車)

日産「ノート」が「2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤー」受賞
“今年の1台”を決定する「2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終選考会・表彰式が12月10日に開催され、日産自動車「ノート」「ノート オーラ」「ノート オーラ NISMO」「ノート AUTECH CROSSOVER」がイヤーカーに選ばれた。

新型「WRX」この形とサイズが必然であった理由

新型「WRX S4」の価格(税込み)は400万4000円~477万4000円(写真:SUBARU) スバルから新型「WRX S4」が登場した。WRXはスバルのスポーティ志向のセダン …

指定されたページは存在しません|au Webポータル
タイトルとURLをコピーしました