トヨタ新型「GRカローラ」お披露目間近!? SNSに「匂わせ画像」を連投! 自然吸気 エンジン&GR …

トヨタ新型「GRカローラ」お披露目間近!? SNSに「匂わせ画像」を連投! 自然吸気エンジン&GR …

米国トヨタは、2021年10月27日に続いて、12月5日に「カローラハッチバック」(日本名:カローラスポーツ)のGR仕様を匂わせる画像を投稿しています。

トヨタ新型「GRカローラ」お披露目間近!? SNSに「匂わせ画像」を連投! 自然吸気エンジン&GR Four搭載か
米国トヨタは、2021年10月27日に続いて、12月5日に「カローラハッチバック」(日本名:カローラスポーツ)のGR仕様を匂わせる画像を投稿しています。果たして、登場の伏線なのでしょうか。

トヨタ新型「ノア」デザイン先行公開! ド派手な「レッドカラー」設定!? 新型「ヴォクシー」と …

トヨタのミドルサイズミニバン「ノア」と「ヴォクシー」(あわせて、通称ノアヴォク)が8年ぶりにフルモデルチェンジし、新型となる4代目モデルが2022年1月 …

トヨタ新型「ノア」デザイン先行公開! ド派手な「レッドカラー」設定!? 新型「ヴォクシー」とキャラの違いをどう表現?(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 トヨタのミドルサイズミニバン「ノア」と「ヴォクシー」(あわせて、通称ノアヴォク)が8年ぶりにフルモデルチェンジし、新型となる4代目モデルが2022年1月に発売されます。

次期型いつ出る? 根強い人気誇るトヨタ「シエンタ」 現行人気仕様はいくらで買える?(くるまの …

通常のミニバンよりひと回り小型なコンパクトミニバン。 その代表格ともいえるのが、トヨタ「シエンタ」です。

次期型いつ出る? 根強い人気誇るトヨタ「シエンタ」 現行人気仕様はいくらで買える?(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 通常のミニバンよりひと回り小型なコンパクトミニバン。    その代表格ともいえるのが、トヨタ「シエンタ」です。

なぜトヨタ超小型SUV「アイゴクロス」はガソリン車のみ? 電動化が進む欧州でHVが無い理由 …

トヨタが欧州で販売するコンパクトカー「アイゴ」の派生モデルとして、クロスオーバーSUVに仕立てた「アイゴクロス」が2022年春に同市場で発売されます。

なぜトヨタ超小型SUV「アイゴクロス」はガソリン車のみ? 電動化が進む欧州でHVが無い理由(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 トヨタが欧州で販売するコンパクトカー「アイゴ」の派生モデルとして、クロスオーバーSUVに仕立てた「アイゴクロス」が2022年春に同市場で発売されます。

トヨタおひざ元の激戦区 販売店生き残り戦略、心動かすおもてなし – 朝日新聞デジタル

トヨタ自動車のおひざもとにある有力販売会社が社名を一新した。その社名「モビリティ」に込めた思いや、競争環境の変化とは。「トヨタモビリティ東名古屋」 …

トヨタおひざ元の激戦区 販売店生き残り戦略、心動かすおもてなし:朝日新聞デジタル
 トヨタ自動車のおひざもとにある有力販売会社が社名を一新した。その社名「モビリティ」に込めた思いや、競争環境の変化とは。「トヨタモビリティ東名古屋」の山口峰伺社長に聞いた。

2人乗り「トヨタ C+pod」を2022年に一般販売。満充電で150km走行できる小型BEVの可能性 …

トヨタの超小型BEV(電気自動車)、C+pod(シーポッド)が、2022年から一般ユーザーに向けて販売される。最高速60km/h、2人乗りの超小型モビリティとは …

2人乗り「トヨタ C+pod」を2022年に一般販売。満充電で150km走行できる小型BEVの可能性【試乗】 - Webモーターマガジン
トヨタの超小型BEV(電気自動車)、C+pod(シーポッド)が、2022年から一般ユーザーに向けて販売される。最高速60km/h、2人乗りの超小型モビリティとはどんなクルマなのか。(Motor Magazine 2022年1月号より)

トヨタ12月稼働停止拡大、計9千台に影響 – NNA ASIA・日本・自動車・二輪車

【共同】トヨタ自動車は10日、田原工場(愛知県田原市)など4工場の稼働を今月、一部停止すると明らかにした。9日に判明していた2工場から拡大した。

トヨタ12月稼働停止拡大、計9千台に影響 日本・自動車・二輪車
【共同】トヨタ自動車は10日、田原工場(愛知県田原市)など4工場の稼働を今月、一部停止すると明らかにした。9日に判明していた2工場から拡大した。東南アジアの新型コロナウイルス流行に伴う部品調達難などが要…

トヨタ「カローラ/カローラツーリング」自動車安全性能におけるファイブスター賞受賞 – MOBY

国土交通省とNASVA(自動車事故対策機構)は2021年12月9日、トヨタ「カローラ/カローラツーリング」が自動車の安全性能を評価・公表する自動車アセスメント …

トヨタ「カローラ/カローラツーリング」自動車安全性能におけるファイブスター賞受賞 | MOBY [モビー]
自動車の安全性能を評価・公表する「自動車アセスメント」において、最高評価 国土交通省とNASVA(自動車事故対策機構)は2021年12月9日、トヨタ カロー...

ホットストック:トヨタ自がさえない、国内工場一時停止の影響を懸念 | ロイター

トヨタ自動車が全体が堅調な相場つきの中でさえない展開。国内工場の一時停止による影響が懸念されている。 同社は10日、国内工場の一部稼働停止を拡大 …

ホットストック:トヨタ自がさえない、国内工場一時停止の影響を懸念
同社は10日、国内工場の一部稼働停止を拡大することを明らかにした。東南アジアからの部品調達が滞ったことなどが原因。すでに停止している2ラインで稼働しない日を増やすとともに、挽回生産のために設けた休日稼働を4ラインで取りやめる。

ダイハツ・ロッキー プレミアムG HEV(FF)/トヨタ・ライズZ(FF/CVT)【試乗記】 あくまで …

人気の小型SUV「ダイハツ・ロッキー」「トヨタ・ライズ」にハイブリッド車が登場。その中身はエンジンから新開発したというシリーズ式ハイブリッドだ。

ダイハツ・ロッキー プレミアムG HEV(FF)/トヨタ・ライズZ(FF/CVT)【試乗記】 あくまで良品廉価 - webCG
人気の小型SUV「ダイハツ・ロッキー」「トヨタ・ライズ」にハイブリッド車が登場。その中身はエンジンから新開発したというシリーズ式ハイブリッドだ。シリーズ式で先を行くのは日産だが、やはりトヨタ(系)の“後出し”が強いのか!?
タイトルとURLをコピーしました