ダイハツ・ロッキー プレミアムG HEV(FF)/トヨタ・ライズZ(FF/CVT)【試乗記】 あ くまで …

ダイハツ・ロッキー プレミアムG HEV(FF)/トヨタ・ライズZ(FF/CVT)【試乗記】 あくまで …

人気の小型SUV「ダイハツ・ロッキー」「トヨタ・ライズ」にハイブリッド車が登場。その中身はエンジンから新開発したというシリーズ式ハイブリッドだ。

ダイハツ・ロッキー プレミアムG HEV(FF)/トヨタ・ライズZ(FF/CVT)【試乗記】 あくまで良品廉価 - webCG
人気の小型SUV「ダイハツ・ロッキー」「トヨタ・ライズ」にハイブリッド車が登場。その中身はエンジンから新開発したというシリーズ式ハイブリッドだ。シリーズ式で先を行くのは日産だが、やはりトヨタ(系)の“後出し”が強いのか!?

良品廉価のハイブリッドでダイハツ「ロッキー」&トヨタ「ライズ」人気が再加速する | &GP

コンパクトSUVのダイハツ「ロッキー」とトヨタ「ライズ」に"シリーズ式"のハイブリッド仕様が追加された。シリーズ式のハイブリッドといえば、日産 …

良品廉価のハイブリッドでダイハツ「ロッキー」&トヨタ「ライズ」人気が再加速する | &GP
コンパクトSUVのダイハツ「ロッキー」とトヨタ「ライズ」に"シリーズ式"のハイブリッド仕様が追加された。シリーズ式のハイブリッドといえば、日産の"e-POWER"が有名。果たしてダイハツ&トヨタ版のシリーズハイブリッドは、どんな魅力を備えているのか?

ダイハツ・セニア、11月は新モデルで3倍に – NNA ASIA・インドネシア・自動車・二輪車

ダイハツ工業のインドネシア現地法人アストラ・ダイハツ・モーター(ADM)は10日、11月に投入した小型多目的車「セニア」の同月の販売台数が1555台だっ …

ダイハツ・セニア、11月は新モデルで3倍に インドネシア・自動車・二輪車
ダイハツ工業のインドネシア現地法人アストラ・ダイハツ・モーター(ADM)は10日、11月に投入した小型多目的車「セニア」の同月の販売台数が1,555台だったと発表した。前月までの月平均台数に比べて3倍近く増加し…

ダイハツ「ロッキー」&トヨタ「ライズ」に待望のHV追加! 走りも燃費も「お値段以上 …

… しやすいコンパクトなサイズがいい」、そんなユーザーの本音を形にしたモデルが、ダイハツ「ロッキー」とトヨタ「ライズ」です。 2019年11月…の写真.

ダイハツ「ロッキー」&トヨタ「ライズ」に待望のHV追加! 走りも燃費も「お値段以上」!?(くるまのニュース)の写真 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
■エンジンが発電する「シリーズハイブリッド方式」を採用「流行のクロスオーバーSUVに乗りたいけど、運転しやすいコンパクトなサイズがいい」、そんなユーザーの本音を形にしたモデルが、ダイハツ「ロッキー」とトヨタ「ライズ」です。 2019年11月...の写真

【ダイハツ・タフトGターボ】サンルーフ付き!車中泊にも最適な軽SUV《動画》 – Peachy

ダイハツのタフトGターボがイチオシ!□この商品のイチオシポイント!・今、流行りの角張ったデザイン。迫力や力強さがあり、軽自動車でも大きく …

エラー

「DOHC TURBO」の文字だけでもしびれた! 1980年代に登場した高性能ターボ車3選 | くるまの …

1977年に発売されたダイハツの新世代コンパクトカー「シャレード」は、世界初の1リッター4サイクル直列3気筒エンジンを搭載し、経済性に優れヒット作 …

「DOHC TURBO」の文字だけでもしびれた! 1980年代に登場した高性能ターボ車3選
1980年代はターボエンジンの普及によって、国産車の高性能化が一気に進み、さらに各メーカーから新たなDOHCエンジンも登場しました。そして、このターボとDOHCの合体によって、パワーアップがさらに加速。そこで、1980年代に登場した高性能なDOHCターボ車を、3車種ピックアップして紹介します。

開ければ満員御礼! それでも1月3日からオープンする新車ディーラーが激減しているワケ …

過去には、日産系の一部、ホンダ系やマツダ系、そしてスズキ、ダイハツ系ディーラーなどが、正月2日や3日から店を開け大々的に初売りを行っていたのだが、 …

開ければ満員御礼! それでも1月3日からオープンする新車ディーラーが激減しているワケ
2021年も残すところあと3週間ほどとなった。コロナ禍はまだ終わってないが、それでも日本の自動車業界は今年も大いに盛り上がった。納期は遅れ気味でも、新車の売れ行きは比較的好調だったといえよう。そんな自動車業界は年明け早々から勝負が始まる。そう。「お正月商戦」だ。果たして、新年早々ディーラーに行く意味はあるのだろうか。

今年も『N-BOX』がトップ、カーリース人気ランキング…定額カルモくん2022年 | レスポンス …

一方で、ダイハツ『タフト』(6位)や日産『ルークス』(8位)が新たにランクインしている。 世代別のトップはZ世代がハスラー、ミレニアル世代とX世代がN-BOX。

今年も『N-BOX』がトップ、カーリース人気ランキング…定額カルモくん2022年 | レスポンス(Response.jp)
定額カーリース「おトクにマイカー 定額カルモくん」を運営するナイルは12月7日、「2021年 人気のカーリース車種ランキング」を発表。ホンダ『N-BOX』が1位となった。

2021年乗って良かったクルマ – ニュース – エキサイト

ダイハツ・ロッキーとトヨタ・ライズはシリーズハイブリッドの「e:smart」を追加したがモデルチェンジではない。 強いていえば、スズキのワゴンRスマイルが …

このURLの記事はみつかりませんでした - エキサイトニュース

軽トラ積載用3面開きシェル「BOO3(ブースリー)」が受注を開始。2月1日(火)新発売(2021 …

順次、ダイハツハイゼット、スズキキャリイ対応タイプの発売を予定しています。 移動販売車/キャンピングシェルとして. 荷台に固定したシェルの左右後部の3面 …

軽トラ積載用3面開きシェル「BOO3(ブースリー)」が受注を開始。2月1日(火)新発売(2021年12月13日)|BIGLOBEニュース
軽トラ積載用キャンピングシェル「トラベルハウス」を製造販売する株式会社自遊空間は、軽トラ積載用3面開きシェル「BOO3(ブースリー)」を2022年2月1日(火)より新発売、自…|BIGLOBEニュース
タイトルとURLをコピーしました