F1技術解説:初心者向け空力学…レースをより楽しむために知っておきたい6つの 視点

F1技術解説:初心者向け空力学…レースをより楽しむために知っておきたい6つの視点

何故F1では空力が重要視されるのか? ウイングやバージボードといったエアロパーツにはどのような役割と効果があるのだろうか? ここではF1( …

F1技術解説:初心者向け空力学…レースをより楽しむために知っておきたい6つの視点 | F1ニュース速報/解説【Formula1-Data】
空力学(エアロダイナミクス)とは何か? 何故F1では空力が重要視されるのか? ウイングやバージボードといったエアロパーツにはどのような役割と効果があるのだろうか? ここではF1(モータースポーツ)初心者向けに、知っておくとよりF1を楽しめると思われる空力の基本的な全体像を噛み砕いてみた。

変わりつつあるF1のスポンサー事情。広告塔の域を超えたより深いパートナーシップへ

F1はいつの日からか、自分たちに寄せられる批判をなんとかしなければならないと自覚するようになった。増加し続けるコストはどうにもできず、大量 …

変わりつつあるF1のスポンサー事情。広告塔の域を超えたより深いパートナーシップへ
かつてはタバコ広告などがマシンを彩っていたF1。しかしそれから数十年が経ち、スポンサーシップの形は新しい時代に突入しつつある。

【特集】変わりつつあるF1のスポンサー事情。広告塔の域を超えたより深いパートナーシップへ

F1はいつの日からか、自分たちに寄せられる批判をなんとかしなければならないと自覚するようになった。増加し続けるコストはどうにもできず、 …

【特集】変わりつつあるF1のスポンサー事情。広告塔の域を超えたより深いパートナーシップへ(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 F1はいつの日からか、自分たちに寄せられる批判をなんとかしなければならないと自覚するようになった。増加し続けるコストはどうにもできず、大量にガソリンを消費するV8エンジンは資源の無駄遣いだとして格

F1分析:レッドブルの“ハイレーキ”がルール変更の影響を受けなかった理由

F1バーレーンGPでは、メルセデスが勝利を収めたが、F1プレシーズンテスト、そして、開幕戦の週末ではレッドブル・ホンダが最速のマシンであること …

F1分析:レッドブルの“ハイレーキ”がルール変更の影響を受けなかった理由
“ハイレーキ”コンセプトを採用するレッドブル・ホンダの2021年F1マシン『RB16B』は、“ローレーキ”のメルセデスに対して2021年の空力ルール変更の影響を受けなかったようだ。それを決定づけた主な部分は“ディフューザー”にあると MOTORSPORTWEEK は分析する。F1バーレーンGPでは、メルセデスが勝利を収...

地元の反対受けるF1マイアミGP。市長と主催者が新たなプランを提示、実現への道を探る

将来マイアミのストリートでグランプリレースを開催するというF1の計画は、以前プロジェクトに反対していたマイアミガーデンズ市長のロドニー・ …

地元の反対受けるF1マイアミGP。市長と主催者が新たなプランを提示、実現への道を探る | F1 | autosport web
 将来マイアミのストリートでグランプリレースを開催するというF1の計画は、以前プロジェクトに反対していたマイアミガーデンズ市長のロドニー・ハリスの助力によって大きな後押しを受けた。 南フロリダをアメリカにおけるふたつ目のレース会場としてF1カレンダーに追加するというリバティ・メディアの試みは、この2年の間にいくつかの障...

レッドブルF1代表 「ホンダF1は最後のエンジンで限界を押し広げた」

レッドブル・ホンダは、2021年の世界選手権の開幕戦となったF1バーレーンGPでマックス・フェルスタッペンがポールポジションを獲得。ホンダのF1 …

レッドブルF1代表 「ホンダF1は最後のエンジンで限界を押し広げた」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ホンダF1がラストイヤーに生み出したエンジンは“限界を押し広げた”と称賛する。レッドブル・ホンダは、2021年の世界選手権の開幕戦となったF1バーレーンGPでマックス・フェルスタッペンがポールポジションを獲得。ホンダのF1エンジン/パワーユニットが開幕戦でポー...

ウイリアムズF1のラッセル、開幕戦でマシンの向上を確認「今年は何度か入賞したい」

ウイリアムズF1チームは、2019年にはわずか1ポイントしか獲得できず、2020年にはノーポイントに終わった。伝統あるF1チームであるウイリアムズ …

ウイリアムズF1のラッセル、開幕戦でマシンの向上を確認「今年は何度か入賞したい」(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 ウイリアムズF1チームは、2019年にはわずか1ポイントしか獲得できず、2020年にはノーポイントに終わった。伝統あるF1チームであるウイリアムズは、果たして今シーズンはポイントを獲得できるだろう

レッドブルF1幹部 「角田裕毅は近いうちに表彰台に上がると確信」

レッドブルのドライバー育成プログラムの責任者であるヘルムート・マルコは、2021年にFIA-F2からアルファタウリ・ホンダでF1にステップアップを …

レッドブルF1幹部 「角田裕毅は近いうちに表彰台に上がると確信」
レッドブル・ホンダF1のヘルムート・マルコは、角田裕毅はF1で表彰台に上がるだけでなく、勝利を手にするのは時間の問題だと感じていると語る。レッドブルのドライバー育成プログラムの責任者であるヘルムート・マルコは、2021年にFIA-F2からアルファタウリ・ホンダでF1にステップアップを果たした角田裕毅を非常に高く評価して...

レッドブルF1幹部 「ペレスはクリーンエアではフェルスタッペンと互角」

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1バーレーンGP決勝のクリーンエアのなかではセルジオ・ペレスは、 …

レッドブルF1幹部 「ペレスはクリーンエアではフェルスタッペンと互角」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1バーレーンGP決勝のクリーンエアのなかではセルジオ・ペレスは、マックス・フェルスタッペンと互角の速さを見せていたと語る。過去2年でピエール・ガスリーとアレクダンダー・アルボンがマックス・フェルスタッペンのパフォーマンスに近づくことに苦労したこ...

2022年カレンダー入り目指すF1マイアミGP、地元市長の支持が開催実現の追い風となるか

2022年のF1カレンダー入りを目指すマイアミGPは、マイアミ・ガーデンズの市長が開催を支持する側に回ったことで、実現への期待が高まっている …

2022年カレンダー入り目指すF1マイアミGP、地元市長の支持が開催実現の追い風となるか
2022年のF1カレンダー入りを目指すマイアミGPは、マイアミ・ガーデンズの市長が開催を支持する側に回ったことで、実現への期待が高まっている。
タイトルとURLをコピーしました