カッコいい!!! これ欲しい!! 北米セダンの星アルティマはニッサンを救うのか – ベス トカー

カッコいい!!! これ欲しい!! 北米セダンの星アルティマはニッサンを救うのか – ベストカー

文:立花義人、エムスリープロダクション写真:NISSAN. 【画像ギャラリー】かっこよすぎ!! ぜひ日本にも導入を!! 海外で人気の日産セダン「アルティマ」 …

カッコいい!!! これ欲しい!! 北米セダンの星アルティマはニッサンを救うのか - 自動車情報誌「ベストカー」
日産が北米と中国で販売している「アルティマ」。セダン市場が縮小している日本ではピンと来ないかもしれないが、現地日産の中核モデルとして、重要な役割を果たしている。そんなアルティマの魅力と、北米・中国・日本におけるセダンの今後について考える。

カッコいい!!! これ欲しい!! 北米セダンの星アルティマはニッサンを救うのか – Yahoo!ニュース

日産が北米と中国で販売しているエントリーラージセダン「アルティマ」。先代モデルまで、日本の「ティアナ」と姉妹車だったアルティマは、セダン市場が縮小 …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

【訃報】ニスモ鈴木豊監督亡くなる。GT500車両開発などを担い最強チームを率いる | スーパーGT …

12月20日、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)は、レース部長でスーパーGT GT500クラスに参戦するNISMOのチーム監督兼GT500車両開発 …

【訃報】ニスモ鈴木豊監督亡くなる。GT500車両開発などを担い最強チームを率いる | スーパーGT | autosport web
 12月20日、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)は、レース部長でスーパーGT GT500クラスに参戦するNISMOのチーム監督兼GT500車両開発チーフエンジニアを務めていた鈴木豊さんが12月19日に亡くなったと発表した。享年56。

アオシマ、2022年4月発売の新製品を公開。「R32スカイラインGT-R」や「アルト」&「セルボ …

ニッサン スカイラインGT-Rの中でも人気の高い「R32」が「ザ☆スナップキット」シリーズに登場。カラーは、ガングレーメタリック、クリスタルホワイト、 …

アオシマ、2022年4月発売の新製品を公開。「R32スカイラインGT-R」や「アルト」&「セルボ」のセット商品などが登場
 青島文化教材社は12月20日、「アオシマニュース 4月号」を公開し2022年4月に発売予定の新製品ラインナップを発表した。

【訃報】ニスモ鈴木豊監督亡くなる。GT500車両開発などを担い最強チームを率いる|au Web …

12月20日、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)は、レース部長でスーパーGT …

【訃報】ニスモ鈴木豊監督亡くなる。GT500車両開発などを担い最強チームを率いる|au Webポータル
au Webポータル

「その手があったか!」思わず膝を打つワークス系「変化球」チューニングパーツ3選 | AUTO …

TRDやNISMOなど『ワークス』と呼ばれる企業。それぞれがトヨタやニッサンといった自動車メーカー直系といえる存在で、モータースポーツ活動やオリジナルパーツ …

「その手があったか!」思わず膝を打つワークス系「変化球」チューニングパーツ3選 | AUTO MESSE WEB ~カスタム・アウトドア・福祉車両・モータースポーツなどのカーライフ情報が満載~
メーカー直系ワークスブランドがリリースするカスタマイズアイテムはいずれも理論に裏打ちされた、クオリティの高いものばかり。今回紹介するのはその中でもちょっと変わり種のチューニングパーツだ。

「日産はこんなもんじゃない」 内田CEOが果敢に進めるパーパス経営とは

理由は、事業構造改革計画「NISSAN NEXT」を実践し日産らしさを取り戻す源は従業員にあるからです。行動指針をすべての従業員が理解し、行動するまでには一定の …

「日産はこんなもんじゃない」 内田CEOが果敢に進めるパーパス経営とは : サステナブル・ブランド ジャパン | Sustainable Brands Japan
「他がやらぬことをやる」。受け継がれてきたその精神で、世界で初めて2010年にEV(電気自動車)の量産を開始するなど脱炭素社会に向けていち早く取り組んできた日産自動車。

オーテックジャパンとニスモ、2022年4月に統合 ブランド力を一層強化しグローバルに事業拡大 …

… 隆夫社長、神奈川県茅ケ崎市)と、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ、社長は片桐氏が兼務、横浜市鶴見区)を統合し、2022年4…

オーテックジャパンとニスモ、2022年4月に統合 ブランド力を一層強化しグローバルに事業拡大|自動車メーカー|紙面記事
特装とモータースポーツのノウハウを融合(ニスモのレース車両) 日産自動車は17日、関連会社のオーテックジャパン(片桐隆夫社長、神奈川県茅ケ崎市)と、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ、社長は片桐氏が兼務、横浜市鶴見区)を統合し、2022年4…

ボルボ、主力のミッドサイズワゴン『V60 B4』に新開発DCTを採用。燃料消費率が12.4%も向上 …

ニッサン車選出は10年ぶり。ハイブリッドコンパクトカー『ノート』日本カー・オブ・ザ・イヤー2021-22受賞 · クルマ 2021/12/10.

ボルボ、主力のミッドサイズワゴン『V60 B4』に新開発DCTを採用。燃料消費率が12.4%も向上 | クルマ | autosport web
 2018年10月のフルモデルチェンジ以降、新世代ボルボの主力としてラインアップを牽引するミッドサイズステーションワゴン『ボルボV60』の"B4"パワートレイン搭載車に、新開発7速DCT(デュアル・クラッチトランスミッション)を搭載する一部改良が実施された。これにより、WLTCモードによる燃料消費率が従来の13.7Km...

「EVオンリー」に踏み切れない日産をさいなむ過去の失敗 大胆な戦略打ち出しEVや電池での …

… て世界的なEVシフトの波に乗り遅れていた感のある日産自動車も電動化戦略をまとめた長期ビジョン「ニッサンアンビション2030」を策定した。

「EVオンリー」に踏み切れない日産をさいなむ過去の失敗 大胆な戦略打ち出しEVや電池での先行者利益獲得へ|企画・解説・オピニオン|紙面記事
世界中の自動車メーカーがEV関連に投資を集中し、EVラインアップの拡充を表明している 電気自動車(EV)で先頭を走るテスラを必死に追い上げようとしているようにも見えるフォルクスワーゲン(VW)が2022年から26年までの5年間にEV関連技術に520億ユーロ(約6兆8千億円)を投じる計…
タイトルとURLをコピーしました