ホンダ CBR250RR、2022年モデル発売へ…新色グラファイトブラックを採用 | レスポンス …

ホンダ CBR250RR、2022年モデル発売へ…新色グラファイトブラックを採用 | レスポンス …

ホンダは軽二輪スーパースポーツ『CBR250RR』のカラーバリエーションを変更し、2022年1月20日より発売する。

ホンダ CBR250RR、2022年モデル発売へ…新色グラファイトブラックを採用 | レスポンス(Response.jp)
ホンダは軽二輪スーパースポーツ『CBR250RR』のカラーバリエーションを変更し、2022年1月20日より発売する。

ホンダ「CBR250RR」最新モデル登場 新しい外装色を追加し発売 – Yahoo!ニュース

ホンダは、軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」のカラーバリエーションを変更し、2022年1月20日に発売します。

ホンダ「CBR250RR」最新モデル登場 新しい外装色を追加し発売(バイクのニュース) - Yahoo!ニュース
 ホンダは、軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」のカラーバリエーションを変更し、2022年1月20日に発売します。

ホンダがスーパースポーツバイク「CBR250RR」の新色を発表! – Yahoo!ニュース

ホンダが2021年12月20日、軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」のニューカラーを発表しました。

ホンダがスーパースポーツバイク「CBR250RR」の新色を発表!(webオートバイ) - Yahoo!ニュース
ホンダが2021年12月20日、軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」のニューカラーを発表しました。

ホンダ、Nシリーズ10周年記念イベント「Nのある豊かな生活と10年」レポート 佐藤可士和氏らが …

軽自動車の新シリーズの名称に「N360」に使われていた「N」を提案 本田技研工業は1948年の創業以来「技術は人のために」という考えを基本に、技術やアイデア …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

【ブログ】主催者も煽るタイトル争い。決戦を前に印象的な仕草を見せたホンダ田辺TD/F1 …

【ブログ】主催者も煽るタイトル争い。決戦を前に印象的な仕草を見せたホンダ田辺TD/F1アブダビGP現地情報(2) · 人気のタグ · 関連のニュース · F1 レース結果.

【ブログ】主催者も煽るタイトル争い。決戦を前に印象的な仕草を見せたホンダ田辺TD/F1アブダビGP現地情報(2) | Blog | autosport web
 マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンによるタイトル争いを見届けようと、約20カ月ぶりに現場へ向かった柴田久仁夫氏。タイトル争いはもちろんのこと、アブダビでは久しぶりに海外のジャーナリストたちにも再会し楽しいひと時も(それと同時に困ったことも)あったとのこと。柴田氏が現地の様子をお届けしていきます。 ────...

ホンダ、F1王座30年ぶり奪還も撤退 脱エンジンに資金と人材集中 – 朝日新聞デジタル

ホンダは2021年で撤退するF1最終シーズンのドライバー部門で、30年ぶりに王座を奪還した。優れたエンジンのブランドイメージに貢献してきただけに撤退を …

ホンダ、F1王座30年ぶり奪還も撤退 脱エンジンに資金と人材集中:朝日新聞デジタル
 ホンダは2021年で撤退するF1最終シーズンのドライバー部門で、30年ぶりに王座を奪還した。優れたエンジンのブランドイメージに貢献してきただけに撤退を惜しむ声もある。ホンダは経営資源を電気自動車(E…

ホンダ、宇宙に参入「会社の柱に」 異業種・新興が続々 – 日本経済新聞

人員も予算も限られるなか、2年でよくここまできた」。ホンダ子会社でロケット開発などを担当する本田技術研究所執行役員、小川厚は驚く。

ホンダ、ロケット参入「会社の柱に」 異業種や新興続々
「人員も予算も限られるなか、2年でよくここまできた」。ホンダ子会社でロケット開発などを担当する本田技術研究所執行役員、小川厚は驚く。ロケットエンジンの燃焼実験で見たのは、期待以上のペースで進む軽量化や安全性の向上だ。開発のきっかけは30代の開発者の提案だった。「自動車エンジンの燃焼技術など培ったノウハウがあれば、ロケッ...

ホンダ、250ccクラスのスーパースポーツモデル「CBR250RR」に新色「グラファイトブラック …

本田技研工業は12月20日、250ccクラスのスーパースポーツモデル「CBR250RR」のカラーバリエーションを変更して2022年1月20日に発売する。

ホンダ、250ccクラスのスーパースポーツモデル「CBR250RR」に新色「グラファイトブラック」採用
 本田技研工業は12月20日、250ccクラスのスーパースポーツモデル「CBR250RR」のカラーバリエーションを変更して2022年1月20日に発売する。価格は82万1700円~85万4700円。

第669回:千里の道も一歩から! 死亡事故ゼロへ向けたホンダの施策と新技術 【エディターから一 …

自社製品が関連する交通死亡事故を、2050年までにゼロにする」という目標をかかげたホンダ。四輪だけでなく、二輪も手がける彼らならではの施策とは?

第669回:千里の道も一歩から! 死亡事故ゼロへ向けたホンダの施策と新技術 【エディターから一言】 - webCG
「自社製品が関連する交通死亡事故を、2050年までにゼロにする」という目標をかかげたホンダ。四輪だけでなく、二輪も手がける彼らならではの施策とは? 技術だけでは克服できない問題にどう立ち向かうのか? 間もなく導入される新技術とともにリポートする。

「2050年交通事故死者ゼロ」は夢ではない!進化を続けるHonda SENSING【ホンダの先進安全 …

全方位へ認識範囲を拡大したHonda SENSING 360が2022年登場! ホンダは21年4月に三部敏宏氏が社長に就任した際、「2050年に全世界でホンダ …

「2050年交通事故死者ゼロ」は夢ではない!進化を続けるHonda SENSING【ホンダの先進安全技術大公開・その1】
ホンダは「2050年に全世界でホンダの二輪・四輪が関与する交通事故死者ゼロ」という壮大な目標を掲げ、本気でその実現に向けて取り組んでいる。そのために現在開発中の先進安全技術を、一挙に初公開した。舞台はF1パワーユニットの開発拠点でもあるHRD Sakura(栃木県さくら市)。果たして、その技術の実力はいかに!? まずは...
タイトルとURLをコピーしました