フェラーリ、2022年初めに新シミュレータを本格稼働へ – Motorsport

フェラーリ、2022年初めに新シミュレータを本格稼働へ – Motorsport

フェラーリは、2022年の初めに新しいF1用シミュレータを完全稼働させる予定だ。設備は既に完成しており、現在は各所の調整が行なわれているという。

フェラーリ、2022年初めに新シミュレータを本格稼働へ
フェラーリは、2022年の初めに新しいF1用シミュレータを完全稼働させる予定だ。設備は既に完成しており、現在は各所の調整が行なわれているという。

3季ぶり勝利目指すフェラーリ、ニューマシンはエンジンとシャシーに“革新”あり。新規則に柔軟な …

来たる2022年シーズンに向けてフェラーリは、多くの“革新”がもたらされたニューマシンを投入するようだ。

3季ぶり勝利目指すフェラーリ、ニューマシンはエンジンとシャシーに“革新”あり。新規則に柔軟な発想で対応
来たる2022年シーズンに向けてフェラーリは、多くの“革新”がもたらされたニューマシンを投入するようだ。

歴代フェラーリの中で一番ダメグルマ! だからこそ愛も深かった348tb【プロが選んだ思い出の …

大乗フェラーリ教開祖を自称し、数多くのフェラーリを乗り継いできた清水草一さん(別名:永福ランプ)に、お気に入りの愛車(フェラーリ)のベスト3を聞い …

歴代フェラーリの中で一番ダメグルマ! だからこそ愛も深かった348tb【プロが選んだ思い出の愛車・3選(永福ランプ)】
ときに舌鋒鋭く自動車をレビューするモータージャーナリストは、どのような愛車とともに人生を過ごしてきたのだろうか。大乗フェラーリ教開祖を自称し、数多くのフェラーリを乗り継いできた清水草一さん(別名:永福ランプ)に、お気に入りの愛車(フェラーリ)のベスト3を聞いてみた。 TEXT●永福ランプ(EIFUKU Ramp)

“フェラーリ”坂本花織2大会連続五輪へ首位「私は動けば動くほど動ける」 – 日刊スポーツ

フェラーリ花織”が重圧をはね返した。北京五輪代表3枠入りで2大会連続出場を目指す坂本花織(21=シスメックス)が首位に立った。演技後半で得点源となる …

“フェラーリ”坂本花織2大会連続五輪へ首位「私は動けば動くほど動ける」 - フィギュア : 日刊スポーツ
“フェラーリ花織”が重圧をはね返した。北京五輪代表3枠入りで2大会連続出場を目指す坂本花織(21=シスメックス)が首位に立った。演技後半で得点源となるフリップ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

フェラーリが日本販売3年連続増加! スーパーカーの王者たる秘密とは?

フェラーリの快進撃が止まらない。先だって発表された今年1〜9月の出荷ベース世界新車販売の結果は、なんと前年同期比+27%(!)の総販売台数8206台。

フェラーリが日本販売3年連続増加! スーパーカーの王者たる秘密とは? - 自動車情報誌「ベストカー」
今年もコロナ禍の1年が終わろうとしている。各社の新車販売も乱高下する中、着実に販売数を伸ばしているブランドがある。実はフェラーリなのだ。その裏にはオーナーの心を掴む魅力的な顧客戦略と商品企画力があった。今回はこの時代にも強いフェラーリの「強み」を探ってみる!

“自分はフェラーリ”坂本花織SP首位 – 日テレNEWS24

… ショートプログラムに臨みました。坂本選手は79.23点の自己ベストを記録し首位。演技後には先生たちに“フェラーリ”と言われていることも明かしました。

https://www.news24.jp/articles/2021/12/24/09998245.html

最高落札価格は衝撃の「54億円超」のフェラーリ! 一般人には理解不能なオークションの世界とは …

オークション史上最高値がついたのは1962年式フェラーリ250GTOの4840万5000ドル. □フェラーリクラシケによる認証がフェラーリの価格高騰を招いている.

最高落札価格は衝撃の「54億円超」のフェラーリ! 一般人には理解不能なオークションの世界とは
日本でもときおり話題に上る海外のオートオークションでのリザルト。その落札価格は1億円は当たり前で、なかには50億円以上でハンマープライスされるクルマもある。そこで今回は、過去最高額で落札されたフェラーリと、なぜフェラーリがこれほどまでに高額化するかを解説する。

フェラーリF1代表 「2022年F1マシンとエンジンで多くの革新を実現」

2020年にフェラーリF1はコンストラクターズ選手権6位という40年間で最悪のシーズンに耐えることになったが、2021年は挽回し、マクラーレンを倒してランキング3位 …

フェラーリF1代表 「2022年F1マシンとエンジンで多くの革新を実現」
フェラーリF1は、2022年F1マシンとエンジンが、F1グリッドの先頭に返り咲くための“多くの革新”を特徴としていることを示唆した。2020年にフェラーリF1はコンストラクターズ選手権6位という40年間で最悪のシーズンに耐えることになったが、2021年は挽回し、マクラーレンを倒してランキング3位でシーズンを終えた。

フェラーリ初FUV「プロサングエ」最新プロダクション仕様をスクープ。V12モデルは1000ps超か …

「296GTB」から流用されるV型6気筒ツインターボPHEV採用か フェラーリ初のFUV(フェラーリ・ユーティリティ・ビークル)、「プロサングエ」市販型 …

フェラーリ初FUV「プロサングエ」最新プロダクション仕様をスクープ。V12モデルは1000ps超か? | clicccar.com
■「296GTB」から流用されるV型6気筒ツインターボPHEV採用か フェラーリ初のFUV(フェラーリ・ユーティリティ・ビークル)、「プロサングエ」市販型プロトタイプが再び出現し、カメラがテストの様子を捉えました。

ハースF1チームのミック・シューマッハが来季はフェラーリのリザーブも兼任 – TopNews

フェラーリが、ミック・シューマッハ(ハース)を2022年のリザーブドライバーに起用することを明らかにした。 2021年にF1デビューを飾ったミック・ …

ハースF1チームのミック・シューマッハが来季はフェラーリのリザーブも兼任 - TopNews
TopNews(トップニュース)は、F1や自動車ニュースをLive速報で毎日提供しています。
タイトルとURLをコピーしました