レッドブルF1のマルコ、メルセデス移籍のラッセルがハミルトンと競い合えば「我 々の …

レッドブルF1のマルコ、メルセデス移籍のラッセルがハミルトンと競い合えば「我々の …

レッドブルF1のマルコ、メルセデス移籍のラッセルがハミルトンと競い合えば「我々のアドバンテージになる」と予想. autosport web Translation: AKARAG …

レッドブルF1のマルコ、メルセデス移籍のラッセルがハミルトンと競い合えば「我々のアドバンテージになる」と予想 | F1 | autosport web
 レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2022年シーズンにメルセデスでジョージ・ラッセルとルイス・ハミルトンが対戦することは、レッドブルにとって有益になるだろうと考えている。

ウォルフとホーナーの争いは「何の利益にもならない個人的な衝突」とF1ドメニカリCEO。関係 …

F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、レッドブルとメルセデスは関係を修復する必要があり、それぞれのチーム代表同士の個人的な衝突は"何の利益も …

ウォルフとホーナーの争いは「何の利益にもならない個人的な衝突」とF1ドメニカリCEO。関係改善を望む | F1 | autosport web
 F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、レッドブルとメルセデスは関係を修復する必要があり、それぞれのチーム代表同士の個人的な衝突は"何の利益ももたらさない"と主張している。 レッドブルのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーと、メルセデスのチーム代表を務めるトト・ウォルフは、各々のチームとドライバーたちが世界...

F1王者メルセデス、2022年型マシン『W13』を初始動、動画を公開「新しい時代 … – autosport web

メルセデスF1チームは、2022年型マシン『W13』を初始動、その様子を示す動画を公開した。 2021年に8年連続F1コンストラクターズチャンピオンに輝いた …

F1王者メルセデス、2022年型マシン『W13』を初始動、動画を公開「新しい時代が今、始まった」 | F1 | autosport web
 メルセデスF1チームは、2022年型マシン『W13』を初始動、その様子を示す動画を公開した。 2021年に8年連続F1コンストラクターズチャンピオンに輝いたメルセデスは、ファクトリーでW13のファイアアップを行い、その瞬間の様子を12月23日にSNSを通して披露した。2022年型車のパワーユニット始動を公開したのは、...

レッドブルF1首脳 「2022年F1マシンの開発はメルセデスとほぼ同等」 【 F1-Gate .com 】

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、メルセデスと“ほぼ同等”の2022年F1マシンを開発していると信じており、来季も2 …

レッドブルF1首脳 「2022年F1マシンの開発はメルセデスとほぼ同等」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、メルセデスと“ほぼ同等”の2022年F1マシンを開発していると信じており、来季も2チームが再び最前線に立つと考えている。F1マシンの製造方法を劇的に変える大幅なレギュレーション変更によって、2022年以降にF1チームがいじれるパワーメーターは厳し...

ホンダF1、30年ぶりの栄冠の裏側に迫る。1月2日にNHK BS1でドキュメンタリー番組が放送 …

2021年シーズンのF1世界選手権はマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)が同点で最終戦アブダビGPを迎えた …

ホンダF1、30年ぶりの栄冠の裏側に迫る。1月2日にNHK BS1でドキュメンタリー番組が放送(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 2021年シーズンのF1世界選手権はマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)が同点で最終戦アブダビGPを迎えた中、決勝のファイナルラップでフェルスタッペン

マックス・フェルスタッペン 「ペレスはレッドブルF1のナンバー2ではない」 【 F1-Gate .com 】

F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、セルジオ・ペレスは“チームメイト”であり、レッドブルの“ナンバー2”ではないと語る。

マックス・フェルスタッペン 「ペレスはレッドブルF1のナンバー2ではない」
F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、セルジオ・ペレスは“チームメイト”であり、レッドブルの“ナンバー2”ではないと語る。マックス・フェルスタッペンは、自分の勝利の可能性のためにレースを捨ててルイス・ハミルトンを意図的に抑えてくれたセルジオ・ペレスの行動を称賛する。

第4期ホンダF1活動の6年間の戦い その2:2018-2021年トロロッソ-アルファタウリ編(くるくら …

若手育成チームと再出発. 2021年F1グランプリデビューを果たした角田裕毅は、シリーズ第22戦年度最後のレースで今季自己最上位の4 …

第4期ホンダF1活動の6年間の戦い その2:2018-2021年トロロッソ-アルファタウリ編(くるくら) - Yahoo!ニュース
2015年シーズンから始まったホンダの第4期F1活動も今シーズン2021年で幕引きとなる。この6年間のホンダの戦いにおいて、第2シーズンと言える2018年から2021年までのトロロッソ-アルファタウ

【動画】 メルセデスF1、2022年F1マシン『W13』のエンジンを初始動

最新F1パワーユニット『M13 Eパフォーマンス』のサウンドを公開した。 2021年の最終戦F1アブダビGPから2週間も経っていないが、メルセデスF1は12月23日(木)に …

【動画】 メルセデスF1、2022年F1マシン『W13』のエンジンを初始動
メルセデスF1は、2022年F1マシン『W13』のエンジンを初始動。最新F1パワーユニット『M13 Eパフォーマンス』のサウンドを公開した。2021年の最終戦F1アブダビGPから2週間も経っていないが、メルセデスF1は12月23日(木)に2022年F1マシン『W13』のエンジンを初始動させた短いビデオを公開した。

フェラーリ、2022年のF1新車発表は2月中旬に予定「今後数週間以内に日程を確定させる …

F1アブダビポストシーズンテスト F1は2022年から、オーバーテイクをより容易にすることを目的に、マシンの空力性能に焦点を当てた大幅なレギュレーション …

フェラーリ、2022年のF1新車発表は2月中旬に予定「今後数週間以内に日程を確定させる」(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 フェラーリのマッティア・ビノットは、恒例となっているクリスマス・メディアイベントで、2022年マシンについて2月中旬に発表する予定だと明かした。

レッドブルF1、チーム代表のクリスチャン・ホーナーと2026年まで契約延長 – F1-Gate.com

レッドブルF1は、クリスチャン・ホーナーとの契約を延長。少なくも2026年までレッドブル・レーシングのチーム代表を務めることにんる。

レッドブルF1、チーム代表のクリスチャン・ホーナーと2026年まで契約延長
レッドブルF1は、クリスチャン・ホーナーとの契約を延長。少なくも2026年までレッドブル・レーシングのチーム代表を務めることにんる。クリスチャン・ホーナーは、2005年にチームプリンシパルとしてレッドブルF1に加わり、今年のマックス・フェルスタッペンのタイトルを含めて、5回のドライバーズチャンピオンと4回のコンストラク...
タイトルとURLをコピーしました