「超ショック…」 ホンダ「シャトル」廃止報道 貴重な5ナンバーワゴンに惜別の声 (乗りもの …

「超ショック…」 ホンダ「シャトル」廃止報道 貴重な5ナンバーワゴンに惜別の声(乗りもの …

「廃盤超ショック……」 「もったいない」 2021年12月23日(木)、ホンダが「次世代車の開発を急ぐべく」、新たに3車種の国内販売を2022年に終了すると読売 …

「超ショック…」 ホンダ「シャトル」廃止報道 貴重な5ナンバーワゴンに惜別の声(乗りものニュース) - Yahoo!ニュース
「廃盤超ショック……」 「もったいない」  2021年12月23日(木)、ホンダが「次世代車の開発を急ぐべく」、新たに3車種の国内販売を2022年に終了すると読売新聞が報じ、Twitterでは「次

ホンダF1、30年ぶりの栄冠の裏側に迫る。NHK BS1でドキュメンタリー番組が放送 – autosport web

BS1スペシャル『30年ぶりの栄冠!ホンダF1最後の闘い』がNHK BS1で1月2日に放送される【772171】. このフォトが使われている記事へ © NHK …

BS1スペシャル『30年ぶりの栄冠!ホンダF1最後の闘い』がNHK BS1で1月2日に放送される | ホンダF1、30年ぶりの栄冠の裏側に迫る。1月2日にNHK BS1でドキュメンタリー番組が放送の画像・写真(1) | autosport web

ホンダ、新型「ステップ ワゴン」「ヴェゼル e:HEV Modulo X」「シビック TYPE R プロトタイプ …

本田技研工業は12月24日、新型「ステップ ワゴン」をベースとしたカスタムモデル「ステップ ワゴン e:HEV SPADA Concept」のほか、現在開発を …

ホンダ、新型「ステップ ワゴン」「ヴェゼル e:HEV Modulo X」「シビック TYPE R プロトタイプ」を「東京オートサロン2022」で公開
 本田技研工業は12月24日、新型「ステップ ワゴン」をベースとしたカスタムモデル「ステップ ワゴン e:HEV SPADA Concept」のほか、現在開発を進める「ヴェゼル e:HEV Modulo X」「シビック TYPE R」の実車を「東京オートサロン 2022」(2022年1月14日~16日開催:幕張メッセ)...

ホンダのブースに新型「シビック タイプR」と新型「ステップワゴン」のカスタマイズバージョン …

本田技研工業は2021年12月24日、カスタマイズカーの祭典「東京オートサロン2022」(開催期間:2022年1月14日~16日)への出展概要を発表した。

価格.com - ホンダのブースに新型「シビック タイプR」と新型「ステップワゴン」のカスタマイズバージョン登場【東京オートサロン2022】
本田技研工業は2021年12月24日、カスタマイズカーの祭典「東京オートサロン2022」(開催期間:2022年1月14日〜16日)への出展概要を発表した。今回、ホンダは「e:HEV」「Nシリーズ」「スポーツモデル」の3つをテーマに展示を行...

ホンダ CR-V の兄貴分、中型SUV『パスポート』…2022年型を生産開始

ホンダの米国部門は12月21日、『パスポート』(Honda Passport)の2022年モデルの生産を米国アラバマ州リンカーン工場で開始した、と発表した。

ホンダ CR-V の兄貴分、中型SUV『パスポート』…2022年型を生産開始 | レスポンス(Response.jp)
◆16年ぶりに車名復活した現行モデル ◆オフロード仕様車「トレイルスポーツ」の第一弾に ◆3.5リットルV6エンジン+9速AT

ホンダ新型「ステップワゴン カスタム」初公開! 新型「シビックタイプR」の実車お披露目 …

2022年1月に開催される「東京オートサロン2022」で、ホンダは型「ステップワゴン」のカスタム仕様や新型「シビックタイプR」などをお披露目することを発表 …

ホンダ新型「ステップワゴン カスタム」初公開! 新型「シビックタイプR」の実車お披露目! 2022年1月にホンダカスタム仕様が明らかに!
2022年1月に開催される「東京オートサロン2022」で、ホンダは型「ステップワゴン」のカスタム仕様や新型「シビックタイプR」などをお披露目することを発表しました。

「超ショック…」 ホンダ「シャトル」廃止報道 貴重な5ナンバーワゴンに惜別の声

「インサイト」などホンダの3車種の廃止が報じられました。そのうち、特に惜別の声が大きかったのが、ステーションワゴンの「シャトル」。

「超ショック…」 ホンダ「シャトル」廃止報道 貴重な5ナンバーワゴンに惜別の声 | 乗りものニュース
「インサイト」などホンダの3車種の廃止が報じられました。そのうち、特に惜別の声が大きかったのが、ステーションワゴンの「シャトル」。ステーションワゴンの斜陽がいわれますが、貴重な存在でした。

ホンダ25年レベル4実用化 自動運転、3→4技術の壁高く – 日本経済新聞

自動車大手は自動運転が電気自動車(EV)と並ぶ次世代車の競争力の源泉になるとみて開発に力を入れている。自動運転の「レベル3」は高速道路など一定の条件 …

ホンダ、25年に自動運転レベル4実用化 難度は3の50倍
自動車大手は自動運転が電気自動車(EV)と並ぶ次世代車の競争力の源泉になるとみて開発に力を入れている。自動運転の「レベル3」は高速道路など一定の条件下で運転手が常に監視している必要はなく、システムが運転を担うが、非常時には運転手が対応しなければならない。「レベル4」は公道での運転も含めて非常時でもシステムが対応して危機...

【日本カーオブザイヤー2021-2022】トヨタとホンダに特別賞、3大世界選手権を制覇 | レスポンス …

日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は12月23日、トヨタGAZOOレーシングおよびホンダに「2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤー特別賞」を授与すると発表 …

【日本カーオブザイヤー2021-2022】トヨタとホンダに特別賞、3大世界選手権を制覇 | レスポンス(Response.jp)
日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は12月23日、トヨタGAZOOレーシングおよびホンダに「2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤー特別賞」を授与すると発表した。

トヨタ自動車 TOYOTA GAZOO Racingとホンダに「2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤー特別 …

本田技研工業. F1参戦ラストイヤーとなった2021年シーズン、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン選手が、最終戦アブダビGPで自身 …

トヨタ自動車 TOYOTA GAZOO Racingとホンダに「2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤー特別賞」
 日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は12月23日、トヨタ自動車 TOYOTA GAZOO Racingと本田技研工業に対し、「2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤー特別賞」の授賞を決定したと発表した。
タイトルとURLをコピーしました