F1キャリアを振り返ったライコネン、最も気に入ったマシンはMP4-20。記憶に残る勝 利のひとつ …

F1キャリアを振り返ったライコネン、最も気に入ったマシンはMP4-20。記憶に残る勝利のひとつ …

グランプリレース史上最も人気の高いドライバーのひとりであるキミ・ライコネンが、今月行われた2021年最終戦アブダビGPをもって、F1人生に幕を下ろした。

F1キャリアを振り返ったライコネン、最も気に入ったマシンはMP4-20。記憶に残る勝利のひとつは"鈴鹿での激戦" | F1 | autosport web
 グランプリレース史上最も人気の高いドライバーのひとりであるキミ・ライコネンが、今月行われた2021年最終戦アブダビGPをもって、F1人生に幕を下ろした。 モータースポーツの頂点におけるアイスマンのキャリアは、ふたつの時期に分かれている。ひとつ目は、彼が22歳だった2001年にザウバーで始まり、2009年まで続いた。好...

「ハミルトンがF1に戻ってくるとは思わない」と元F1最高責任者のバーニー・エクレストン …

現在、世界のF1ファンが注目していることのひとつは7回F1王者となった実績を持つルイス・ハミルトン(メルセデス)の去就だろう。 今季のF1最終戦アブダビGP …

「ハミルトンがF1に戻ってくるとは思わない」と元F1最高責任者のバーニー・エクレストン(TopNews) - Yahoo!ニュース
現在、世界のF1ファンが注目していることのひとつは7回F1王者となった実績を持つルイス・ハミルトン(メルセデス)の去就だろう。 今季のF1最終戦アブダビGP決勝で劇的な形で8度目のF1ドライバーズ

F1最終戦で高い壁を乗り越えたルーキー角田裕毅。ガスリーを上回った逆転セッティングと角田 …

2021年F1第22戦アブダビGPレーススタート直前のグリッド。8番グリッドに止めたマシンから降りた角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)に、担当エンジニアの …

F1最終戦で高い壁を乗り越えたルーキー角田裕毅。ガスリーを上回った逆転セッティングと角田ライン(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 2021年F1第22戦アブダビGPレーススタート直前のグリッド。8番グリッドに止めたマシンから降りた角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)に、担当エンジニアのマティア・スピニがすかさず近寄っていった。

「速さを身につけたようだ」角田裕毅のF1初年度に各メディアは好印象!本人は「怠け者」からの …

F1でのファーストシーズンを終えたアルファタウリの角田裕毅。鮮烈な印象を与えたデビュー戦バーレーン・グランプリでの9位入賞から、ルーキーゆえの …

「速さを身につけたようだ」角田裕毅のF1初年度に各メディアは好印象!本人は「怠け者」からの改善を告白(THE DIGEST) - Yahoo!ニュース
 F1でのファーストシーズンを終えたアルファタウリの角田裕毅。鮮烈な印象を与えたデビュー戦バーレーン・グランプリでの9位入賞から、ルーキーゆえの苦しい時期、そして成長を感じさせた終盤戦を経ての、自己

ファン・パブロ・モントーヤ 「20年前のF1ならペレスの行為は叩かれていた」 【 F1-Gate .com 】

元F1ドライバーのファン・パブロ・モントーヤは、F1アブダビGPでセルジオ・ペレスがマックス・フェルスタッペンに与えサポートは、自分がF1を戦っていた時代 …

ファン・パブロ・モントーヤ 「20年前のF1ならペレスの行為は叩かれていた」
元F1ドライバーのファン・パブロ・モントーヤは、F1アブダビGPでセルジオ・ペレスがマックス・フェルスタッペンに与えサポートは、自分がF1を戦っていた時代ならば好意的に受け止められることはなかっただろうと語る。ファン・パブロ・モントーヤが、2001年から2006年までF1に参戦。その時代の支配的なドライバーであるミハエ...

ハースF1、2022年F1マシン『VF-22』がクラッシュテストに合格

今季からハースF1は、エンジンサプライヤーであるフェラーリのマラネロの本拠地のファクトリー内に専用のデザインオフィスを構え、事実上の“Bチーム”としての …

ハースF1、2022年F1マシン『VF-22』がクラッシュテストに合格
ハースF1は、2022年F1マシン『VF-22』がクラッシュテストに合格し、シャシーがホモロゲートされたことを報告した。今シーズン序盤からハースF1は、新レギュレーションが導入される2022年の次世代F1マシンにリソースを集中させることを明言しており、今季マシンであるVF-21は、レギュレーションに合わせて2020年F...

レッドブルF1代表 「王座獲得でやっとホンダF1の田辺さんの笑顔が見れた」

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1アブダビGPでドライバーズチャンピオンシップを獲得して、ホンダF1のテクニカルディレクター …

レッドブルF1代表 「王座獲得でやっとホンダF1の田辺さんの笑顔が見れた」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1アブダビGPでドライバーズチャンピオンシップを獲得して、ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治が3年間で初めて笑顔をみせてくれたと冗談交じりに語った。マックス・フェルスタッペンが最終ラップでルイス・ハミルトンをオーバーテイクするという劇的な展開...

早い!メルセデス、2022年型「W13」に火入れ…ハースは「VF-22」のホモロゲーションを取得 …

ドラマティックな結末を迎えたアブダビでの最終戦から2週間足らず…コンストラクターズ選手権9連覇を目指すメルセデスは12月23日(木)、2022年型F1 …

早い!メルセデス、2022年型「W13」に火入れ…ハースは「VF-22」のホモロゲーションを取得 | F1ニュース速報/解説【Formula1-Data】
ドラマティックな結末を迎えたアブダビでの最終戦から2週間足らず…コンストラクターズ選手権9連覇を目指すメルセデスは12月23日(木)、2022年型F1マシン「W13」のファイアアップを行い、ハースは「VF-22」のホモロゲーションを取得した事を明らかにした。

「角田がクラッシュして、SCを引き起こしていたら騒ぎになっていた……」レッドブル重鎮、”劇 …

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコがインタビューに応じ、2021年F1最終戦アブダビGPのレース終盤にセーフティカーが出 …

「角田がクラッシュして、SCを引き起こしていたら騒ぎになっていた……」レッドブル重鎮、”劇的”アブダビGPを回顧
レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコがインタビューに応じ、2021年F1最終戦アブダビGPのレース終盤にセーフティカーが出された時のことを振り返り、「クラッシュしたのが角田だったら大変なことになっただろう」と語った。

【フェラーリ】2022年のF1マシンに『ミッション・ウィノウ』のロゴは描かれず – TopNews

最近、F1統括団体であるFIA(国際自動車連盟)が2022年の暫定F1エントリーリストを発表したが、そこに掲載されているフェラーリのエントリー名称はこれまで …

【フェラーリ】2022年のF1マシンに『ミッション・ウィノウ』のロゴは描かれず - TopNews
TopNews(トップニュース)は、F1や自動車ニュースをLive速報で毎日提供しています。
タイトルとURLをコピーしました