「マツダルマン優勝30周年記念」オリジナルプロダクトを発売

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

「マツダルマン優勝30周年記念」オリジナルプロダクトを発売

マツダRX-7 254、マツダ737C、そして1991年のルマン優勝を果たしたマツダ787Bの3台をプリントした記念Tシャツです。ネイビー色の生地をベース …

「マツダルマン優勝30周年記念」オリジナルプロダクトを発売
株式会社MZRacingのプレスリリース(2021年4月12日 17時30分)オリジナルプロダクトを発売

マツダ初の量産EV「MX‐30EVモデル」を試乗&開発責任者直撃「なぜ日本で500台しか …

その実力は? 待望のマツダMX‐30のEVバージョンがニッポンに登場! その走りはどんな感じ? そして、このEVモデルの狙い …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

内燃機関超基礎講座 | マツダSKYACTIV-Gのプロトタイプか[ZJ-VEM]ミラーサイクル復活機

圧縮比を高めて高効率運転を実現するオットーサイクルエンジンという仕組みを世の中に広く知らしめたマツダSKYACTIV-G。その源流とも言える …

内燃機関超基礎講座 | マツダSKYACTIV-Gのプロトタイプか[ZJ-VEM]ミラーサイクル復活機|ハッチバック|Motor-FanTECH[モーターファンテック]
圧縮比を高めて高効率運転を実現するオットーサイクルエンジンという仕組みを世の中に広く知らしめたマツダSKYACTIV-G。その源流とも言えるエンジンがZJ-VEM型である。

マツダ3の走りはどう変わる?BBSホイール「RI-A」を履いて1本3キロ、計12キロ軽量化

今回は、マツダ3を愛車とするモータージャーナリスト斎藤 聡氏が「RI-Aに履き替えたら?」をテーマにBBSホイールの真価を探った!

マツダ3の走りはどう変わる?BBSホイール「RI-A」を履いて1本3キロ、計12キロ軽量化
レースの世界でもまれ、機能性を追求してきたBBSホイール。市販用でもその技術を継承し、徹底的に鍛え上げられたのが「RI-A」である。今回は、マツダ3を愛車とするモータージャーナリスト斎藤 聡氏が「RI-Aに履き替えたら?」をテーマにBBSホ・・・

マツダ MX-30 用アンダーガーニッシュ、オートエクゼが発売…スポーティにイメチェン

オートエクゼは、マツダ『MX-30』用「アンダーガーニッシュ」を新設定し、オートエクゼ商品取扱店などを通じて発売する。 今回発売するの …

指定された情報はすでに削除されているか、まだ提供を開始していません。【 carview! 】

30年前の感動をもう一度!ル・マン24時間レースを日本車で初制覇したマツダのロータリーマシン …

マツダが誇るロータリーエンジンを搭載し、初挑戦から22年もの歳月を経て、前人未踏の偉業を達成した記念すべきクルマです。 今年は、その栄光から …

30年前の感動をもう一度!ル・マン24時間レースを日本車で初制覇したマツダのロータリーマシンが登場【オートモビルカウンシル2021】 | clicccar.com
■日本車初の偉業を達成した優勝マシンを展示 世界三大レースとして有名なフランスのル・マン24時間レース。1923年に開始されたこの歴史ある耐久レースは、主に欧州の有名メーカーが数多く参戦し、24時間という長時間の過酷な状況下で、その実力を競うレースです。

府と京滋マツダ ディーゼル車提供へ協定 災害時に無償で /京都

府は、自動車販売会社の京滋マツダ(本社・京都市南区)と「災害時等における環境性能車両の提供に関する協定」を締結した。災害時に応援のため …

府と京滋マツダ ディーゼル車提供へ協定 災害時に無償で /京都 | 毎日新聞
 府は、自動車販売会社の京滋マツダ(本社・京都市南区)と「災害時等における環境性能車両の提供に関する協定」を締結した。災害時に応援のため府職員を府内外の被災地へ派遣する際などに、同社は所有するクリーンディーゼル車を原則1カ月間、最大3台まで燃料代などを除いて無償で提供する。

MZRacingが手掛けるマツダ100周年記念アイテムに新作登場! トートバックやカップホルダーなど …

マツダ車のモータースポーツ活動の応援や情報発信などを行うMZRacing。同社が展開する、マツダの100周年を記念したオリジナルグッズの最新作 …

MZRacingが手掛けるマツダ100周年記念アイテムに新作登場! トートバックやカップホルダーなど4種を追加(WEB CARTOP)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
 さまざまなシーンで活躍する機能的なアイテム多数!  マツダ車のモータースポーツ活動の応援や情報発信などを行うMZRacing。同社が展開する、マツダの100周年を記念したオリジナルグッズの最新作として、新たに4種類をラインアップへ追加した...(ヘッドライン)

マツダ初の量産EV「MX‐30EVモデル」を試乗&開発責任者直撃「なぜ日本で500台しか …

待望のマツダMX‐30のEVバージョンがニッポンに登場! その走りはどんな感じ? そして、このEVモデルの狙いは? MX‐30EVモデルの開発 …

マツダ初の量産EV「MX‐30EVモデル」を試乗&開発責任者直撃「なぜ日本で500台しか売らないんですか?」|ニフティニュース
待望のマツダMX‐30のEVバージョンがニッポンに登場! その走りはどんな感じ? そして、このEVモデルの狙いは? MX‐30EVモデルの開発者である、MX‐30主査・竹内都美子氏、車両開発本部 操安…

純正で62個のスピーカーが用意されたクルマも! スピーカーは数が多いほどいい音で聴けるのか (1 …

最近では、マツダMAZDA3に標準装備された8スピーカー&DSPアンプ搭載のマツダ・ハーモニック・アコースティックスシステムが好例だ。 MAZDA3 …

純正で62個のスピーカーが用意されたクルマも! スピーカーは数が多いほどいい音で聴けるのか
音楽好きのドライバーなら、車内でもできるだけいい音で音楽を聴きたくなるのは当然で、純正オーディオに満足できず手を加えている人も多い。最近では、純正でも高い音質を楽しめるオーディオが搭載されていることもある。スピーカーを増やすことで良い音になるのだろうか。
タイトルとURLをコピーしました