タフすぎる! ダイハツ新型「アトレーデッキバン」でどこでもキャンプ可能!? オフ ローダーな軽 …

タフすぎる! ダイハツ新型「アトレーデッキバン」でどこでもキャンプ可能!? オフローダーな軽 …

ダイハツは、17年ぶりにフルモデルチェンジした「アトレー」に「デッキバン」を追加するとともに、2022年1月に開催される東京オートサロンにカスタムカーを …

タフすぎる! ダイハツ新型「アトレーデッキバン」でどこでもキャンプ可能!? オフローダーな軽バン登場!
ダイハツは、17年ぶりにフルモデルチェンジした「アトレー」に「デッキバン」を追加するとともに、2022年1月に開催される東京オートサロンにカスタムカーを出展します。

ダイハツ初のHV車、開発者が明かす業界初「200万円を切るSUVのHV」を実現した舞台裏(ニュー …

小型スポーツ多目的車(SUV)「ロッキー HEV」は、商用車を除きダイハツ工業にとって実質的に初めてのハイブリッド車(HV)。エンジンで発電しモーターのみ …

ダイハツ初のHV車、開発者が明かす業界初「200万円を切るSUVのHV」を実現した舞台裏(ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース
 小型スポーツ多目的車(SUV)「ロッキー HEV」は、商用車を除きダイハツ工業にとって実質的に初めてのハイブリッド車(HV)。エンジンで発電しモーターのみで走行する。ダイハツ車らしく日常の運転で便

タフすぎる! ダイハツ新型「アトレーデッキバン」でどこでもキャンプ可能!? オフローダーな軽 …

ダイハツは、2021年12月20日に軽自動車「アトレー」を17年ぶりにフルモデルチェンジして発売しました。

タフすぎる! ダイハツ新型「アトレーデッキバン」でどこでもキャンプ可能!? オフローダーな軽バン登場!(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 ダイハツは、2021年12月20日に軽自動車「アトレー」を17年ぶりにフルモデルチェンジして発売しました。

ダイハツ独自の「e-スマートハイブリッド」は日産e-POWERを超えるか?(小沢コージ)(日刊 …

【クルマは乗らなきゃ語れない】 ある意味伏兵、予想外のところから優秀な“トヨタグループ”新ハイブリッドが登場した。ダイハツ・ロッキー&トヨタ・ …

ダイハツ独自の「e-スマートハイブリッド」は日産e-POWERを超えるか?(小沢コージ)(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース
【クルマは乗らなきゃ語れない】  ある意味伏兵、予想外のところから優秀な“トヨタグループ”新ハイブリッドが登場した。ダイハツ・ロッキー&トヨタ・ライズ・ハイブリッドだ。そもそもは2019年発売のダ

ダイハツの軽ワンボックス『アトレー』が17年ぶりにフルモデルチェンジ…土曜ニュースランキング

レスポンスの全記事から今週注目を浴びた記事をご紹介するレスポンス週間ランキング。20日に販売を開始したダイハツの『アトレー』と『ハイゼットトラック』 …

ダイハツの軽ワンボックス『アトレー』が17年ぶりにフルモデルチェンジ…土曜ニュースランキング | レスポンス(Response.jp)
レスポンスの全記事から今週注目を浴びた記事をご紹介するレスポンス週間ランキング。

17年ぶり刷新も「なぜ4ナンバー化?」 新型「アトレー」乗用から貨物区分を選択した理由とは …

ダイハツは、新型「アトレー」を17年ぶりにフルモデルチェンジして発売しました。先代までは乗用登録でしたが、新型では貨物登録となる4ナンバー化されてい …

17年ぶり刷新も「なぜ4ナンバー化?」 新型「アトレー」乗用から貨物区分を選択した理由とは
ダイハツは、新型「アトレー」を17年ぶりにフルモデルチェンジして発売しました。先代までは乗用登録でしたが、新型では貨物登録となる4ナンバー化されています。なぜ、あえて4ナンバーになったのでしょうか。

ダイハツから「アトレーデッキバン キャンパーVer.」など5台のカスタマイズモデルが新 … – Clicccar

61年の歴史を誇るハイゼットの歴代モデルも出展 2021年12月24日(金)、ダイハツは「東京オートサロン2022」の出展概要を発表しました。

ダイハツから「アトレーデッキバン キャンパーVer.」など5台のカスタマイズモデルが新登場【東京オートサロン2022】 | clicccar.com
■61年の歴史を誇るハイゼットの歴代モデルも出展 2021年12月24日(金)、ダイハツは「東京オートサロン2022」の出展概要を発表しました。 今回のテーマは「DAIHATSU VILLAGE 2022

ダイハツ独自の「e-スマートハイブリッド」は日産e-POWERを超えるか? – 日刊ゲンダイDIGITAL

ある意味伏兵、予想外のところから優秀な“トヨタグループ”新ハイブリッドが登場した。ダイハツ・ロッキー&トヨタ・ライズ・ハイブリッドだ。

ダイハツ独自の「e-スマートハイブリッド」は日産e-POWERを超えるか?|クルマは乗らなきゃ語れない
 ある意味伏兵、予想外のところから優秀な“トヨタグループ”新ハイブリッドが登場した。ダイハツ・ロッキー&トヨタ・ラ...

ダイハツから「アトレーデッキバン キャンパーVer.」など5台のカスタマイズモデルが … – エキサイト

61年の歴史を誇るハイゼットの歴代モデルも出展2021年12月24日(金)、ダイハツは「東京オートサロン2022」の出展概要を発表しました。

ダイハツから「アトレーデッキバン キャンパーVer.」など5台のカスタマイズモデルが新登場【東京オートサロン2022】 (2021年12月25日) - エキサイトニュース
■61年の歴史を誇るハイゼットの歴代モデルも出展2021年12月24日(金)、ダイハツは「東京オートサロン2022」の出展概要を発表しました。今回のテーマは「DAIHATSUVILLAGE2022小さ...

軽もミニバンもいらない! 売れ筋ジャンルを斬り捨てたマツダやスバルの思惑とは – WEB CARTOP

スズキはダイハツに比べると小型/普通車にも力を入れるが、国内では軽自動車が84%を占める。このように軽自動車は専門化しないと成立しにくい。

軽もミニバンもいらない! 売れ筋ジャンルを斬り捨てたマツダやスバルの思惑とは
すべての自動車メーカーが全カテゴリーを扱うわけではなく、OEMなどでラインアップを補完することもある。とくに近年の動向が注目されるマツダとスバルだ。両者は軽自動車とミニバンを生産していない。スバルの商品企画担当者のコメントを含め、詳しく解説したい。
タイトルとURLをコピーしました