トヨタの大型セダン『アバロン』、ハイブリッドは歴代最高燃費…2022年型を米国 発表 …

トヨタの大型セダン『アバロン』、ハイブリッドは歴代最高燃費…2022年型を米国発表 …

トヨタ自動車の米国部門は12月23日、『アバロン』(Toyota Avalon)の2022年モデルを米国市場で発表した。 ◇TNGA-Kプラットフォーム.

トヨタの大型セダン『アバロン』、ハイブリッドは歴代最高燃費…2022年型を米国発表 | レスポンス(Response.jp)
◆TNGA-Kプラットフォーム ◆クラス唯一のフルハイブリッド車 ◆クロームボーダーを配したダークグレーのフロントグリル

モリゾウ待望の対談 豊田章男×ヤリ-マティ・ラトバラ 終始笑顔の40分|トヨタイムズ – YouTube

豊田社長が「ファン」と公言するTGRワールドラリーチームのラトバラ代表。対談で2人は日本・フィンランドでのドライビング対決を約束。ラトバラが勝てば、 …

モリゾウ待望の対談 豊田章男×ヤリ-マティ・ラトバラ 終始笑顔の40分|トヨタイムズ
豊田社長が「ファン」と公言するTGRワールドラリーチームのラトバラ代表。対談で2人は日本・フィンランドでのドライビング対決を約束。ラトバラが勝てば、ファンが期待してやまない驚きの副賞が授与が!?クルマの時代から、もっと自由に移動を楽しむモ...

トヨタのビッグセダン『アバロン』、スポーティグレード設定…米2022年型

トヨタ自動車の米国部門は12月23日、2022年モデルの『アバロン』(Toyota Avalon)に、スポーティグレードとして、「ツーリング」を設定すると発表した。

トヨタのビッグセダン『アバロン』、スポーティグレード設定…米2022年型 | レスポンス(Response.jp)
◆専用チューニングの足回り ◆3.5リットルV6エンジンは最大出力301hp ◆セグメント最大の10インチヘッドアップディスプレイ

トヨタの大型セダン『アバロン』、ハイブリッドは歴代最高燃費…2022年型を米国発表 …

トヨタ自動車の米国部門は12月23日、『アバロン』(Toyota Avalon)の2022年モデルを米国市場で発表した。

トヨタの大型セダン『アバロン』、ハイブリッドは歴代最高燃費…2022年型を米国発表(レスポンス) - Yahoo!ニュース
トヨタ自動車の米国部門は12月23日、『アバロン』(Toyota Avalon)の2022年モデルを米国市場で発表した。

トヨタがモデルナになれば 日本に問われる破壊的革新 – 日本経済新聞

イノベーション(技術革新)のあり方を考えさせる1年だった。脚光を浴びたのは、米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)と新興の米医薬品 …

トヨタがモデルナになれば 日本に問われる破壊的革新
イノベーション(技術革新)のあり方を考えさせる1年だった。脚光を浴びたのは、米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)と新興の米医薬品メーカー、モデルナだ。前者は電気自動車(EV)で世界一になり、太陽光発電を広め、宇宙開発でも成果をあげた。後者は2010年設立の若い企業だが、新型コロナウイルスへの感染や重症化の...

トヨタ新型「カローラ」登場! ブラックアウトルックな「黒カローラ」復活 約264万円で米国にて …

米国トヨタはカローラ(セダン)の2022年モデルを2021年12月16日に発表しました。

トヨタ新型「カローラ」登場! ブラックアウトルックな「黒カローラ」復活 約264万円で米国にて発売(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 米国トヨタはカローラ(セダン)の2022年モデルを2021年12月16日に発表しました。

トヨタのEV戦略を訝る人がたまげた隠し技の衝撃 | 電動化 | 東洋経済オンライン

トヨタはBEVに否定的だった? もちろん、マルチソリューションの中にはBEVも含まれるが、それを「マルチソリューション=中途半端、煮え切らない」と …

トヨタのEV戦略を訝る人がたまげた隠し技の衝撃 | 電動化
現在、自動車業界のトレンドとなっている「電動化」。2015年に発覚したフォルクスワーゲン(VW)ディーゼル車の排ガス不正問題、いわゆる「ディーゼルゲート」以降、電気自動車(BEV)への意向を表明するメーカー…

最強トヨタでも勝てなかった! 「後出しジャンケン」なのに売れなかったクルマ4選(WEB …

トヨタの商品企画に対して「後出しジャンケン」という表現を使うことがある。他社がヒットさせた新カテゴリーに対して、しっかり研究してキャッチアップする …

最強トヨタでも勝てなかった! 「後出しジャンケン」なのに売れなかったクルマ4選(WEB CARTOP) - Yahoo!ニュース
 トヨタの商品企画に対して「後出しジャンケン」という表現を使うことがある。他社がヒットさせた新カテゴリーに対して、しっかり研究してキャッチアップする商品を投入することを揶揄した表現だ。

トヨタ・ミライZ“エグゼクティブパッケージ アドバンストドライブ”(RWD)【試乗記 … – webCG

「ミライ」は燃料電池車であると同時に、トヨタ車としては初めて手ばなしが可能な半自動運転を実現したクルマでもある。さらには、システムアップデート …

トヨタ・ミライZ“エグゼクティブパッケージ アドバンストドライブ”(RWD)【試乗記】 ミライの先にある未来 - webCG
「ミライ」は燃料電池車であると同時に、トヨタ車としては初めて手ばなしが可能な半自動運転を実現したクルマでもある。さらには、システムアップデートによって、購入後に機能が進化するようになっているのも特徴だ。2021年末時点での実力を試してみた。

トヨタ新型「ノア」&新型「ヴォクシー」どっちのギラ顔が好み? 受注開始から2週間! ユーザー …

2022年1月にトヨタの人気ミニバン、新型「ノア」と新型「ヴォクシー」が登場します。すでに、販売店では先行受注が開始されている2台ですが、受注状況や …

トヨタ新型「ノア」&新型「ヴォクシー」どっちのギラ顔が好み? 受注開始から2週間! ユーザーの反響はいかに
2022年1月にトヨタの人気ミニバン、新型「ノア」と新型「ヴォクシー」が登場します。すでに、販売店では先行受注が開始されている2台ですが、受注状況やそれぞれの人気はどのようになっているのでしょうか。
タイトルとURLをコピーしました