トヨタとマツダ、来年の普及車に“手放し運転”機能を搭載=韓国報道 – Yahoo!ニュ ース

トヨタとマツダ、来年の普及車に“手放し運転”機能を搭載=韓国報道 – Yahoo!ニュース

トヨタ自動車やマツダなどの日本の自動車メーカーが、来年から“高速道路で手放し運転できる”自動運転機能を普及車に標準搭載する案を推進している。

トヨタとマツダ、来年の普及車に“手放し運転”機能を搭載=韓国報道(WoW!Korea) - Yahoo!ニュース
トヨタ自動車やマツダなどの日本の自動車メーカーが、来年から“高速道路で手放し運転できる”自動運転機能を普及車に標準搭載する案を推進している。  高速道路で手放し運転することが可能な機能は、自動運転

マツダ「ロードスター」のユーザー“若返り”と“販売好調”の意外な理由 – ダイヤモンド・オンライン

ライトウエートスポーツカーとして唯一無二の存在である、マツダ「ロードスター」。現行4代目(ND)誕生から早くも6年が経過し、魅力的な特別仕様車が登場 …

マツダ「ロードスター」のユーザー“若返り”と“販売好調”の意外な理由
ライトウエートスポーツカーとして唯一無二の存在である、マツダ「ロードスター」。現行4代目(ND)誕生から早くも6年が経過し、魅力的な特別仕様車が登場したのだが、何とユーザーの若返りが見られるという。その背景には何があるのか。

これはちょっと注目 すべての人に安心・安全を! マツダが先進安全技術「CO-PILOT CONCEPT …

つまり副操縦士としてクルマがあなたに代わって運転を行おうというものなのだ。 ということは自動運転?と考えがちだが、マツダは自動運転よりも事故を起こさ …

これはちょっと注目 すべての人に安心・安全を! マツダが先進安全技術「CO-PILOT CONCEPT」発表!!(ベストカーWeb) - Yahoo!ニュース
 自動運転への関心が高まってきている昨今、各自動車メーカーも商品化に向けて精力的に開発を進めている。

これはちょっと注目 すべての人に安心・安全を! マツダが先進安全技術「CO-PILOT … – ベストカー

ドライバーを支援する、運転を支援する装置もいろいろ開発されているが、マツダが発表した「CО-PILОT CОNCEPT」について、松田秀士氏が実際に試乗して解説 …

これはちょっと注目 すべての人に安心・安全を! マツダが先進安全技術「CO-PILOT CONCEPT」発表!! - 自動車情報誌「ベストカー」
自動運転への関心が高まっている昨今、各メーカーも精力的に開発を進めている。ドライバーを支援する、運転を支援する装置も各種開発されているが、マツダが発表した「CО-PILОT CОNCEPT」について、松田秀士氏が実際に試乗して解説する。 #マツダ

オートザム レビューは、マツダ製コンパクトカーの原点となった2.5ボックスセダンだった【時代が …

マツダの5チャンネル構想とかいう大風呂敷?の一部だったオートザムの販売車種は、1989年のスタートから1年以上もの間、軽自動車のキャロルと、輸入車 …

オートザム レビューは、マツダ製コンパクトカーの原点となった2.5ボックスセダンだった【時代が追いつけなかったクルマ】(Webモーターマガジン) - Yahoo!ニュース
一見奇抜なデザインだったり、そこまでしなくてもと思うほどの走行性能だったり、使い切れないほど多機能だったり・・・こうした強い個性を持つクルマはこれまで数え切れないほど登場し、数年で消えていくこともあ

【当時は高嶺!? いま気になる中古車の新車当時レビュー】フルスカイアクティブがデビュー …

上質で気持ちのよい走りと優れた環境性能を両立! MAZDA/CX-5 マツダ/CX-5(KE系前期)2012年2月発表.

【当時は高嶺!? いま気になる中古車の新車当時レビュー】フルスカイアクティブがデビュー! マツダ・CX-5 ガソリン車(2012年2月〜2015年1月)
クルマ選びで迷うことのひとつが、新車か中古車のどちらを選ぶか。新車であれば、最新の機能を体感できるうえ、購入時にある程度自分好みにオーダーすることも可能。しかし現実的な予算を考えると厳しい場合も。一方、予算的にグッと抑えられるのが中古車だ。年式やクルマの状態によって金額は変わってくるが、新車当時買えなかった憧れのクルマ...

マツダ「ロードスター」のユーザー“若返り”と“販売好調”の意外な理由 | ORICON NEWS

マツダ「ロードスター」のユーザー“若返り”と“販売好調”の意外な理由|ライトウエートスポーツカーとして唯一無二の存在である、マツダ「ロードスター」。

マツダ「ロードスター」のユーザー“若返り”と“販売好調”の意外な理由
マツダ「ロードスター」のユーザー“若返り”と“販売好調”の意外な理由|ライトウエートスポーツカーとして唯一無二の存在である、マツダ「ロードスター」。現行4代目(ND)誕生から早くも6年が経過し、魅力的な特別仕様車が登場したのだが、何とユーザーの若返りが見られるという。その背景には何があるのか。(ジャーナリスト 桃田健史...

「RX-7改フェラーリ599XX仕様の衝撃」ロータリースペシャリストが手がけたグラマラスFD3S …

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ · マツダ RX−7. マツダRX−7 · マツダ RX−7(アンフィニ). マツダRX−7(アンフィニ).

「RX-7改フェラーリ599XX仕様の衝撃」ロータリースペシャリストが手がけたグラマラスFD3S!
RX-7に欧州スーパースポーツのエッセンスを注入 グラマラスなボディラインを活かした和製スーパーカー! D1グランプリと双璧をなす競技ドリフトの最高峰「フォーミュラDジャパン」で、マッド・マイクが駆るFD3S改4ローターターボ仕様の開発&メンテナンスを一手に引き受ける“TCPマジック”。 そんな同社が、2年の歳月を費や...

レクサス ミニバンの日本導入計画…「新型車」記事ランキング 2021年下半期 | レスポンス …

マツダの米国部門は11月15日、新型クロスオーバーSUVの『CX-50』(Mazda CX-50)をワールドプレミアした。マツダは2022年から、新型クロスオーバーSUVを …

レクサス ミニバンの日本導入計画…「新型車」記事ランキング 2021年下半期 | レスポンス(Response.jp)
「新型車」記事ランキング2021年下半期の1位はレクサスの高級ミニバン『LM』。日本市場には導入されていませんでしたが、レクサス初のミニバンとして話題になりました。3位もミニバン、こちらは市販ではなく先行コンセプトカーです。

CX-5の走りはもはや完成形!大幅改良で雑味を払拭。四駆の新制御が頼もしい (2021 … – エキサイト

マツダはそれに先立ち、2022年以降のSUV商品群の拡充計画を発表。CX-5は現行型のまま商品改良を継続し、“2ケタ車名”の次世代SUVとラインアップを組むことに …

CX-5の走りはもはや完成形!大幅改良で雑味を払拭。四駆の新制御が頼もしい (2021年12月30日) - エキサイトニュース
2代目CX-5はこれまで大小の年次改良を受けているが、外観の変更を伴う大幅改良はデビューから丸5年の今回が初となる。マツダはそれに先立ち、2022年以降のSUV商品群の拡充計画を発表。CX-5は現行型...
タイトルとURLをコピーしました