気合い満点のカスタムカーが毎年大人気! ダイハツが東京オートサロン2022に出展 (WEB …

気合い満点のカスタムカーが毎年大人気! ダイハツが東京オートサロン2022に出展(WEB …

軽自動車を大の得意とするダイハツ。2022年はロッキーのハイブリッドやアトレー&ハイゼットのフルモデルチェンジなどで大きな話題となった。

気合い満点のカスタムカーが毎年大人気! ダイハツが東京オートサロン2022に出展(WEB CARTOP) - Yahoo!ニュース
 軽自動車を大の得意とするダイハツ。2022年はロッキーのハイブリッドやアトレー&ハイゼットのフルモデルチェンジなどで大きな話題となった。

気合い満点のカスタムカーが毎年大人気! ダイハツが東京オートサロン2022に出展 – WEB CARTOP

オートサロン2022のダイハツブースがアツい! 軽自動車を大の得意とするダイハツ。2022年はロッキーのハイブリッドやアトレー&ハイゼットのフルモデルチェンジ …

気合い満点のカスタムカーが毎年大人気! ダイハツが東京オートサロン2022に出展
この記事をまとめると■ダイハツが2022年のオートサロンに出展■ロッキーやアトレーなど新型車を使ったカスタム車を展示■子ども向けの体験型ブースも設置されるオートサロン2022のダイハツブースがアツい!軽自動車を大の得意とするダイハツ。202…

【ダイハツ アトレー 新型】ワーケーションのコツは「オフィスらしさ」ではない…第三の居場所 …

ダイハツ工業は12月20日、軽ワンボックス『アトレー』新型を発売。同社は広々としたプライベート空間を実現したアトレー新型を「第三の居場所」として活用 …

【ダイハツ アトレー 新型】ワーケーションのコツは「オフィスらしさ」ではない…第三の居場所(レスポンス) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
ダイハツ工業は12月20日、軽ワンボックス『アトレー』新型を発売。同社は広々としたプライベート空間を実現したアトレー新型を「第三の居場所」として活用することを提案している。アトレー新型は、車体のスクエア化により最大化された広い荷室空間や、フ...

岐阜スゥープスの試合会場でチャリティグッズ販売(ぎふチャンDIGITAL) – Yahoo!ニュース

※岐阜ダイハツ販売 伊縫文哉社長「すでに多くの募金も集まっているのでしっかりと医療従事者の方にお届けしてスゥープスの応援もしていきたいと思います。ファン …

岐阜スゥープスの試合会場でチャリティグッズ販売(ぎふチャンDIGITAL) - Yahoo!ニュース
  バスケットボールB3リーグ、岐阜スゥープスの試合会場で25日、医療従事者を支援するチャリティグッズの販売が行われました。   これは新型コロナウイルス対策にあたっている医療従事者を支援するために

【上半期編】スクープ情報で振り返る2021年!あのクロカンやスポーツカーの新型車が話題 – MOBY

Zやランクルなどをスクープ! · 【1月】あの軽クロカンの5ドア版! · 【2月】ダイハツだって負けてられない?「 · 【3月】新型フェアレディZの生産モデルの姿が …

【上半期編】スクープ情報で振り返る2021年!あのクロカンやスポーツカーの新型車が話題 | MOBY [モビー]
2021年はトヨタ、日産、ホンダがEVの戦略を発表し、いよいよ日本でも本格的にEVシフトがはじまった年になりました。EVだけでなく、既存のガソリンエンジンを搭載する人気モデルも続々と新型車が発表されるなど、自動車業界が良くも悪くも盛り上がった1年だったかもしれません。そんな2021年に注目されたスクープ記事を月ごとにピ...

ステラの安全性能は?「スマートアシストIII」の内容を確認 – マイカー賃貸 カルモ

しかし、ムーヴのOEM車両であるステラはダイハツが開発・生産を担っているため、ダイハツの衝突回避支援システム「スマートアシストIII」が搭載されている …

【安全性能】ステラの安全性能は?「スマートアシストIII」の内容を確認 | 安全性能ならカルモマガジン
スバル「ステラ」には、「スマートアシストIII」が搭載されています。ここではステラのスマートアシストIIIなどの安全性能について紹介します。

『トヨタ・カローラクロス』と『ホンダ・ヴェゼル』のHVが本命。国産コンパクトSUV 年始商戦 …

… クロス』『ホンダ・ヴェゼル』『トヨタ・ヤリスクロス』『ダイハツ・ロッキー/トヨタ・ライズ』の4台の国産コンパクトSUVをクローズアップします。

『トヨタ・カローラクロス』と『ホンダ・ヴェゼル』のHVが本命。国産コンパクトSUV 年始商戦【市販車購入ガイド】 | クルマ | autosport web
 2021年に登場した国産新型車のうち、SUV/クロスオーバーは、大幅改良や派生車種を含めて9台が登場。トヨタ・カローラシリーズ初のSUVモデル『トヨタ・カローラクロス』やニッサン・ノートの派生モデル『ニッサン・ノートAUTECH CROSSOVER』、2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤーでも高評価だった『ホ...

「アルトハッスル」「ミラRV-4」「リーザ・スパイダー」! 無茶苦茶ユニークだった軽自動車8選

ダイハツ・ミゼットII. 往年の3輪車をルーツとしたミゼットIIも、4輪車ながらユニークなクルマだった。乗車定員は当初 …

「アルトハッスル」「ミラRV-4」「リーザ・スパイダー」! 無茶苦茶ユニークだった軽自動車8選 | AUTO MESSE WEB
この記事をまとめると 最近の軽自動車といえばスーパーハイト系ワンボックスが人気 一昔前を振り返るとユニークにあふれたモデルが多かった アイデア満載の軽自動車を振り返る 軽自動車は日本独自の規格だ。最近ではスーパーハイト系ワゴンが主流だが、かつてその規格を上手く利用したユニークなモデルも存在していた。そこで今回は、軽自動...

【上半期編】スクープ情報で振り返る2021年!あのクロカンやスポーツカーの新型車が話題

【2月】ダイハツだって負けてられない?「ラガー」の車名復活か. No image. ダイハツ ラガー 予想CG. 軽自動車のメーカーとしてスズキとライバル関係にある …

【上半期編】スクープ情報で振り返る2021年!あのクロカンやスポーツカーの新型車が話題(MOBY) - グノシー
Zやランクルなどをスクープ!2021年前半を振り返る 2021年はトヨタ、日産、ホンダがEVの戦略を発表し、いよいよ日本でも本格的にEVシフトがはじまった年になりました。 BEV(バッテリーEV)だけでなく、既存のガソリンエンジンを搭載する人気モデルも続々と新型車が発表されるなど、自動車業界が良くも悪くも盛り上がった1...

2人乗り超小型EV「C+pod」は、高速道路は走行不可の新時代のシティコミューター | clicccar.com

なお、トヨタ・グループでは、ダイハツブースから2011年の東京モーターショーで「PICO」という2人乗りの超小型モビリティを披露したことがあります。

2人乗り超小型EV「C+pod」は、高速道路は走行不可の新時代のシティコミューター | clicccar.com
■街乗りなら十分な航続距離150kmを確保 2021年12月23日(木)、トヨタの超小型EV「C+pod」が個人向けにもリース販売の対象になりました。同EVは、2020年12月に一部の法人や自治体などに向けて販売が開始されていました。
タイトルとURLをコピーしました