ジムニー5ドアとポルシェ356…「軽自動車」記事ランキング 2021年下半期

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

ジムニー5ドアとポルシェ356…「軽自動車」記事ランキング 2021年下半期

ただ、ロングになったら軽ではなくなる心配も。 2位は軽自動車をベースにカスタムして仕立てたポルシェ『356』。レプリカとしてよくできているように見えますが …

ジムニー5ドアとポルシェ356…「軽自動車」記事ランキング 2021年下半期 | レスポンス(Response.jp)
今やニッポンの交通・運輸を支える立派な足となった軽自動車。記事ランキング1位は、スズキ『ジムニー』の5ドア仕様のスクープでした。人気のロングセラークロカンは3年前にフルモデルチェンジし、次は派生車に期待がかかります。

ポルシェ タイカンはEVでも”ポルシェらしさ”を継承! 内燃機関にはなかった加速感に注目 – MOTA

内燃機関のスポーツカーを乗り継いできた人にとって、EVにはスポーツカーの“味”は感じられないのではないか、そこが気になるところだろう。しかしポルシェ初 …

ポルシェ タイカンはEVでも”ポルシェらしさ”を継承! 内燃機関にはなかった加速感に注目|【話題を先取り】新型車解説2021【MOTA】
内燃機関のスポーツカーを乗り継いできた人にとって、EVにはスポーツカーの“味”は感じられないのではないか、そこが気になるところだろう。しかしポルシェ初のフル電動スポーツサルーン『ポルシェ・タイカン』には、その不安を払拭するような、スポーツカーのエッセンスを盛り込んだ“ポルシェらしさ”をモータージャーナリストの伊藤 梓さ...

ポルシェ・タイカン GTS スポーツツーリスモへ試乗 新スタイルで二兎を得る | AUTOCAR JAPAN

シューティングブレーク風ボディをまとった、最もスポーティな純EVの派生モデルを、英国編集部が評価しました。 ポルシェ · タイカン · EV. コメント …

ポルシェ・タイカン GTS スポーツツーリスモへ試乗 新スタイルで二兎を得る - AUTOCAR JAPAN
シューティングブレーク風ボディをまとった、最もスポーティな純EVの派生モデルを、英国編集部が評価しました。

圧倒的なカッコ良さ! ポルシェ911タルガ4がマニアを魅了する理由 – carview!

992型ポルシェ911のバリエーション充実。中でもタルガは別格 992型の現行ポルシェ911シリーズは、2018年末のデビュー以来、順調にラインアップを拡充して …

圧倒的なカッコ良さ! ポルシェ911タルガ4がマニアを魅了する理由(カー・アンド・ドライバー) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
992型ポルシェ911のバリエーション充実。中でもタルガは別格 992型の現行ポルシェ911シリーズは、2018年末のデビュー以来、順調にラインアップを拡充している。カレラ/カレラS/カレラGTSの3グレードを基本に、伝統のRRと4WD(カ...

ポルシェ・タイカン GTS スポーツツーリスモへ試乗 新スタイルで二兎を得る – ライブドアニュース

サルーンとクロスツーリスモの融合パワートレインのハイブリッドは聞き慣れたもの。でも、こちらのポルシェ・タイカンは異なるボディスタイルが組み合わされ …

ポルシェ・タイカン GTS スポーツツーリスモへ試乗 新スタイルで二兎を得る - ライブドアニュース
サルーンとクロスツーリスモの融合パワートレインのハイブリッドは聞き慣れたもの。でも、こちらのポルシェ・タイカンは異なるボディスタイルが組み合わされた、別のハイブリッドだ。【画像】ポルシェ・タイカンサ

日本で買える輸入BEV。ポルシェ タイカンやアウディ eトロンなど – carview!

ポルシェ タイカンやアウディ eトロンなど、日本導入モデルとその特徴【前編】. 2021/12/31 12:00 Webモーターマガジン. 1/ …

日本で買える輸入BEV。ポルシェ タイカンやアウディ eトロンなど、日本導入モデルとその特徴【前編】(Webモーターマガジン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
BEVに限って言うとそのモデル数はまだ限られているが、コンパクトカーからSUV、4ドアセダン、スポーツカーと意外と種類はある。そこでいま、日本に導入されているBEVモデルを見ていこう。(Motor Magazine 2022年1月号より)※...

SUVの次はコレ!!? シューティングブレーク展覧会 – 自動車情報誌「ベストカー」

ポルシェ初のフルEVとして登場したタイカンに、スポーツセダンに次いで設定されたのがこのクロスツーリスモ。車高調整が利くエアサスを備え、グラベルモード …

SUVの次はコレ!!? シューティングブレーク展覧会 - 自動車情報誌「ベストカー」
ヨーロッパなどでは人気のカテゴリである、ステーションワゴンをスポーティーにしたようなシューティングブレーク。日本ではあまり見かけないこのかっこよさを知ってもらうため、世界のシューティングブレーク展覧会を開催! #VW #ポルシェ #MINI #フェラーリ

2021年の頂点は アリエル・アトム 4 欠点なく速い 最終審査の3台 BBDC 2021(4)

それ以外、毎年違うモデルが優勝を掴んでいる。 フェラーリSF90 ストラダーレ・アセット・フィオラーノとアリエル・アトム4、ポルシェ911 GT3. タップで画像を …

2021年の頂点は アリエル・アトム 4 欠点なく速い 最終審査の3台 BBDC 2021(4) - AUTOCAR JAPAN
2021年のベスト・ドライバーズカーを選出する、AUTOCAR恒例のBBDC選手権。決勝に進出した3台から頂点に選ばれる1台は?

【笹本編集長コラム】2022年のEV環境、さらに大きく加速へ 私自身も常にアップデート …

無論、ポルシェ以外のクルマでも使用可能で、従来からの3kW 2基と合わせ、4基の充電施設が用意できたことになる。 タップで画像を拡大. これで、当面の需要、 …

【笹本編集長コラム】2022年のEV環境、さらに大きく加速へ 私自身も常にアップデート - AUTOCAR JAPAN
笹本編集長が2022年以降のEVを取り巻く環境を考えました。前進へのスピードと柔軟な対応が求められます。

アルピナ 躍動の2021年を振り返る 勢い続く2022年の展開、見つめる | AUTOCAR JAPAN

森に棲み、畑を耕し蜜蜂の世話をし、薪を割るカントリーライフの実践者でもあるため、農道のポルシェ(スバル・サンバー・トラック)を溺愛。

アルピナ 躍動の2021年を振り返る 勢い続く2022年の展開、見つめる - AUTOCAR JAPAN
アルピナにとって躍動の年であった2021年を振り返り、2022年から始まる「新時代」を見つめます。
タイトルとURLをコピーしました