ハミルトンとフェルスタッペンはどちらがすごいのか? 元F1ドライバーが「速さ」 と「メンタル …

ハミルトンとフェルスタッペンはどちらがすごいのか? 元F1ドライバーが「速さ」と「メンタル …

中野信治インタビュー中編「ハミルトンとフェルスタッペンの強さ」 前編「F1のメディア戦略」>>

ハミルトンとフェルスタッペンはどちらがすごいのか? 元F1ドライバーが「速さ」と「メンタル」を比較(webスポルティーバ) - Yahoo!ニュース
中野信治インタビュー中編「ハミルトンとフェルスタッペンの強さ」 前編「F1のメディア戦略」>>

角田裕毅、今季の収穫に挙げたのは「レースウィークでの自信と――」。F1公式サイトで「ベスト …

今季、アルファタウリでF1ドライバーとしてのデビューシーズンを戦った角田裕毅。デビュー戦のバーレーン・グランプリでの9位入賞、最終戦アブダビGPで …

角田裕毅、今季の収穫に挙げたのは「レースウィークでの自信と――」。F1公式サイトで「ベストルーキー」に選出されなかった理由は!?(THE DIGEST) - Yahoo!ニュース
 今季、アルファタウリでF1ドライバーとしてのデビューシーズンを戦った角田裕毅。デビュー戦のバーレーン・グランプリでの9位入賞、最終戦アブダビGPでの4位フィニッシュなど、印象に残る好パフォーマンス

トップはルーキーの角田裕毅…累計12点で出場停止のため2022年前半戦も気が抜けない状況に …

□F1・各ドライバーペナルティポイント※2021年最終戦終了時点1位/8点:角田裕毅(アルファタウリ) 2位/7点:セルジオ・ペレス(レッドブル) 2位/7点: …

2021年ペナルティポイント、トップはルーキーの角田裕毅…累計12点で出場停止のため2022年前半戦も気が抜けない状況に|F1(DAZN News) - Yahoo!ニュース
2021年に行われた全22レースで、最もペナルティポイントが科されたドライバーはルーキーの角田裕毅という状況となっている。 『FIA』が科すペナルティポイントは競技規則に定められており、レース中に

レッドブルF1代表 「ホンダF1とのパートナーシップは驚異的だった」

当時、ルノーのF1パワーユニットに不満を持っていたレッドブルは、マクラーレンとのパートナーシップが終了した2018年に姉妹チームのトロロッソに供給する …

レッドブルF1代表 「ホンダF1とのパートナーシップは驚異的だった」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ホンダF1と一緒に働き始めてからの関係は“驚異的”だったと振り返る。ホンダは2015年にF1に復帰し、当時のパートナーであるマクラーレンにF1パワーユニットを供給したが、主に信頼性、そして、グリッド最後尾を争うパフォーマンス不足が原因でパートナーシップは決裂し...

フェルスタッペン対ハミルトンの歴史的激戦と劇的決着、そして日本人ルーキー … – Yahoo!ニュース

ホンダ、F1第4期最終年の王座獲得で有終の美 昨年10月に、カーボンニュートラル実現に向けた会社の方針転換ために、2021年限りでのF1撤退を発表した …

フェルスタッペン対ハミルトンの歴史的激戦と劇的決着、そして日本人ルーキーの奮闘――2021年F1の5大ニュース(THE DIGEST) - Yahoo!ニュース
 2021年もモータースポーツ界はさまざまなニュースが飛び交った。今回はそのなかから強く印象に残った“5大トピック”を選出し、この1年間を振り返る。

ホンダ、F1撤退後の未来へ新広告 『挑戦って、いいもんだ。』

ホンダ、F1撤退後の未来へ新広告 『挑戦って、いい. ホンダは、2021年の大晦日である本日、新たな広告を掲載。ホンダのモータースポーツ責任者 …

ホンダ、F1撤退後の未来へ新広告 『挑戦って、いいもんだ。』
ホンダは、2021年の大晦日である本日、新たな広告を掲載。ホンダのモータースポーツ責任者を務める渡辺康治ブランド・コミュニケーション本部長が、メッセージに込めた想いや今回の挑戦の意義、そして未来へつなげていく想いを語った。最終戦、最後の一周でチャンピオンを勝ち取るという劇的な展開で幕を閉じたF1への挑戦。7年間、あきら...

【角田裕毅F1密着総集編】僚友を意識しすぎた末のクラッシュも経験。アプローチ … – autosport web

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)にとって、F1の初シーズンはアップダウンの激しい1年となった。 ハイライトはなんといっても、最終戦のアブダビGPだ。

【角田裕毅F1密着総集編】僚友を意識しすぎた末のクラッシュも経験。アプローチを変えて臨んだ後半は会心のレースで締めくくる | F1 | autosport web
 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)にとって、F1の初シーズンはアップダウンの激しい1年となった。 ハイライトはなんといっても、最終戦のアブダビGPだ。予選で初めてチームメイトのピエール・ガスリーに勝った角田は、レースでもファイナルラップで激しいバトルを制して4位でフィニッシュ。夏休み前の第11戦ハンガリーGPでの6位...

アラン・プロスト 「F1タイトルを獲得したフェルスタッペンは強くなる」 – F1-Gate.com

元F1ワールドチャンピオンのアラン・プロストは、初のF1ワールドチャンピオンを獲得したマックス・フェルスタッペンは、これから良くなっていくだけだと考え …

アラン・プロスト 「F1タイトルを獲得したフェルスタッペンは強くなる」
元F1ワールドチャンピオンのアラン・プロストは、初のF1ワールドチャンピオンを獲得したマックス・フェルスタッペンは、これから良くなっていくだけだと考えている。マックス・フェルスタッペンは、2021年に初めてF1ワールドチャンピオンに挑戦できるマシンを手に入れたが、ルイス・ハミルトンとの戦いは最終戦までもつれ込み、文字通...

中野信治が角田裕毅のF1初年を分析。初戦で生まれた「いけるかもの油断」、最終戦までの成長 …

中野信治インタビュー後編「角田裕毅の可能性」前編「F1のメディア戦略」>>中編「ハミルトンとフェルスタッペンの強さ」>>7年ぶりに誕生した日本人F1 …

中野信治が角田裕毅のF1初年を分析。初戦で生まれた「いけるかもの油断」、最終戦までの成長|モーター|集英社 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva
中野信治インタビュー後編「角田裕毅の可能性」前編「F1のメディア戦略」>>中編「ハミルトンとフェルスタッペンの強さ」>>7年ぶりに誕生した日本人F1ドライバー、角田裕毅選手のデビューシーズンは入賞7回、ドライバーズランキング14位という結果に終わった。最終戦のアブダビGPはアルファタウリのチームメイ…

【2021年編集後記】スタッフが選ぶ個人的名レースor名シーン。F1編 – autosport web

ここでは2021年編集後記と題しまして、各カテゴリーの担当スタッフが選んだ個人的名レース&名シーンをご紹介いたします。今回はF1編です。

【2021年編集後記】スタッフが選ぶ個人的名レースor名シーン。F1編 | F1 | autosport web
 autosport webでは、2021年シーズンも世界各地のさまざまなモータースポーツ情報をお届けしてまいりました。ここでは2021年編集後記と題しまして、各カテゴリーの担当スタッフが選んだ個人的名レース&名シーンをご紹介いたします。今回はF1編です。 * * * * * * * * ■F1第22戦アブダビGP/フ...
タイトルとURLをコピーしました