デビッド・クルサード 「フェルスタッペンの姿勢はセナやシューマッハを彷彿」 – F1-Gate.com

デビッド・クルサード 「フェルスタッペンの姿勢はセナやシューマッハを彷彿」 – F1-Gate.com

元F1ドライバーにデビッド・クルサードは、2021年のF1ワールドチャンピオンに輝いたマックス・フェルスタッペンは、アイルトン・セナやミハエル・ …

F1:デビッド・クルサード 「フェルスタッペンの姿勢はセナやシューマッハを彷彿」
元F1ドライバーにデビッド・クルサードは、2021年のF1ワールドチャンピオンに輝いたマックス・フェルスタッペンは、アイルトン・セナやミハエル・シューマッハと同じタイムの“華々しさ”と“争いの種”になるドライバーだと語る。マックス・フェルスタッペンは、シーズンの初めから終わりまで論争に満ちたルイス・ハミルトンとの激しい...

レッドブルF1首脳、お家芸の高速ピットストップは「チームのDNAの一部」 【 F1-Gate .com 】

レッドブルF1のスポーティングディレクターを務めるジョナサン・ウィートリーは、4年連続で最速のアワードを獲得しているピットストップへのアプローチ …

レッドブルF1首脳、お家芸の高速ピットストップは「チームのDNAの一部」
レッドブルF1のスポーティングディレクターを務めるジョナサン・ウィートリーは、4年連続で最速のアワードを獲得しているピットストップへのアプローチについて説明した。ピットストップは今やF1レースの重要な側面であり、タイヤの交換は2秒程度で行われている。FIA(国際自動車連盟)が新しい技術指令で介入する前は2秒前のストップ...

メルセデスF1、2022年F1マシン『W13』で“シルバーアロー”復活

メルセデスF1は、2022年のF1世界選手権で従来の“シルバーアロー”のカラーリングを復活させることを決定したとBildが報じた。

メルセデスF1、2022年F1マシン『W13』で“シルバーアロー”復活
メルセデスF1は、2022年のF1世界選手権で従来の“シルバーアロー”のカラーリングを復活させることを決定したとBildが報じた。今年、コンストラクターズタイトル8連覇を達成したメルセデスF1は、ルイス・ハミルトンによる“ブラック・ライヴズ・マター”運動へのサポートを表明するものとして、過去2シーズンでブラックのカラー...

まさかの「F1」で復活という話も出た! クルマの世界から2サイクルエンジンが消えた理由と …

もう2年近く前の話になるが、F1の新しいパワーユニットとして、2サイクルエンジンの可能性を示唆するような発言があった。発言主は、ベネトン/ルノー、 …

まさかの「F1」で復活という話も出た! クルマの世界から2サイクルエンジンが消えた理由とこの先の可能性(WEB CARTOP) - Yahoo!ニュース
 いまはほとんど見かけなくなったエンジン機関の方式に2サイクル(2ストローク)エンジンがある。かつては軽自動車やモーターサイクルといった比較的小排気量車のパワーユニットとして重宝がられたエンジンであ

F1分析|レギュレーション大変更の2022年……勢力図は変わるのか?(motorsport.com 日本版)

2022年、F1のテクニカルレギュレーションが大きく変更される。これにより、マシンの姿も一変することになるはずだ。

F1分析|レギュレーション大変更の2022年……勢力図は変わるのか?(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 2022年、F1のテクニカルレギュレーションが大きく変更される。これにより、マシンの姿も一変することになるはずだ。

F1分析|レギュレーション大変更の2022年……勢力図は変わるのか? – Motorsport

2022年のF1は、テクニカルレギュレーションが大きく変更される。これにより、勢力図に変更が加わるのか、それとも変わらないのか?

F1分析|レギュレーション大変更の2022年……勢力図は変わるのか?
2022年のF1は、テクニカルレギュレーションが大きく変更される。これにより、勢力図に変更が加わるのか、それとも変わらないのか?

F1分析|レギュレーション大変更の2022年……勢力図は変わるのか? – Motorsport

2022年、F1のテクニカルレギュレーションが大きく変更される。これにより、マシンの姿も一変することになるはずだ。 Ad. 2021年までのF1マシンは、前を行く …

F1分析|レギュレーション大変更の2022年……勢力図は変わるのか?
2022年のF1は、テクニカルレギュレーションが大&#...

【ギャラリー】ホンダF1全マシン(1964〜2021)ー『夢』と『挑戦』が詰まった50台ー – Motorsport

1964年、自社製マシンRA272でF1の舞台に初挑戦したホンダ。その後はエンジンサプライヤー時代も含め、2021年まで数々の名車と共に歴史を紡いできた。

【ギャラリー】ホンダF1全マシン(1964〜2021)ー『夢』と『挑戦』が詰まった50台ー
1964年、自社製マシンRA272でF1の舞台に初挑戦したホンダ。その後はエンジンサプライヤー時代も含め、2021年まで数々の名車と共に歴史を紡いできた。今回はそんなホンダF1の歴代マシンを一挙紹介。

鈴鹿サーキット、開場60周年記念事業『SUZUKA 60 PROJECT』を始動。ホームページを公開 | F1 …

F1 | 鈴鹿サーキット、開場60周年記念事業『SUZUKA 60 PROJECT』を. 2022年1月1日、三重県の鈴鹿サーキットは、9月20日(火)に開場60周年を迎える2022年、 …

鈴鹿サーキット、開場60周年記念事業『SUZUKA 60 PROJECT』を始動。ホームページを公開 | F1 | autosport web
 2022年1月1日、三重県の鈴鹿サーキットは、9月20日(火)に開場60周年を迎える2022年、アニバーサリーイヤーとして、60年間の歴史と伝統を振り返りながら未来に向けた歩みを加速させる1年として、3月1日(火)から『SUZUKA 60 PROJECT』と題した60周年記念事業をスタートさせると発表した。

新F1チャンピオン誕生に大号泣。おめでとうマックス!ありがとうホンダ!!【F1女子のんびりF1 …

マックス・フェルスタッペンがF1チャンピオンに!! 2021年F1最終戦アブダビGP(12/10〜12/12)でマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がドライバーズ …

新F1チャンピオン誕生に大号泣。おめでとうマックス!ありがとうホンダ!!【F1女子のんびりF1日記】 | clicccar.com
■マックス・フェルスタッペンがF1チャンピオンに!! 2021年F1最終戦アブダビGP(12/10〜12/12)でマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がドライバーズチャンピオンシップの頂点に上り詰めましたね!
タイトルとURLをコピーしました