「軽自動車のEV化」がいまいちピンとこない理由 – 東洋経済オンライン

「軽自動車のEV化」がいまいちピンとこない理由 – 東洋経済オンライン

その後、軽自動車の主流は、2003年登場のダイハツ「タント」をきっかけとして、「スーパーハイトワゴン」と呼ばれるカテゴリーにシフトしている。

「軽自動車のEV化」がいまいちピンとこない理由 | 軽自動車
今、“軽自動車の未来”に対する期待や不安などのさまざまな声が、自動車業界内や販売店、そしてユーザーの間から聞こえてくる。例えば、2022年度初頭に日産と三菱が共同開発した量産型EVの発売が決まっているが、…

【ダイハツ ハイゼットカーゴ&アトレー 新型】フルスイングでやり切った…マーケティング担当 …

ダイハツは『ハイゼットカーゴ』を17年ぶりに、『アトレー』を16年ぶりにフルモデルチェンジ。その内容は市場からの声も大きく影響したと想像する。

価格.com - 【ダイハツ ハイゼットカーゴ&アトレー 新型】フルスイングでやり切った…マーケティング担当[インタビュー]
ダイハツは『ハイゼットカーゴ』を17年ぶりに、『アトレー』を16年ぶりにフルモデルチェンジ。その内容は市場からの声も大きく影響したと想像する。そこで、『ハイゼットトラック』の商品改良も含めてマーケティング担当者に話を聞いた。◆早くしなきゃ...

ダイハツ 「ミカン箱3つ」の先にある電動化の壁 – 日本経済新聞

ダイハツ工業は新型の軽商用車「ハイゼットカーゴ」を17年ぶりに全面改良し、計3車種を発売した。空間の無駄を徹底的にそぎ落とし、軽自動車の枠に収め …

ダイハツ 「ミカン箱3つ」の先にある電動化の壁
ダイハツ工業は新型の軽商用車「ハイゼットカーゴ」を17年ぶりに全面改良し、計3車種を発売した。空間の無駄を徹底的にそぎ落とし、軽自動車の枠に収めながらミカン箱換算で3箱分積載量を増やした。主要ユーザーの宅配事業者や農家が使いやすいように配慮した新型車だが、この先には電動化という課題が待ち受ける。中国勢との競争も見込まれ...

ウルフルズ、ダイハツ「ハイゼット」シリーズCMソングを配信リリース – 音楽ナタリー

発表当初はYouTubeのみで公開されていたが、ダイハツ工業の自動車「ハイゼット」シリーズのテレビCMソングに決定したことで正式にレコーディングされ、この …

ウルフルズ、ダイハツ「ハイゼット」シリーズCMソングを配信リリース
ウルフルズの楽曲「タタカエブリバディ」が1月5日に配信リリースされる。

なぜ乗用車から商用車に? ダイハツ アトレーが17年ぶりに車中泊最強モデルになった理由がジワ …

アトレーワゴンとエブリイワゴンは5ナンバーだったダイハツの軽商用車「ハイゼットカーゴ/アトレー」が、じつに17年ぶりとなるフルモデルチェンジを実施 …

なぜ乗用車から商用車に? ダイハツ アトレーが17年ぶりに車中泊最強モデルになった理由がジワる(carview!) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
アトレーワゴンとエブリイワゴンは5ナンバーだったダイハツの軽商用車「ハイゼットカーゴ/アトレー」が、じつに17年ぶりとなるフルモデルチェンジを実施しました。プラットフォームの一新、FR用CVTの採用などメカニズムのトピックも数多いですが、あ...

最上級仕様の購入はいくらかかる? トヨタ「ライズ」&ダイハツ「ロッキー」 ハイブリッド車が …

トヨタ「ライズ」&ダイハツ「ロッキー」 ハイブリッド車が買える理想的な年収とは. 2022/01/03 11:50 くるまのニュース2.

最上級仕様の購入はいくらかかる? トヨタ「ライズ」&ダイハツ「ロッキー」 ハイブリッド車が買える理想的な年収とは(くるまのニュース) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
■兄弟車的存在のトヨタ「ライズ」とダイハツ「ロッキー」は最上級グレードの購入にいくら必要? トヨタ「ライズ」とダイハツ「ロッキー」は、2019年11月5日に発売された兄弟車といえる存在で、2021年11月1日には新たにハイブリッド車が設定さ...

懐かしの商用車がカタログで登場—博物館でも見ることできない? | レスポンス(Response.jp)

『カタログでたどる 日本のトラック・バス』 トヨタ・日野・プリンス・ダイハツ・くろがね 編 特別愛蔵版著者:小関和夫発行:三樹書房定価:4180円

懐かしの商用車がカタログで登場---博物館でも見ることできない? | レスポンス(Response.jp)
自動車博物館でも見ることの出来ない貴重な商用車を収録し、その特徴と変遷をメーカー別に解説した1冊。

「ポルシェ通り」や「ニッサン通り」…自動車メーカーの地名があるのはなぜ | MOBY [モビー]

日本には「ダイハツ町」「スバル町」「ポルシェ通り」など、自動車メーカーにちなんだ地名やスポットがあります。たまたま同じ名前なのではと思いきや、 …

「ポルシェ通り」や「ニッサン通り」…自動車メーカーの地名があるのはなぜ | MOBY [モビー]
日本には「ダイハツ町」「スバル町」「ポルシェ通り」など、自動車メーカーにちなんだ地名やスポットがあります。たまたま同じ名前なのではと思いきや、さすがにポルシェ通りは偶然とは考えられません。なぜ日本には自動車メーカーにちなんだ地名があるのでしょうか。

日産/三菱「軽EV」まもなく EVvsシリーズハイブリッドに? これからの軽どうなる | AUTOCAR …

日産/三菱から新しい軽EVがまもなく登場。ダイハツや日産のシリーズハイブリッドの応用は? これからの軽市場を予想。

日産/三菱「軽EV」まもなく EVvsシリーズハイブリッドに? これからの軽どうなる  | AUTOCAR JAPAN
日産/三菱から新しい軽EVがまもなく登場。ダイハツや日産のシリーズハイブリッドの応用は? これからの軽市場を予想。

軽EV、本格化=日産・三菱自が今年先陣 – ARAB NEWS

日産自動車と三菱自動車が共同開発する軽の電気自動車(EV)を2022年度初めに発売して先陣を切るほか、ダイハツ工業なども投入を計画。脱炭素化に向け、 …

軽EV、本格化=日産・三菱自が今年先陣 – ARAB NEWS
大手自動車メーカーが軽自動車の電動化を急...
タイトルとURLをコピーしました