ケーニグセグ、新型スーパーカーのティザー 2022年発表へ | レスポンス(Response.jp )

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

ケーニグセグ、新型スーパーカーのティザー 2022年発表へ | レスポンス(Response.jp)

レゲーラ』、『アゲーラ』、『ジェスコ』、『ジェメラ』など、独自のスーパーカーを生産・販売している。 ここ数年、車種ラインナップを拡大している …

ケーニグセグ、新型スーパーカーのティザー 2022年発表へ | レスポンス(Response.jp)
ケーニグセグ(Koenigsegg)は1月1日、2022年の幕開けに合わせて、新型車のティザー写真を公開した。

ミニミニ 公式ブログ – 西宮ヨットハーバーでスーパーカーのオフ会に – LINE BLOG

西宮ヨットハーバーでスーパーカーのオフ会(teamキャノンボール)に参加して来ました。べっぴん珊瑚の即売会もしましたがアクアリストが居ないのか売れんかっ …

2022年西宮ヨットハーバーでスーパーカーのオフ会に : ミニミニ 公式ブログ
西宮ヨットハーバーでスーパーカーのオフ会(teamキャノンボール)に参加して来ました。べっぴん珊瑚の即売会もしましたがアクアリストが居ないのか売れんかった。今年はスーパーカーの台数も多くて盛大たよ。ランボルギーニ、フェラーリ、マクラーレンなど100台は来てました。

スポーツカーとは? 人気の国産車・輸入車もまとめて紹介! | 自動車情報・ニュース WEB CARTOP

そこでこの記事では、スポーツカーを深掘り。定義やメリット、おすすめ現行 … ほぼ絶滅したスーパーチャージャー搭載でヒットを飛ばしたクルマ5選.

スポーツカーとは? 人気の国産車・輸入車もまとめて紹介!
人々のクルマに対する興味が失われつつあると言われているが、それでも国内外のメーカーから魅力的なスポーツカーが数多く生まれている。そこでこの記事では、スポーツカーを深掘り。定義やメリット、おすすめ現行モデル、おすすめ中古モデルなどについて詳しく解説する。

テスラやマクラーレンが、メルセデスやヒュンダイからパーツを転用する理由とは? – Esquire

テスラ「モデルX」やマクラーレンのスーパーカーなど、最先端のテクノロジーを搭載したクルマにも、おなじみの乗用車との共用部品が数多く使用されている …

テスラやマクラーレンが、メルセデスやヒュンダイからパーツを転用する理由とは?
最高峰を誇るハイエンド車にも、いわゆる乗用車用のパーツが数多く活用されているのをご存じでしょうか?

「ポルシェにはスーパーカーがない」の声は正論か? 911を見れば答えは出る!(WEB CARTOP …

この記事をまとめると □ポルシェにスーパーカーはないといわれることがあるがそれは本当か? □ポルシェ911シリーズは常にスーパースポーツとして進化を …

「ポルシェにはスーパーカーがない」の声は正論か? 911を見れば答えは出る!(WEB CARTOP) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
 この記事をまとめると ■ポルシェにスーパーカーはないといわれることがあるがそれは本当か? ■ポルシェ911シリーズは常にスーパースポーツとして進化を続けてきた ■最新の992型のGT2RSはついに700馬力超のパワーを手に入れている  ポ...

ピストン西沢と橋本洋平、ホンダ NSXの思い出とタイプSへの期待を語る | GENROQ Web …

Honda NSX; NSXに精通したふたりのエンスージアストが語りつくす; 橋本洋平「MY17はアメリカ人好みすぎた傾向があった」; ピストン西沢「スーパーカー好きに …

ピストン西沢と橋本洋平、ホンダ NSXの思い出とタイプSへの期待を語る
2021年8月3日、ホンダは2022年を持ってNSXの生産を終了すると発表した。日本のスーパースポーツを牽引してきた2代目NSXは、僅か6年で姿を消すことになる。初代NSX タイプRを所有し、2代目最終仕様のタイプSを抽選申込しているラジオDJのピストン西沢氏と、NSXに精通する自動車ジャーナリスト橋本洋平氏がMY20...

海外では魅力的な「激安EV」も多数! それでも並行輸入がほとんど日本で見られないワケ | 自動車 …

トヨタが電気自動車のコンセプトカーを一気に発表し、いま日本でもBEVへの注目度が … 【前の記事】「ポルシェにはスーパーカーがない」の声は正論か?

海外では魅力的な「激安EV」も多数! それでも並行輸入がほとんど日本で見られないワケ
この記事をまとめると■海外では日本に正規輸入されていない電気自動車が多数存在する■とくに中国は100万円以下のモデルも■そうしたクルマが並行輸入されない理由を解説する海外では多数のEVがすでに登場している!ここへ来て、日本でも一気に、EVシ…

2021-2022 MF編集者が推すのはこの3台 マセラティ・ギブリ・トロフェオ – モーターファン

現在所属する編集部がいわゆるスーパーカー特化型自動車誌『GENROQ』(毎月26日発売)故に、試乗するブランドと車種カテゴリーに偏りがあって今イチ台数が …

2021-2022 MF編集者が推すのはこの3台 マセラティ・ギブリ・トロフェオ/BMW M3コンペティション/レクサスNX450h+
Motor-Fan.jpのMotor-Fan/Motor-Fan TECH./Motor-Fan Bikes/Web Option/SW DressUp Navi/GENROQ webの各チャンネルを担当する編集者たちが、「個人的な想い」で推す、いまお勧めのクルマ3台をお届けする。今回はGENROQ編集部吉岡おすすめの...

1150馬力! 1億円オーバーの「FXE」を作るアリアはシンガーポルシェの技術協力メーカーでした …

スーパーカー大王ことモータージャーナリスト山崎元裕氏に、2022年に注目したいハイパーカーメーカーをピックアップしてもらいました。アリアの「ルート66」 …

指定されたページは存在しません|au Webポータル
タイトルとURLをコピーしました