メルセデスF1、BOSEおよびEPSONとの長年にわたるパートナーシップ契約を終了 | F1 | a utosport …

メルセデスF1、BOSEおよびEPSONとの長年にわたるパートナーシップ契約を終了 | F1 | autosport …

メルセデスF1チームと長年パートナーシップ契約を結んでいた音響機器開発製造会社BOSEと情報関連および精密機器メーカーEPSONが、2022年シーズンに向けて …

メルセデスF1、BOSEおよびEPSONとの長年にわたるパートナーシップ契約を終了 | F1 | autosport web
 メルセデスF1チームと長年パートナーシップ契約を結んでいた音響機器開発製造会社BOSEと情報関連および精密機器メーカーEPSONが、2022年シーズンに向けて契約を更新しないことを決めたようだ。また、世界最大級のホテルチェーン、マリオット・インターナショナルのホテルプログラム『マリオット ボンヴォイ』もパートナーから...

2022年にシルバーのメルセデスF1が復活か。メインカラーをブラックから変更との報道 | F1 …

メルセデスF1チームは2022年にはマシンのメインカラーをブラックからシルバーに戻すことを決定したと、ドイツメディアが伝えた。 ルイス・ハミルトンが積極 …

2022年にシルバーのメルセデスF1が復活か。メインカラーをブラックから変更との報道 | F1 | autosport web
 メルセデスF1チームは2022年にはマシンのメインカラーをブラックからシルバーに戻すことを決定したと、ドイツメディアが伝えた。 ルイス・ハミルトンが積極的に取り組んでいる人種差別撤廃を訴える"Black Lives

プロスト、年間23戦の過密スケジュールに否定的見解「F1の特別感が薄れる」(オートスポーツ …

4度のF1チャンピオンであり、現在アルピーヌF1チームのノンエグゼクティブディレクターを務めるアラン・プロストが、2022年F1シーズンに23戦が開催される …

プロスト、年間23戦の過密スケジュールに否定的見解「F1の特別感が薄れる」(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 4度のF1チャンピオンであり、現在アルピーヌF1チームのノンエグゼクティブディレクターを務めるアラン・プロストが、2022年F1シーズンに23戦が開催されることに関し、レース数が多すぎるという考え

FIA新会長、ハミルトン電撃引退の噂について発言「彼が辞めるとは思わない。彼が何か言ったのか …

FIAの新しい会長に就任したモハメド・ベン・スレイエムは、2021年のF1最終戦アブダビGPで敗北し、それ以来沈黙を守っているルイス・ハミルトンが、電撃的 …

FIA新会長、ハミルトン電撃引退の噂について発言「彼が辞めるとは思わない。彼が何か言ったのか?」
FIAの新しい会長に就任したモハメド・ベン・スレイエムは、2021年のF1最終戦アブダビGPで敗北し、それ以来沈黙を守っているルイス・ハミルトンが、電撃的にF1引退することはないと確信している。

マックス・フェルスタッペン 「18インチはトラクションのかかり方が異なる」

レッドブルF1のマックス・フェルスタッペンは、タイトル防衛がかかる2022年に導入される次世代F1マシンについてどのように感じているかを語った。

マックス・フェルスタッペン 「18インチはトラクションのかかり方が異なる」 / 2022年F1マシン
レッドブルF1のマックス・フェルスタッペンは、タイトル防衛がかかる2022年に導入される次世代F1マシンについてどのように感じているかを語った。新レギュレーションによって、F1マシンの基本設計は、空力に依存する哲学からグランドエフェクトカーに移行するため、2022年はマシンの扱いは大きく異なるものになると考えられている...

レッドブル、ライバルチームの”空力開発”を注視「我々の2021年が正しかったかどうかは – Motorsport

F1 ニュース. レッドブル、ライバルチームの”空力開発”を注視「我々 …

レッドブル、ライバルチームの”空力開発”を注視「我々の2021年が正しかったかどうかは、開幕戦まで分からない」
レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、2021年のタイトル争いを最終戦まで繰り広げたことにより、2022年マシンの開発に妥協を及ぼしたことはないと考えているものの、本当に問題がなかったかは、2022年開幕戦を迎えるまで分からないと語る。

元王者ニコ・ロズベルグ氏がガスリーを高く評価「レッドブル再昇格にならなかったのは驚きだっ …

2度のF1王者アロンソは“本物のファイター”だとフェルスタッペン「彼がトップに戻るのを見たい」. オートスポーツweb 2021/12/28(火) 15:42.

元王者ニコ・ロズベルグ氏がガスリーを高く評価「レッドブル再昇格にならなかったのは驚きだった」|F1(DAZN News) - Yahoo!ニュース
2016年のワールドチャンピオンであるニコ・ロズベルグ氏が、アルファタウリのピエール・ガスリーがレッドブル再昇格とならないことを「意外だった」と述べている。 かつてトロ・ロッソで結果を残したことか

ホンダF1 山本雅史MD 「トストさんがF1に留まるよう説得してくれた」

ホンダF1のマネージングディレクターを務めた山本雅史は、マクラーレンとの大失敗の後、レッドブルとともにF1に留まるようにホンダを説得する手助けをして …

ホンダF1 山本雅史MD 「トストさんがF1に留まるよう説得してくれた」
ホンダF1のマネージングディレクターを務めた山本雅史は、マクラーレンとの大失敗の後、レッドブルとともにF1に留まるようにホンダを説得する手助けをしてくれたのはアルファタウリF1のチーム代表であるフランツ・トストだったと語った。ホンダは、2015年にマクラーレンのワークスパートナーとしてF1に復帰したが、3シーズンの間に...

ジェンソン・バトン、ウィリアムズF1の顧問として「もっと関与したい」 – F1-Gate.com

元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、2022年はウィリアムズF1の顧問として昨年よりも“もっと多くのこと”を行うことを計画している。

ジェンソン・バトン、ウィリアムズF1の顧問として「もっと関与したい」
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、2022年はウィリアムズF1の顧問として昨年よりも“もっと多くのこと”を行うことを計画している。昨年1月、2009年のF1ワールドチャンピオンであるジェンソン・バトンは、キャリアをスタートしたウィリアムズF1にアドバンザーとして復帰することが発表された。

「フェルナンド・アロンソはホンダF1に焦りすぎた」と元F1ドライバー

元F1ドライバーのアンソニー・デビッドソンは、フェルナンド・アロンソがマクラーレン・ホンダ時代にホンダF1の苦境に焦りすぎたことを後悔しているかもしれ …

「フェルナンド・アロンソはホンダF1に焦りすぎた」と元F1ドライバー
元F1ドライバーのアンソニー・デビッドソンは、フェルナンド・アロンソがマクラーレン・ホンダ時代にホンダF1の苦境に焦りすぎたことを後悔しているかもしれないと語る。フェルナンド・アロンソは、マクラーレンのワークスパートナーとしてホンダがF1復帰した2015年に新生マクラーレン・ホンダに加入した。アロンソにとってはチームと...
タイトルとURLをコピーしました