米クアルコム、ホンダやルノーなどに自動車用半導体供給へ | Reuters – ロイター

米クアルコム、ホンダやルノーなどに自動車用半導体供給へ | Reuters – ロイター

米通信用半導体大手・クアルコムは4日、自動車用半導体をボルボ・グループのほか、ホンダと仏ルノーに供給する契約を結んだと発表した。

米クアルコム、ホンダやルノーなどに自動車用半導体供給へ
米通信用半導体大手・クアルコムは4日、自動車用半導体をボルボ・グループのほか、ホンダと仏ルノーに供給する契約を結んだと発表した。

ワンコとドライブするなら、ホンダフリード+がオススメの3つの理由(ベストカーWeb)

ガソリン車だけでなく、ハイブリッド車も選べるのが魅力だ。 安全装備では、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を搭載。衝突軽減ブレーキのCMBSを …

ワンコとドライブするなら、ホンダフリード+がオススメの3つの理由(ベストカーWeb) - Yahoo!ニュース
 コロナウイルス拡大による、半導体不足や流通の遅延によって新車の製造に影響が出ている中、一般社団法人自動車販売協会連合会が発表した2021年11月の新車販売台数では、上位10台のうち、トヨタ車が7台

トヨタ・ホンダ・日産…製造から廃棄まで「脱炭素」、それぞれの試行錯誤 – Yahoo!ニュース

ホンダは主要部品メーカーに50年のCO2排出量ゼロに向けた工程表の提出を求めた。25年度から19年度比年4%ずつ削減するよう要請したが、この数値は目安との …

トヨタ・ホンダ・日産…製造から廃棄まで「脱炭素」、それぞれの試行錯誤(ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース
 2050年に車の製造から廃棄までライフサイクル全体でカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)の実現を目指す日本の自動車業界。完成車メーカー各社は部品の製造を含めたサプライチェーン(供給網

クアルコム、ホンダに車載半導体 ボルボやルノーにも – 日本経済新聞

【ラスベガス=佐藤浩実】米クアルコムは4日、ホンダの乗用車向けに半導体の供給を始めると発表した。車内のディスプレーの表示や音響といった「デジタル …

クアルコム、ホンダに車載半導体 ボルボやルノーにも
【ラスベガス=佐藤浩実】米クアルコムは4日、ホンダの乗用車向けに半導体の供給を始めると発表した。車内のディスプレーの表示や音響といった「デジタルコックピット」のための半導体で、ボルボ・カー(スウェーデン)や仏ルノーとも新たな契約を結んだ。デジタル技術の導入が進む自動車市場の開拓を進める。世界最大のテクノロジー見本市「C...

ホンダ新型スポーツSUVを海外で初披露!! 幻の「ZR-V」となるか? 日本導入は?? …無理…なの…か …

ホンダはこの2カ月前の9月に、同国で新型コンパクトSUV「BR-V」を発表しており、今回の「SUV RS CONCEPT」は、そのショートボディ版だと考えられる。 時を同じく …

ホンダ新型スポーツSUVを海外で初披露!! 幻の「ZR-V」となるか? 日本導入は?? …無理…なの…か…?? - 自動車情報誌「ベストカー」
ホンダのインドネシア法人が新型「SUV RS CONCEPT」を世界初公開。同時期に、ホンダが日本で「ZR-V」という商標を出願したと判明。「RS CONCEPT」が「ZR-V」として日本に導入される!? と話題に。はたして導入はあるのか?

マン振りしたけど歴史的三振! 知る人ぞ知るホンダ「ロゴ」の功罪とは – Auto Messe Web

この記事をまとめると ヒット作「シティ」の後継モデルとして「ロゴ」が登場 5つのテーマを掲げたホンダ渾身のコンパクトモデル 肝心の「走り」に難がある …

マン振りしたけど歴史的三振! 知る人ぞ知るホンダ「ロゴ」の功罪とは
シティの販売終了から3年の空白期間を経て登場したホンダ・ロゴ。コンパクトカーとして意欲作となるはずだったが最高のパッケージングや安全性能を誇りながらも、ホンダ=走りを覆す走行性能に難があるなど、残念ながら販売台数を大きく伸ばすことができなかった。しかし、初代フィットにつながら21世紀のコンパクトカーづくりの先鞭をつけた

2021年4月の正式発表前に内外装のデザインなどを公開【第2位】 – carview!

ヴェゼルは、2013年に現行型(初代)が発表されて以来、世界で380万台以上が販売されているホンダの人気コンパクトSUVだ。今回、初のフルモデルチェンジを受けて …

【2021写真蔵トップ10】ホンダ 新型ヴェゼルは、2021年4月の正式発表前に内外装のデザインなどを公開【第2位】(Webモーターマガジン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
2021年もコロナ禍の影響を受けたものの、さまざまなニューモデルが登場した。そこで年末年始特別企画として、Webモーターマガジンの連載企画「写真蔵」で紹介した人気ニューモデル トップ10をカウントダウンで紹介しよう。第2位は、正式発表前に内...

ローレンス・ストロール(アストンマーティンF1チームオーナー) – autosport web

7 F1 | スペシャルカラーのレッドブルRB16B・ホンダ … 当サイトに掲載されている文章・写真等の許可なき複製・転載を禁じます。 The total of partial …

ローレンス・ストロール(アストンマーティンF1チームオーナー) | レッドブルF1、元空力責任者のアストンマーティン移籍に関し提訴。2022年加入を阻止への画像・写真(1) | autosport web

眺めるだけでオモシロイ! 個性派&傑作揃いの”メーター”年代記〈’50~’70年代編〉 WEBヤング …

【HONDA CB750 FOUR】750cc直4は量産車世界初。最高速は200km/h 超で、圧倒的な性能を誇った。 〈現代〉ホンダ CB1100シリーズ( …

眺めるだけでオモシロイ! 個性派&傑作揃いの”メーター”年代記〈’50~’70年代編〉
造り手の意志やマシンの個性を端的に表し、当代の先進技術とデザインが色濃く反映されいる部品が”メーター”だ。本記事では、歴代の個性派&傑作メーターのうち’50~’70年代の逸品を紹介する。当時は

新型ホンダ・ステップワゴンまもなく ミニバン界の功労者 歴史を振り返る – carview!

商用ワンボックスから乗用へホンダの「ステップワゴン」が誕生したのは1996年5月のことであった。振り返ってみれば1990年代は「ミニバンが認められた時代」 …

新型ホンダ・ステップワゴンまもなく ミニバン界の功労者 歴史を振り返る(AUTOCAR JAPAN) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
商用ワンボックスから乗用へホンダの「ステップワゴン」が誕生したのは1996年5月のことであった。振り返ってみれば1990年代は「ミニバンが認められた時代」といえる。それ以前の箱型でスライドドアを備えた多人数乗れるクルマはミニバンではなく、「...
タイトルとURLをコピーしました