スズキ、インドからの輸出が3倍増で過去最高に 2021年 | レスポンス(Response.jp)

スズキ、インドからの輸出が3倍増で過去最高に 2021年 | レスポンス(Response.jp)

スズキのインド子会社のマルチ・スズキ(Maruti Suzuki)は1月3日、2021年のインドからの輸出台数が、過去最高の20万5450台だった、と発表した。

スズキ、インドからの輸出が3倍増で過去最高に 2021年 | レスポンス(Response.jp)
スズキのインド子会社のマルチ・スズキ(Maruti Suzuki)は1月3日、2021年のインドからの輸出台数が、過去最高の20万5450台だった、と発表した。前年実績のおよそ3倍と伸びている。

スズキ株式会社相談役 鈴木修氏が、功績を認められ自動車文化の殿堂に|第1回 FIVA Heritage …

四輪及び二輪のヘリテージ文化を守るため、ヨーロッパを中心に世界71カ国で活動を続けているFIVA(Federation Internationale Vehicules Anciens/ …

スズキ株式会社相談役 鈴木修氏が、功績を認められ自動車文化の殿堂に|第1回 FIVA Heritage Hall of Fame Award
四輪及び二輪のヘリテージ文化を守るため、ヨーロッパを中心に世界71カ国で活動を続けているFIVA(Federation Internationale Vehicules Anciens/会長:Tiddo Bresters)が、自動車の歴史に・・・

2インチと3インチ、リフトアップの違い教えます! スズキ・ジムニー&ジムニーシエラの性能を …

スズキ・ジムニー&ジムニーシエラの性能を100%引き出す!【Showa GARAGE】. 公開日 2022/01/05 11:55; エアロ …

2インチと3インチ、リフトアップの違い教えます! スズキ・ジムニー&ジムニーシエラの性能を100%引き出す!【Showa GARAGE】
ジムニーに強い専門店が作り上げる数々のデモカーは、そのショップのセンスや技術力が注ぎ込まれた渾身の作品といえる。長年の経験に裏打ちされたその仕上がりと実力を堪能していただこう。カスタムの参考にしたいアイデアや一歩先行く新作パーツが勢揃いだ。

功績を認められ自動車文化の殿堂に|第1回 FIVA Heritage Hall of Fame Award – octane.jp

左より杉田光一氏:CCCJ(日本クラシックカークラブ)委員、中村史郎氏:FIVA Heritage Hall of Fame Award 審査員、受賞者 鈴木修氏:スズキ株式会社 …

スズキ株式会社相談役 鈴木修氏が、功績を認められ自動車文化の殿堂に|第1回 FIVA Heritage Hall of Fame Award | octane.jp | Fuelling the Passion - 車に情熱を!-
四輪及び二輪のヘリテージ文化を守るため、ヨーロッパを中心に世界71カ国で活動を続けているFIVA(Federation Internationale Vehicules Anciens/会長:Tiddo Bresters)が、自動車の歴史に

〈開発者インタビュー〉スズキ「アルト」 鈴木猛介チーフエンジニアほか – 日刊自動車新聞 電子版

左から鈴木猛介(すずき・たけゆき)氏、渡邉司(わたなべ・つかさ)氏、津幡知幸(つばた・ともゆき)氏、山田諒子(やまだ・りょうこ)氏 ―開発で苦労した …

〈開発者インタビュー〉スズキ「アルト」 鈴木猛介チーフエンジニアほか|自動車メーカー|紙面記事
左から鈴木猛介(すずき・たけゆき)氏、渡邉司(わたなべ・つかさ)氏、津幡知幸(つばた・ともゆき)氏、山田諒子(やまだ・りょうこ)氏 ―開発で苦労した点は鈴木猛介チーフエンジニア「燃費性能を上げるのが難しかった。新たな安全装備を付けていく上でスペースの確保、また重量が増加する中でいかに燃費を高めていくか、いかに...

〈新車リポート〉スズキ「アルト」 コンセプトは「気軽」「安心」「愛着」 – 日刊自動車新聞 電子版

ハイブリッドX スズキは軽乗用車「アルト」を7年ぶりに全面改良し、2021年12月22日に発売した。1979年に経済性と実用性を兼ね備えた初代を …

〈新車リポート〉スズキ「アルト」 コンセプトは「気軽」「安心」「愛着」|自動車メーカー|紙面記事
ハイブリッドX スズキは軽乗用車「アルト」を7年ぶりに全面改良し、2021年12月22日に発売した。1979年に経済性と実用性を兼ね備えた初代を投入して新しい市場を切り拓き、42年間で国内累計販売台数が約526万台…

眺めるだけでオモシロイ! 個性派&傑作揃いの”メーター”年代記〈’50~’70年代編〉 WEBヤング …

スズキRE-5(’74~):今も伝説、ザ”茶筒”. この年代のメーターを語る上で欠かせないのが本作だ。”茶筒”状の円筒型メーターに半透明 …

眺めるだけでオモシロイ! 個性派&傑作揃いの”メーター”年代記〈’50~’70年代編〉
造り手の意志やマシンの個性を端的に表し、当代の先進技術とデザインが色濃く反映されいる部品が”メーター”だ。本記事では、歴代の個性派&傑作メーターのうち’50~’70年代の逸品を紹介する。当時は

松尾スズキ、作・演出『命、ギガ長スW』で表現するインディペンデント精神に根付いた – SPICE

大人計画を主宰する松尾スズキが、2019年に東京成人演劇部の名義で、企画・プロデュース・作・演出・出演を担当して、旗揚げ公演を行なった『命、ギガ長ス』 …

松尾スズキ、作・演出『命、ギガ長スW』で表現するインディペンデント精神に根付いた、究極にシンプルな演劇とは | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス
松尾スズキ、作・演出『命、ギガ長スW』で表現するインディペンデント精神に根付いた、究極にシンプルな演劇とは

ハンターカブ強し! 2021年に最も注目されたバイクBEST5・ニューモデル部門 WEBヤングマシン …

スズキは2021年2月、欧州で新型ハヤブサを発表した。1998年の初期型登場以来、スズキのフラッグシップ・メガスポーツとして君臨してきたハヤブサは、排ガス …

ハンターカブ強し! 2021年に最も注目されたバイクBEST5・ニューモデル部門
スクープからの、ニューモデル登場! ヤングマシンが得意とするニューモデル速報で2021年に最も読まれた記事は、総合部門を制した『CT125ハンターカブとクロスカブ110は何が違う?』に続いてCT125ハンターカブの新色情報だった。しかも海外

[本怖] これ誰の…!? – マイナビニュース

コロナ禍以降、「車から降りないドライブ」や「ドライブインシアター」など、車を活用したイベントも増えてきた。 しかし中には…… 関連記事. スズキが新型「 …

ドライブデートでゾッとした話(16) [本怖] これ誰の…!?
マイナビニュース会員に「ドライブでゾッとした」エピソードをアンケートで募集。マイナビニュースでも人気の連載漫画「モンスターOLうるみ」を執筆する、漫画家兼イラストレーターの菅原県さんにイラスト化してもらった。みんなの体験談を参考に、これからのドライブにしっかりと備えよう。
タイトルとURLをコピーしました