スバリストはどう思う?スバルの電気自動車ソルテラはトヨタと共同開発 – Yahoo!ニ ュース

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

スバリストはどう思う?スバルの電気自動車ソルテラはトヨタと共同開発 – Yahoo!ニュース

2021年4月に開催された上海モーターショーで、スバルとトヨタがEVを発売すると発表してから7ヶ月後の11月11日、スバルは、初のバッテリーEV「ソルテラ」を …

スバリストはどう思う?スバルの電気自動車ソルテラはトヨタと共同開発(FORZA STYLE) - Yahoo!ニュース
2021年4月に開催された上海モーターショーで、スバルとトヨタがEVを発売すると発表してから7ヶ月後の11月11日、スバルは、初のバッテリーEV「ソルテラ」を世界初公開した。

新しいフォレスターの“マジメ”な進化とは? スバルらしさ健在のSUVに迫る!(GQ JAPAN …

一部改良を受けたスバルのSUVの「フォレスター」に小川フミオが試乗した。印象はいかに?

新しいフォレスターの“マジメ”な進化とは? スバルらしさ健在のSUVに迫る!(GQ JAPAN) - Yahoo!ニュース
一部改良を受けたスバルのSUVの「フォレスター」に小川フミオが試乗した。印象はいかに?

スバル XVは価格・装備を考えると未だコスパ最強のモデルだった! そして新型XVに … – carview!

スバル XVは価格・装備を考えると未だコスパ最強のモデルだった! そして新型XVに期待したいのはプラグインハイブリッドだ. 2022/01/06 10:00 MOTA …

スバル XVは価格・装備を考えると未だコスパ最強のモデルだった! そして新型XVに期待したいのはプラグインハイブリッドだ(MOTA) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
カローラクロスなどステーションワゴンやハッチバックモデルをベースとしたクロスオーバーSUVが人気を博しているが、この市場に古くから参入しているのはスバル XVである。現行モデルは2022年で5年目を迎えるとあって、まもなくのフルモデルチェン...

好ダッシュ! 新型BRZが過去最高の販売台数を記録した12月の北米スバル | Motor-Fan …

北米スバル(Subaru of America)の2021年は、新型コロナと半導体不足によって期待外れの1年となってしまった。2021年の販売台数は58万3810台で前年 …

好ダッシュ! 新型BRZが過去最高の販売台数を記録した12月の北米スバル
北米スバル(Subaru of America)の2021年は、新型コロナと半導体不足によって期待外れの1年となってしまった。2021年の販売台数は58万3810台で前年から4.6%ダウン。ただ、モデルチェンジしたばかりの新型BRZが12月としては過去最高の1069台を販売するなど、2022年のリベンジに向けた明るい材...

スバル XVは価格・装備を考えると未だコスパ最強のモデルだった! そして新型XVに期待したいの …

スバル XVがマイナーチェンジを実施! 快適装備を向上へ. スバルのクロスオーバーSUVであるXVが2021年12月16日(木)に一部改良を …

スバル XVは価格・装備を考えると未だコスパ最強のモデルだった! そして新型XVに期待したいのはプラグインハイブリッドだ|【話題を先取り】新型車解説2022【MOTA】
カローラクロスなどステーションワゴンやハッチバックモデルをベースとしたクロスオーバーSUVが人気を博しているが、この市場に古くから参入しているのはスバル XVである。現行モデルは2022年で5年目を迎えるとあって、まもなくのフルモデルチェンジが期待されている状況である。だが、ライバルが増えた現在でも未だ魅力が衰えていな...

アルスマグナ 公式ブログ – スバルのお気をつけてブログ – Powered by LINE – LINE BLOG

スバルです!!皆さんこんばんは!今日はもう朝からさっむい!!!!起きた時に、曇り空だったのでうーん。。。っていう感じの気分。

スバルのお気をつけてブログ : アルスマグナ 公式ブログ
スバルです!!皆さんこんばんは!今日はもう朝からさっむい!!!!起きた時に、曇り空だったのでうーん。。。っていう感じの気分。ホットコーヒーを飲みながら、室内から窓を覗いていると、、「あれ?雪、、?」ついに、しっかりとした雪が降ってきた!!どおりで寒いわけ

ソニーも参入 各社からEV出そろう2022年、消費車は本当にEVを選ぶ? – ITmedia

「bZ4X」は、トヨタとスバルが共同開発しており、EV専用プラットフォームを採用しています。全長4690ミリ、全幅1860ミリのミッドサイズのSUVで、71.4kWhの …

ソニーも参入 各社からEV出そろう2022年、消費者は本当にEVを選ぶ?
22年は、これまで以上に「EV」に注目の年となることは間違いありません。なぜなら、22年は市場に販売できるEVがそろう年になるからです。

熊本スバルが本社・南高江店全面建て替え ショールームを1.2倍に – 日刊自動車新聞

【熊本】熊本スバル(松本哲也社長)は本社・南高江店を全面建て替えして、営業を開始した=写真。ショールームは1・2倍に拡張し、高級感があって居心地が …

熊本スバルが本社・南高江店全面建て替え ショールームを1.2倍に|九州|九州
【熊本】熊本スバル(松本哲也社長)は本社・南高江店を全面建て替えして、営業を開始した=写真。ショールームは1・2倍に拡張し、高級感があって居心地が良い空間に一新したほか、サービス工場の能力を引き上げ…

スバル360 スターター、ダイナモベルト交換 | AUTOCAR JAPAN

SEEの西城です。いっぱつめはスバル360。 今年も頑張って参りますので何卒御贔屓に宜しくお願い致します。堅苦しいですね。ホントはあけおめことよろな感じ …

スバル360 スターター、ダイナモベルト交換 - AUTOCAR JAPAN
SEEの西城です。いっぱつめはスバル360。 今年も頑張って参りますので何卒御贔屓に宜しくお願い致します。堅苦しいですね。ホントはあけおめことよろな感じです。 以前からオーナーさんが訴えておられたのですが、スターターがイ

「日本カー・オブ・ザ・イヤー」も受賞! スバル「レヴォーグ」に手が届く年収はいくら?

「カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した「レヴォーグ」購入費用は?2014年に誕生したスバル「レヴォーグ」は、先代にあたる「レガシィツーリングワゴン」 …

「日本カー・オブ・ザ・イヤー」も受賞! スバル「レヴォーグ」に手が届く年収はいくら? - ライブドアニュース
「カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した「レヴォーグ」購入費用は?2014年に誕生したスバル「レヴォーグ」は、先代にあたる「レガシィツーリングワゴン」のDNAを受け継ぎ、日本人が運転しやすいサイズに収めたス
タイトルとURLをコピーしました