ゴードン・マレー、新型スーパーカー「T33」を1月27日公開予定 GT寄りのハイブリッ ドモデル …

ゴードン・マレー、新型スーパーカー「T33」を1月27日公開予定 GT寄りのハイブリッドモデル …

ゴードン・マレー・オートモーティブは、スーパーカーのT50に続く最新のパフォーマンスモデルを1月27日に発表する。

ゴードン・マレー、新型スーパーカー「T33」を1月27日公開予定 GT寄りのハイブリッドモデル(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
ゴードン・マレー・オートモーティブは、スーパーカーのT50に続く最新のパフォーマンスモデルを1月27日に発表する。

最高速度が時速500km!?ハイパーカー「ヘネシー ヴェノムF5」とは? – ダイヤモンド・オンライン

世界最速を目指し続けるアメリカンスーパーカー. アメリカ テネシー州のチューニングメーカーであるヘネシーパフォーマンス。1991年からマクラーレンや …

最高速度が時速500km!?ハイパーカー「ヘネシー ヴェノムF5」とは?
アメリカ テネシー州のチューニングメーカーであるヘネシーパフォーマンス。1991年からマクラーレンやフォード、フェラーリなどを、超ハイパワーかつ信頼できるクルマとしてチューニングしてきた一流チューナーだ。そのヘネシーの最新モデル、ヴェノムF5の生産予定台数24台が完売したと発表された。

「これが我々の決意」ケーニグセグが新型ハイパーカーを予告! | clicccar.com

同社初の量産スーパーカーである「CC8S」に敬意を表したシルエット スーパーカーメーカーのケーニグセグは、新型ハイパーカーのティザーイメージを公式 …

「これが我々の決意」ケーニグセグが新型ハイパーカーを予告! | clicccar.com
■同社初の量産スーパーカーである「CC8S」に敬意を表したシルエット スーパーカーメーカーのケーニグセグは、新型ハイパーカーのティザーイメージを公式インスタグラムで初公開しました。

注目はニッサンZ。レースクイーンも多数ランクイン/2021年国内ニュースフォトアクセス …

スーパーGTニュース記事一覧 > 注目はニッサンZ。レースクイーンも多数ランク … F1 | ホンダはもちろん、初お披露目の2022年ショーカーまで幅広い写真 …

注目はニッサンZ。レースクイーンも多数ランクイン/2021年国内ニュースフォトアクセスランキング | スーパーGT | autosport web
 2021年シーズンもautosport webでは文字はもちろん、写真も交えながら、さまざまなニュースをお届けしてまいりました。2021年末にはシーズン中にお届けした写真のなかから、カテゴリ別に反響の多かったトップ5をご紹介しましたが、ここではスーパーGT、レースクイーン、新車情報といった国内ニュースのなかから反響の...

「これが我々の決意」ケーニグセグが新型ハイパーカーを予告! – エキサイト

同社初の量産スーパーカーである「CC8S」に敬意を表したシルエットスーパーカーメーカーのケーニグセグは、新型ハイパーカーのティザーイメージを公式 …

「これが我々の決意」ケーニグセグが新型ハイパーカーを予告! (2022年1月8日) - エキサイトニュース
■同社初の量産スーパーカーである「CC8S」に敬意を表したシルエットスーパーカーメーカーのケーニグセグは、新型ハイパーカーのティザーイメージを公式インスタグラムで初公開しました。ケーニグセグCC8Sリ...

「Z32に水平開閉式の電動ガルウイングを搭載!?」スーパースポーツに憧れた男の超絶ホットマシン …

電動ガル&迫力ワイドボディで唯一無二の和製スーパーカーを製作 拘りのベース車選択から妥協ないリメイクを経て完成! 歴代モデルが一様にスタイリングと …

「Z32に水平開閉式の電動ガルウイングを搭載!?」スーパースポーツに憧れた男の超絶ホットマシンに迫る
電動ガル&迫力ワイドボディで唯一無二の和製スーパーカーを製作 拘りのベース車選択から妥協ないリメイクを経て完成! 歴代モデルが一様にスタイリングとスポーツ性能を併せ持ち、世界中のクルマ好きを虜にしたフェアレディZ。なかでも平成元年に4代目として登場したZ32型は、その外観はもちろん、国内ではじめて最高出力280psを記...

マクラーレン765LTスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 サーキットに本領あり – webCG

マクラーレンの注目モデルは新型ハイブリッドスーパーカー「アルトゥーラ」【輸入車ブランドに聞きました2021】 2021.1.25 自動車ニュース. 関連キーワード.

マクラーレン765LTスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 サーキットに本領あり - webCG
マクラーレンのハードコアモデルを示す「LT」=ロングテールの名を冠した「765LTスパイダー」。“出力向上+軽量化+空力リファイン”という、レーシングマシンと同じ手法で高性能化が図られたオープンスポーツの走りやいかに。

29歳、フェラーリを買う Vol.136 “3年目”も頑張ります | GQ JAPAN

だからといって、ミドシップのスーパーカーとしては、積載能力は悪くないように思う。たとえば、シート背後にはゴルフバッグが置けるスペースもある。

29歳、フェラーリを買う──Vol.136 “3年目”も頑張ります
『GQ JAPAN』の編集者・イナガキ(29歳)が、ひょんなことから中古のフェラーリを購入した! 勢いで買ってしまったフェラーリのある生活とは? 今回は、収納スペースのお話と、2022年の念頭所感を少々。

名門スパイカー復活へ!高級SUVなど一挙3台投入 | clicccar.com

「B6 Venator」「C8 Preliator」、そして「D12Peking-to-Paris」を市販化 オランダを拠点とする高級スーパーカーメーカー「Spyker(スパイカー)」が2022年 …

名門スパイカー復活へ!高級SUVなど一挙3台投入 | clicccar.com
■「B6 Venator」「C8 Preliator」、そして「D12Peking-to-Paris」を市販化 オランダを拠点とする高級スーパーカーメーカー「Spyker(スパイカー)」が2022年に復活、年内に3台の新型モデルを市場に投入する可能性が高いことがわかりました。

いまどきの「アメ車」は「ダメ車」じゃない! 急激に進むブランド戦略の驚異 – WEB CARTOP

ついに、リヤミッドシップ化されたシボレー・コルベット。ぱっと見た目には、フェラーリのような欧州系スーパーカーに見える。エンジンはアメ車らしい6.2 …

いまどきの「アメ車」は「ダメ車」じゃない! 急激に進むブランド戦略の驚異
この記事をまとめると■アメリカンブランドは伝統を変革させることで新時代を生き抜こうとしている■いまどきのアメ車はユーザー・ファーストを徹底した事業転換を成功させている■日本メーカーにとってもいまどきのアメ車には学ぶことが多い変革の先鞭はミッ…
タイトルとURLをコピーしました