【F1特集】来る”F1新時代”、2022年シーズンに向けて知っておきたい6つのこと – Mo torsport

【F1特集】来る”F1新時代”、2022年シーズンに向けて知っておきたい6つのこと – Motorsport

イベントフルな2021年シーズンが幕を閉じ、2022年シーズンの開幕が近づいている。新レギュレーション導入により大きく変わる来季について、F1カレンダーや …

【F1特集】来る”F1新時代”、2022年シーズンに向けて知っておきたい6つのこと:ドライバーや新規定マシンなど
イベントフルな2021年シーズンが幕を閉じ、2022年シーズンの開幕が近づいている。新レギュレーション導入により大きく変わる来季について、F1カレンダーやマシン、ドライバーについての情報をご紹介する。

レッドブルF1代表、タイトル決定戦の物議にも平静「すぐに忘れ去られ

2021年F1最終戦終盤のFIAレースディレクターの行動が議論を呼んでいるが、レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、その状態が長引く …

レッドブルF1代表、タイトル決定戦の物議にも平静「すぐに忘れ去られ、マックスがチャンピオンという事実だけが残る」(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 2021年F1最終戦終盤のFIAレースディレクターの行動が議論を呼んでいるが、レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、その状態が長引くことはなく、すぐに誰もが忘れてしまい、マッ

F1ルーキーの周冠宇、レースナンバーとして選んだ『24』は子ども時代のヒーローの背番号 …

アルファロメオから2022年にF1デビューを果たす周冠宇が、レースナンバーとして『24』を選んだ理由を説明した。

F1ルーキーの周冠宇、レースナンバーとして選んだ『24』は子ども時代のヒーローの背番号(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 アルファロメオから2022年にF1デビューを果たす周冠宇が、レースナンバーとして『24』を選んだ理由を説明した。

ハミルトン、愛車パガーニ・ゾンダ760LHを13億円で売却。環境意識高まりコレクションを整理 …

メルセデスF1チームのルイス・ハミルトンが、愛車パガーニ・ゾンダ760LHを売却したと報じられた。 イタリアの『Quattroruote』は、ハミルトンがハイパー …

ハミルトン、愛車パガーニ・ゾンダ760LHを13億円で売却。環境意識高まりコレクションを整理 | F1 | autosport web
 メルセデスF1チームのルイス・ハミルトンが、愛車パガーニ・ゾンダ760LHを売却したと報じられた。 イタリアの『Quattroruote』は、ハミルトンがハイパーカー、パガーニ・ゾンダ760LHを先月、1000万ユーロ(約13億円)という高額で売却したと伝えた。ハミルトンは2014年にこの車を140万ユーロ(約1億8...

ホンダ田辺豊治元F1テクニカルディレクター、今も英国に残り業務を継続「新しいチャレンジへ …

2021年限りでF1活動を終了させたホンダ。しかし同社のF1テクニカルディレクターを務めていた田辺豊治は、2022年となった今もイギリスに残り、業務を続けて …

ホンダ田辺豊治元F1テクニカルディレクター、今も英国に残り業務を継続「新しいチャレンジへ向けスタート」(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 2021年限りでF1活動を終了させたホンダ。しかし同社のF1テクニカルディレクターを務めていた田辺豊治は、2022年となった今もイギリスに残り、業務を続けている。

F1ファンに大好評! マクラーレン、今後も”1戦限り”の特別カラーリング実施に前向き(motorsport …

マクラーレンは2021年のF1モナコGPで、通常のパパイヤオレンジのカラーリングではなく、スポンサーであるガルフオイルカラーのマシンを走らせた。

F1ファンに大好評! マクラーレン、今後も”1戦限り”の特別カラーリング実施に前向き(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 マクラーレンは2021年のF1モナコGPで、通常のパパイヤオレンジのカラーリングではなく、スポンサーであるガルフオイルカラーのマシンを走らせた。また、最終戦アブダビGPでも、ブリティッシュ・アメリ

F1ルーキーの周冠宇、レースナンバーとして選んだ『24』は子ども時代のヒーローの背番号 | F1 …

アルファロメオから2022年にF1デビューを果たす周冠宇が、レースナンバーとして『24』を選んだ理由を説明した。 周は2022年唯一のF1ルーキーであり、中国 …

F1ルーキーの周冠宇、レースナンバーとして選んだ『24』は子ども時代のヒーローの背番号 | F1 | autosport web
 アルファロメオから2022年にF1デビューを果たす周冠宇が、レースナンバーとして『24』を選んだ理由を説明した。 周は2022年唯一のF1ルーキーであり、中国出身のドライバーがF1にフル参戦するのは史上初めてのことだ。

マクラーレンCEO、2022年は複数マシンでのF1タイトル争いを熱望「1チームの独走なら驚く …

マクラーレンでCEOを務めるザク・ブラウンは、2022年シーズンのF1は最終戦まで「3~4台のマシンで」タイトル争いが展開されることが究極のゴールだとして …

マクラーレンCEO、2022年は複数マシンでのF1タイトル争いを熱望「1チームの独走なら驚く」(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 マクラーレンでCEOを務めるザク・ブラウンは、2022年シーズンのF1は最終戦まで「3~4台のマシンで」タイトル争いが展開されることが究極のゴールだとしている。

レッドブルF1代表 「同じマシンならフェルスタッペンがハミルトンに勝つ」 【 F1-Gate .com 】

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンが同じマシンでレースをしたならば、どちらが …

レッドブルF1代表 「同じマシンならフェルスタッペンがハミルトンに勝つ」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンが同じマシンでレースをしたならば、どちらが勝つかは“間違いない”ことだと語る。クリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンが2021年シーズン後半にマシンから引き出したパフォーマンスレベルを称賛。その時点で...

ホンダF1 特集:第4期 7年間の軌跡

2015年にホンダがF1へ復帰してから7年間。その歩みを印象に残る場面を追いながら振り返る。2008年限りでF1から撤退していたホンダが、マクラーレンを …

ホンダF1 特集:第4期 7年間の軌跡
2015年にホンダがF1へ復帰してから7年間。その歩みを印象に残る場面を追いながら振り返る。2008年限りでF1から撤退していたホンダが、マクラーレンをパートナーに、7年ぶりの復帰。新パワーユニットでの新たな挑戦がスタートした。1980~90年代に栄光を誇ったタッグの復活は、大きな話題となった一方、パワーユニット規定が...
タイトルとURLをコピーしました