新パワーユニットのテストベンチを終えたアルピーヌF1「我々は大きな飛躍を … – autosport web

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

新パワーユニットのテストベンチを終えたアルピーヌF1「我々は大きな飛躍を … – autosport web

大幅なレギュレーション変更が実施される2022年シーズンのF1だが、それは車体面にとどまらない。バイオエタノールの割合を10パーセントにまで高めた、E10と …

新パワーユニットのテストベンチを終えたアルピーヌF1「我々は大きな飛躍を遂げることができる」 | F1 | autosport web
 2022年シーズンの開幕に向けて新パワーユニットのテストベンチを終えたアルピーヌは、今季のさらなる飛躍に期待を高めている。 大幅なレギュレーション変更が実施される2022年シーズンのF1だが、それは車体面にとどまらない。バイオエタノールの割合を10パーセントにまで高めた、E10と呼ばれる新燃料を使用することもその一つ...

30年ぶり栄冠の立役者、山本雅史MDがホンダを退社「全身全霊でやりきった … – autosport web

30年ぶりにドライバーズチャンピオンをレッドブル、そしてマックス・フェルスタッペンとともに獲得したホンダ。そのホンダF1でマネージングディレクターを …

30年ぶり栄冠の立役者、山本雅史MDがホンダを退社「全身全霊でやりきった。ホンダ人生に終止符を打ついいタイミング」 | F1 | autosport web
 30年ぶりにドライバーズチャンピオンをレッドブル、そしてマックス・フェルスタッペンとともに獲得したホンダ。そのホンダF1でマネージングディレクターを務めてきた山本雅史氏が2022年1月31日をもってホンダを退社することが関係者への取材で明らかになった。

2年目のF1に気合十分の角田裕毅!トスト代表は1年目の過ちを「正常」と強調、ガスリーは …

昨季、F1でのルーキーイヤーを過ごした角田裕毅。開幕戦バーレーン・グランプリでいきなり9位入賞、最終戦アブダビGPでは自己最高の4位と、最初と最後は …

2年目のF1に気合十分の角田裕毅!トスト代表は1年目の過ちを「正常」と強調、ガスリーは「信じている」と信頼示す(THE DIGEST) - Yahoo!ニュース
 昨季、F1でのルーキーイヤーを過ごした角田裕毅。開幕戦バーレーン・グランプリでいきなり9位入賞、最終戦アブダビGPでは自己最高の4位と、最初と最後は満足のいくものとなったが、その間には激しいアップ

ランド・ノリス 「カルロス・サインツの影から抜け出す必要があった」 – F1-Gate.com

マクラーレンF1のランド・ノリスは、2021年が以前のチームメイトであるカルロス・サインツが自分を覆った“影”から抜け出さなければならないシーズンだったと …

マクラーレンF1のランド・ノリス 「カルロス・サインツの影から抜け出す必要があった」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、2021年が以前のチームメイトであるカルロス・サインツが自分を覆った“影”から抜け出さなければならないシーズンだったと認める。ランド・ノリスは、F1キャリアの最初の2シーズンでマクラーレンF1でカルロス・サインツとチームメイトであり、マクラーレンがコンストラクターズチャンピオンシップ...

ルクレール上回ったサインツJr.の才能に「皆が気づいた」とマクラーレンF1のランド・ノリス …

F1の2021年シーズンに、カルロス・サインツJr.はマクラーレンからフェラーリへと移籍した。そして、マクラーレンでチームメイトだったランド・ノリスは元 …

ルクレール上回ったサインツJr.の才能に「皆が気づいた」とマクラーレンF1のランド・ノリス(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 F1の2021年シーズンに、カルロス・サインツJr.はマクラーレンからフェラーリへと移籍した。そして、マクラーレンでチームメイトだったランド・ノリスは元チームメイトの高い能力が、フェラーリ移籍後の

キミ・ライコネン 「F1パドックに足を踏み入れることは二度とないかも」

F1の歴史のなかで他のどのドライバーよりも多くのレースに出場し、2007年にF1ワールドチャンピオンを獲得したキミ・ライコネンは、2021年シーズンでF1キャリアに …

キミ・ライコネン 「F1パドックに足を踏み入れることは二度とないかも」
キミ・ライコネンは、引退した今、F1パドックに足を踏み入れることは二度とないかもしれないと感じている。F1の歴史のなかで他のどのドライバーよりも多くのレースに出場し、2007年にF1ワールドチャンピオンを獲得したキミ・ライコネンは、2021年シーズンでF1キャリアに終止符を打った。

アラン・プロスト 「トリプルヘッダーは少し興味を失わせる」 – F1-Gate.com

アラン・プロストは、F1に没頭している人でも、トリプルヘッダーは「少し興味を失う」可能性があると語る。4回のF1ワールドチャンピオンであるアラン・ …

F1:アラン・プロスト 「トリプルヘッダーは少し興味を失わせる」
アラン・プロストは、F1に没頭している人でも、トリプルヘッダーは「少し興味を失う」可能性があると語る。4回のF1ワールドチャンピオンであるアラン・プロストは、人生の半分以上をF1とその周辺で過ごしている。2月に67歳になるアラン・プロストは、1980年にマクラーレンで25歳でF1デビューを果たした。

ジョージ・ラッセル 「2年目にメルセデスF1に昇格する準備はできていた」 【 F1-Gate .com 】

ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズF1でデビューした2年後にメルセデスF1にステップアップして最高のパフォーマンスを発揮する準備はできていたと考えて …

ジョージ・ラッセル 「2年目にメルセデスF1に昇格する準備はできていた」
ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズF1でデビューした2年後にメルセデスF1にステップアップして最高のパフォーマンスを発揮する準備はできていたと考えている。メルセデスF1の育成ドライバーとして、ジョージ・ラッセルは、2017年にGP3、2018年にF2でチャンピオンを獲得してジュニアカテゴリーを卒業し、2019年にウィリ...

F1新時代|2022年ホイールカバー復活……かつて一世を風靡したパーツは、なぜ禁止されたのか?

2022年のF1は、新たなテクニカルレギュレーションが導入されるため、マシンの姿が一変すると予想される。そんな中、過去に実在したマシンから想像することが …

F1新時代|2022年ホイールカバー復活……かつて一世を風靡したパーツは、なぜ禁止されたのか?
2022年のF1は、新たなテクニカルレギュレーションが導入されるため、マシンの姿が一変すると予想される。そんな中、過去に実在したマシンから想像することができる部分もある。ホイールリムカバーもそのひとつだ。

フェルスタッペンの知られざる幼少期、7度のF1王者「シューマッハおじさん」との思い出 | F1 …

マックスの父、ヨスはF1デビューを果たした1994年、ミハエルとチームメイト関係にあった。ミハエルはその後、フェラーリへと移籍。

フェルスタッペンの知られざる幼少期、7度のF1王者「シューマッハおじさん」との思い出 | Formula1-Data / F1情報・ニュース速報解説
マックス・フェルスタッペンは幼少期に、旅行に行ったりプールで一緒に遊ぶなど、ミハエル・シューマッハと交流を持っていたが、当時はただの「おじさん」としか認識してお
タイトルとURLをコピーしました