フェラーリF1、シェルの協力の下、エンジン出力を大幅に向上。信頼性には懸念も – autosport web

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

フェラーリF1、シェルの協力の下、エンジン出力を大幅に向上。信頼性には懸念も – autosport web

2022年F1では、1.6リッターV6ターボハイブリッドの規則は継続され、パワーユニット(PU)については大きな変更はないが、燃料はバイオエタノールの割合が10 …

フェラーリF1、シェルの協力の下、エンジン出力を大幅に向上。信頼性には懸念も、メルセデス方式で積極的に戦うか | F1 | autosport web
 スクーデリア・フェラーリは、燃料およびオイルパートナーであるシェルの協力のもと、2022年シーズンへの準備を順調に進めているようだ。 2022年F1では、1.6リッターV6ターボハイブリッドの規則は継続され、パワーユニット(PU)については大きな変更はないが、燃料はバイオエタノールの割合が10パーセントに引き上げられ...

フェラーリF1、2021年後半はハイブリッドのみ開発を継続「メルセデスやレッドブルとの差を …

フェラーリF1、2021年後半はハイブリッドのみ開発を継続「メルセデスやレッドブルとの差を埋めることが必要」. レースを愛してやまないファンの方々へ auto …

フェラーリF1、2021年後半はハイブリッドのみ開発を継続「メルセデスやレッドブルとの差を埋めることが必要」 | F1 | autosport web
 フェラーリは2022年の新レギュレーション下において、メルセデスやレッドブルとの差を縮めるためのパフォーマンスを楽に生み出せるだろうという甘い認識は持っていないと述べている。 2022年に導入される完全に刷新されたテクニカルレギュレーションにより、各チームは2021年シーズンの早い段階で、リソースの大部分を2022年...

2021年10チームのドライバー間予選スタッツ比較…角田裕毅含め新加入 … – Yahoo!ニュース

2021シーズンを終え、22レースの予選結果について、ドイツ『SPEED WEEK』がデータを用いて、各チーム間のドライバー比較を行った。 記事では「F1において、 …

2021年10チームのドライバー間予選スタッツ比較…角田裕毅含め新加入ドライバーはそろって苦戦する結果に|F1(DAZN News) - Yahoo!ニュース
2021シーズンを終え、22レースの予選結果について、ドイツ『SPEED WEEK』がデータを用いて、各チーム間のドライバー比較を行った。 記事では「F1において、同じチームの僚友は紛れもない味方

「2022年のF1マシンがこれまでよりも遅くなるとは限らない」とニコ・ヒュルケンベルグ …

2022年型F1マシンはコース上でのバトルやオーバーテイクを増加させることを目指して空力コンセプトが変更されるほか、18インチホイールタイヤの導入などもあって …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

ホンダF1田辺豊治が考える”F1という仕事”、そして将来のF1の姿……(motorsport.com 日本版)

2021年のF1最終戦アブダビGPをもって、ホンダF1の第4期活動が終了した。 2015年にF1参戦を果たしたホンダは、当初マクラーレンとコンビネーションを組んだ …

ホンダF1田辺豊治が考える”F1という仕事”、そして将来のF1の姿……(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 2021年のF1最終戦アブダビGPをもって、ホンダF1の第4期活動が終了した。  2015年にF1参戦を果たしたホンダは、当初マクラーレンとコンビネーションを組んだものの苦労し、優勝はおろか表彰

レッドブルF1首脳 「ルクレールの神秘性はサインツによって暴かれた」 【 F1-Gate .com 】

レッドブルF1のヘルムート・マルコは、フェラーリF1に加入した元教え子のカルロス・サインツが、シャルル・ルクレールをめぐる神秘性を“暴いた”と考えている …

レッドブルF1首脳 「ルクレールの神秘性はサインツによって暴かれた」
レッドブルF1のヘルムート・マルコは、フェラーリF1に加入した元教え子のカルロス・サインツが、シャルル・ルクレールをめぐる神秘性を“暴いた”と考えている。レッドブルのドライバー育成プログラムの責任者としてレッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリのドライバーを管理するヘルムート・マルコは、当然のことながら、ラ...

マクラーレンF1代表、2022年マシン『MCL36』の開発に「非常に満足」 【 F1-Gate .com 】

マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、2022年F1マシン『MCL36』の進捗に満足しているが、相対的なペースについてまだ「まだ …

マクラーレンF1代表、2022年マシン『MCL36』の開発に「非常に満足」
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、2022年F1マシン『MCL36』の進捗に満足しているが、相対的なペースについてまだ「まだまったくリファレンスがない」と認める。今年F1で導入される完全に新しい技術規則に備えて、大多数のF1チームは、昨シーズンの序盤に根本的にコンセプトが異なる2022年F1...

ホンダF1、2025年までレッドブルのエンジン運用をサポートとの報道

ホンダF1は、2022年から2025年までのF1エンジン凍結のサイクルを通してレッドブルF1とのリンクを維持することになるとRacingNews365.comは報じている。

ホンダF1、2025年までレッドブルのエンジン運用をサポートとの報道
ホンダF1は、2022年から2025年までのF1エンジン凍結のサイクルを通してレッドブルF1とのリンクを維持することになるとRacingNews365.comは報じている。。ホンダF1は、マックス・フェルスタッペンとF1ドライバーズワールドチャンピオンシップを獲得した後、2021年の終わりに正式にF1を離れるが、ホンダ...

ピエール・ガスリー 「ブラウンGPのようなサプライズを期待」 – F1-Gate.com

2022年にF1レギュレーションは大幅に変更され、F1マシンの基本設計は、空力に依存する哲学からグランドエフェクトカーに移行する。全F1チームはゼロからの …

アルファタウリF1のピエール・ガスリー 「ブラウンGPのようなサプライズを期待」
アルファタウリF1のピエール・ガスリーは、F1マシンが一新される2022年にブラウンGPのようなサプライズが起こることを期待していると語る。2022年にF1レギュレーションは大幅に変更され、F1マシンの基本設計は、空力に依存する哲学からグラウンドエフェクトカーに移行する。全F1チームはゼロからのスタートとなり、昨年と勢...

ボッタスがウィリアムズ復帰ではなくアルファロメオ移籍を選んだ理由 – F1-Gate.com

バルテリ・ボッタスは、2022年にウィリアムズF1に復帰するのではなく、アルファロメオF1に移籍することを決断した理由を説明した。メルセデスF1との5年間の …

F1:バルテリ・ボッタスがウィリアムズ復帰ではなくアルファロメオ移籍を選んだ理由
バルテリ・ボッタスは、2022年にウィリアムズF1に復帰するのではなく、アルファロメオF1に移籍することを決断した理由を説明した。メルセデスF1との5年間の関係が終了に近づいたとき、将来の可能性な選択肢のひとつは、ウィリアムズF1に復帰することだったとバルテリ・ボッタスは認める。
タイトルとURLをコピーしました