「1000万円で極上のフェラーリ」新車同然の「360モデナ」が初めてのフェラーリに最 適の理由と …

「1000万円で極上のフェラーリ」新車同然の「360モデナ」が初めてのフェラーリに最適の理由と …

RMサザビーズが開催した、2021年12月の「オープン・ロード・オークション」に、実に魅力的なフェラーリ「360モデナ」が登場した。360モデナは、「F355」の …

「1000万円で極上のフェラーリ」新車同然の「360モデナ」が初めてのフェラーリに最適の理由とは(VAGUE) - Yahoo!ニュース
 RMサザビーズが開催した、2021年12月の「オープン・ロード・オークション」に、実に魅力的なフェラーリ「360モデナ」が登場した。360モデナは、「F355」の後継車として1999年に誕生。出品

フェラーリF1、シェルの協力の下、エンジン出力を大幅に向上。信頼性には懸念も、メルセデス …

スクーデリア・フェラーリは、燃料およびオイルパートナーであるシェルの協力のもと、2022年シーズンへの準備を順調に進めているようだ。

フェラーリF1、シェルの協力の下、エンジン出力を大幅に向上。信頼性には懸念も、メルセデス方式で積極的に戦うか(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 スクーデリア・フェラーリは、燃料およびオイルパートナーであるシェルの協力のもと、2022年シーズンへの準備を順調に進めているようだ。

フェラーリF1、シェルの協力の下、エンジン出力を大幅に向上。信頼性には懸念も – autosport web

スクーデリア・フェラーリは、燃料およびオイルパートナーであるシェルの協力のもと、2022年シーズンへの準備を順調に進めているようだ。 2022年F1では、1.6 …

フェラーリF1、シェルの協力の下、エンジン出力を大幅に向上。信頼性には懸念も、メルセデス方式で積極的に戦うか | F1 | autosport web
 スクーデリア・フェラーリは、燃料およびオイルパートナーであるシェルの協力のもと、2022年シーズンへの準備を順調に進めているようだ。 2022年F1では、1.6リッターV6ターボハイブリッドの規則は継続され、パワーユニット(PU)については大きな変更はないが、燃料はバイオエタノールの割合が10パーセントに引き上げられ...

フェラーリF1、2022年型F1エンジンに“超高速”燃焼技術を導入

フェラーリF1は、F1エンジンが凍結された2022年に向けてパワーユニットで飛躍的な進歩を遂げていると確信している。フェラーリF1は、2019年のF1 …

フェラーリF1、2022年型F1エンジンに“超高速”燃焼技術を導入
フェラーリF1は、F1エンジンが凍結された2022年に向けてパワーユニットで飛躍的な進歩を遂げていると確信している。フェラーリF1は、2019年のF1シンガポールGPでセバスチャン・ベッテルが勝利を挙げて以来、表彰台の頂点からは遠ざかっている。2019年はそれ以外にもシャルル・ルクレールが2勝を挙げたが、F1エンジンの...

播磨のHじゃない「IHI」! ホンダF1もフェラーリF40もお世話になった会社だった – WEB CARTOP

しかもその技術と信頼性はサーキットだけにとどまらなかった。同時期に公道を走れるレーシングカーと称されたフェラーリF40にも、IHIのターボチャージャーが採用 …

播磨のHじゃない「IHI」! ホンダF1もフェラーリF40もお世話になった会社だった
この記事をまとめると■ターボエンジンのタービン製造を担っている「IHI」について解説■海外にも大手メーカーはあるがIHI製タービンの信頼は絶大だ■F1やスーパーカー、チューニングメーカーにも採用されている実績がある工業製品ならなんでもお任せ…

フェラーリF1、シェルの協力の下、エンジン出力を大幅に向上。信頼性には懸念も

スクーデリア・フェラーリは、燃料およびオイルパートナーであるシェルの協力のもと、2022年シーズンへの準備を順調に進めているようだ。2022年F1では、1.6 …

フェラーリF1、シェルの協力の下、エンジン出力を大幅に向上。信頼性には懸念も、メルセデス方式で積極的に戦うか(2022年1月10日)|BIGLOBEニュース
スクーデリア・フェラーリは、燃料およびオイルパートナーであるシェルの協力のもと、2022年シーズンへの準備を順調に進めているようだ。2022年F1では、1.6リッターV6ター…|BIGLOBEニュース

サインツJr、もっと上の順位を期待していた | F1News | Formula Web -F1総合情報サイト-

フェラーリの基準では)悪いシーズンだったけど、状況を好転させられる非常に能力が高いチームだ。みんなから“マクラーレンは素晴らしいのになぜフェラーリに …

サインツJr、もっと上の順位を期待していた | Formula Web -F1総合情報サイト-
フェラーリのC・サインツJrは、昨シーズンの成績を次のように振り返った。 『ボクが期待していたところは、もうちょっと高い順位でフィニッシュすることだったんだ。でも、フェラーリで新しいシ...

F1新時代|2022年ホイールカバー復活……かつて一世を風靡したパーツは、なぜ禁止されたのか …

フェラーリ641のホイールカバー. ホイールリムカバーをF1で初めて採用したのは、1990年のフェラーリである。フェラーリは超高速サーキットとして知られる …

F1新時代|2022年ホイールカバー復活……かつて一世を風靡したパーツは、なぜ禁止されたのか?(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 2022年のF1は、テクニカルレギュレーションが大変更される。これにより、F1マシンは前後のウイングで発生するダウンフォースが減り、マシンのフロア下で発生するダウンフォースの割合が増えることになる

レッドブルF1首脳 「ルクレールの神秘性はサインツによって暴かれた」 【 F1-Gate .com 】

レッドブルF1のヘルムート・マルコは、フェラーリF1に加入した元教え子のカルロス・サインツが、シャルル・ルクレールをめぐる神秘性を“暴いた”と考えている …

レッドブルF1首脳 「ルクレールの神秘性はサインツによって暴かれた」
レッドブルF1のヘルムート・マルコは、フェラーリF1に加入した元教え子のカルロス・サインツが、シャルル・ルクレールをめぐる神秘性を“暴いた”と考えている。レッドブルのドライバー育成プログラムの責任者としてレッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリのドライバーを管理するヘルムート・マルコは、当然のことながら、ラ...

セバスチャン・ベッテルは引退前にレッドブルF1に復帰して速さを示すべき? 【 F1-Gate .com 】

2020年にフェラーリF1を去った4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、2021年の大部分でパフォーマンスに欠けるアストンマーティンF1 …

セバスチャン・ベッテルは引退前にレッドブルF1に復帰して速さを示すべき?
元F1最高責任者のバーニー・エクレストンは、セバスチャン・ベッテルはレッドブルF1に戻り、現在の彼がどれだけ速いかを人々に示すべきだと考えている。2020年にフェラーリF1を去った4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、2021年の大部分でパフォーマンスに欠けるアストンマーティンF1でミッドフィー...
タイトルとURLをコピーしました