マツダCX-5 25Sスポーツアピアランス/CX-5 XDフィールドジャーニー【試乗記】 まだま だ主役は …

マツダCX-5 25Sスポーツアピアランス/CX-5 XDフィールドジャーニー【試乗記】 まだまだ主役は …

マツダが「CX-5」を大幅改良! 同時に、スポーティーな「スポーツアピアランス」とアクティブな「フィールドジャーニー」という、2つの新モデルを設定した。

マツダCX-5 25Sスポーツアピアランス/CX-5 XDフィールドジャーニー【試乗記】 まだまだ主役は譲らない - webCG
マツダが「CX-5」を大幅改良! 同時に、スポーティーな「スポーツアピアランス」とアクティブな「フィールドジャーニー」という、2つの新モデルを設定した。マツダとしては珍しいこれらの施策の成否やいかに? 実際に試乗して、その仕上がりを確かめた。

マツダ CX-30 、日本にない「2.5ターボ」は250馬力 2月米国発売へ | レスポンス(Response.jp)

「SKYACYIV-G 2.5T」は最大トルク44.2kgm ◇マツダの北米戦略に沿って全車を4WD化 ◇G-ベクタリング コントロール プラスと「i-ACTIVSENSE」 ◇8.8インチ …

マツダ CX-30 、日本にない「2.5ターボ」は250馬力 2月米国発売へ | レスポンス(Response.jp)
◆「SKYACYIV-G 2.5T」は最大トルク44.2kgm ◆マツダの北米戦略に沿って全車を4WD化 ◆G-ベクタリング コントロール プラスと「i-ACTIVSENSE」 ◆8.8インチ大型センターディスプレイ

小型車「マツダ2」の新モデル発売 – NNA ASIA・タイ・自動車・二輪車

マツダセールス(タイランド)は10日、主力の小型車「マツダ2(旧デミオ)」の新型を発売したと発表した。4ドアのセダンと5ドアのハッチバックを投入する …

マツダ、小型車「マツダ2」の新モデル発売 タイ・自動車・二輪車
マツダセールス(タイランド)は10日、主力の小型車「マツダ2(旧デミオ)」の新型を発売したと発表した。4ドアのセダンと5ドアのハッチバックを投入する。 「マツダ2」は2009年にタイに投入され、累計30万台…

マツダ CX-5の売れ筋はやはりディーゼル! 人気のパワートレーン、駆動方式と狙い目を解説 – MOTA

2021年11月8日に改良が施されたマツダ CX-5。街中にも映えるクーペ風のSUVとして人気を博しているが、今回の改良ではアウトドアニーズに応えた「フィールド …

マツダ CX-5の売れ筋はやはりディーゼル! 人気のパワートレーン、駆動方式と狙い目を解説|【話題を先取り】新型車解説2022【MOTA】
2021年11月8日に改良が施されたマツダ CX-5。街中にも映えるクーペ風のSUVとして人気を博しているが、今回の改良ではアウトドアニーズに応えた「フィールドジャーニー」やスポーティなデザインに仕上げた「スポーツアピアランス」など個性的なグレードも用意してそれぞれキャラクターの個性を際立たせている。そんな2代目CX-...

マツダ「CX-30」が JNCAP安全評価でファイブスター賞を受賞 – carview!

マツダは2022年1月7日、自動車事故対策機構(NASVA)が実施している2021年度の自動車アセスメント(JNCAP)評価で最高評価にあたるファイブスター賞を受賞した …

マツダ「CX-30」がJNCAP安全評価でファイブスター賞を受賞(Auto Prove) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
マツダは2022年1月7日、自動車事故対策機構(NASVA)が実施している2021年度の自動車アセスメント(JNCAP)評価で最高評価にあたるファイブスター賞を受賞したと発表した。CX-30は、JNCAPにおいて衝突安全性能では89.93点...

マツダ2の新モデル公開 価格は54万6000バーツ – ArayZ

マツダセールス(タイランド)は1月10日、小型乗用車「マツダ2」の新モデルを発表した。 “LIVE LESS ORDINARY”をコンセプト都市、新しいカラー …

マツダ2の新モデル公開 価格は54万6,000バーツ~ - タイ・ASEANの今がわかるビジネス・経済情報誌ArayZ アレイズマガジン GDM(Thailand)
多くのビジネスパーソンに読まれるタイの日本語月刊誌『ArayZ』(毎月10日発行)のウェブサイト。 経営、会計、法務、人事、不動産など各分野の専門家によるコラムや独自の特集記事などを多数掲載。

マツダCX-5フィールドジャーニーで大雪の東京を走る…かなりの安心度! – 日刊ゲンダイDIGITAL

年始たまたま借りていたマツダのミディアムSUV、CX−5の新作特別仕様車、フィールドジャーニー。先日の東京の大雪の日に、見事返却のタイミングを迎えた …

マツダCX-5フィールドジャーニーで大雪の東京を走る…かなりの安心度!|クルマは乗らなきゃ語れない
 年始たまたま借りていたマツダのミディアムSUV、CX−5の新作特別仕様車、フィールドジャーニー。先日の東京の大雪...

3つの仕様が存在!? 量産で初のロータリーエンジン搭載車|1972年式 マツダ コスモスポーツ Vol.1

1972年式 マツダ コスモスポーツ Vol.1】 東洋工業(現・マツダ)がロータリーエンジンに興味を持ったきっかけ、それは1960年1月に松田恒次社長に届いた一通 …

3つの仕様が存在!? 量産で初のロータリーエンジン搭載車|1972年式 マツダ コスモスポーツ Vol.1
【1972年式 マツダ コスモスポーツ Vol.1】 東洋工業(現・マツダ)がロータリーエンジンに興味を持ったきっかけ、それは1960年1月に松田恒次社長に届いた一通の手紙に始まる。差出人は、恒次社長の親友である西ドイツのW・R・フォルスタ・・・

3つの仕様が存在!? 量産で初のロータリーエンジン搭載車|1972年式 マツダ コスモスポーツ Vol.1 …

1972年式マツダコスモスポーツVol.1】東洋工業(現・マツダ)がロータリーエンジンに興味を持ったきっかけ、それは1960年1月に松田恒次社長に届いた一通の …

3つの仕様が存在!? 量産で初のロータリーエンジン搭載車|1972年式 マツダ コスモスポーツ Vol.1 (2022年1月10日) - エキサイトニュース
【1972年式マツダコスモスポーツVol.1】東洋工業(現・マツダ)がロータリーエンジンに興味を持ったきっかけ、それは1960年1月に松田恒次社長に届いた一通の手紙に始まる。差出人は、恒次社長の親友で...

今こそ「スカイアクティブ」に学ぶ、MBD日本連合の挑戦 | 日経クロステック(xTECH)

マツダはスカイアクティブエンジンを開発した際、地場の部品メーカーに対し、MBDの基礎的なところから時間をかけて教育、指導してきた。そのような地道な …

今こそ「スカイアクティブ」に学ぶ、MBD日本連合の挑戦
 シミュレーション技術を駆使し、クルマを効率的に開発するモデルベース開発(MBD)。その普及、促進を目指すMBD推進センター(JAMBE)が2021年7月、国内の自動車メーカー、部品メーカー10社によって発足した。
タイトルとURLをコピーしました