2022年型F1マシンは「必ずしも遅くなっているわけではない」とヒュルケンベルグが …

2022年型F1マシンは「必ずしも遅くなっているわけではない」とヒュルケンベルグが …

元F1ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグは、2022年型F1マシンをシミュレーターで試したと述べており、新しいマシンはかなり速くなるだろうと考えている。

2022年型F1マシンは「必ずしも遅くなっているわけではない」とヒュルケンベルグがシミュレーター走行を振り返る | F1 | autosport web
 元F1ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグは、2022年型F1マシンをシミュレーターで試したと述べており、新しいマシンはかなり速くなるだろうと考えている。 F1グリッドへの復帰をほぼ諦めているヒュルケンベルグだが、2021年シーズンはアストンマーティンのリザーブドライバーを務めていたため、チームのシミュレーターで新マシ...

FIAレースディレクターのマイケル・マシが退任の可能性。F1タイトル決定戦での采配に批判 | F1 …

『BBC Sport』は、2021年F1最終戦アブダビGPでの対応について批判されているFIAのF1レースディレクター、マイケル・マシは、職を離れる可能性が高いとの見方 …

FIAレースディレクターのマイケル・マシが退任の可能性。F1タイトル決定戦での采配に批判 | F1 | autosport web
『BBC Sport』は、2021年F1最終戦アブダビGPでの対応について批判されているFIAのF1レースディレクター、マイケル・マシは、職を離れる可能性が高いとの見方を示した。 ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンが同点で臨んだタイトル決定戦アブダビで、レース終盤、マシはレギュレーションの文言に従うのではな...

グランプリのうわさ話:過保護なオーナーの方針に不満を募らせるアストンマーティンF1 | F1 …

これは、インシーズンテストが廃止されているなかで若手ドライバーをF1のスピードに慣れさせる方策のひとつとして設けられるものだ。 ここから先はautosport web …

グランプリのうわさ話:過保護なオーナーの方針に不満を募らせるアストンマーティンF1 | F1 | autosport web
 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フェラーリ社、ビノットのF1チーム代表継続を明らかに。うわさのトッド加入は発表されず | F1 …

フェラーリ社は1月10日に新組織体制を発表、このなかで、マッティア・ビノットが引き続きF1チーム、スクーデリア・フェラーリのチーム代表を務めることが …

フェラーリ社、ビノットのF1チーム代表継続を明らかに。うわさのトッド加入は発表されず | F1 | autosport web
 フェラーリ社は1月10日に新組織体制を発表、このなかで、マッティア・ビノットが引き続きF1チーム、スクーデリア・フェラーリのチーム代表を務めることが明らかにされた。 フェラーリは、「ブランドの独自性を育み、製品の優秀性を強化し、レースのDNAに忠実であり、2030年までにカーボンニュートラルを達成することに集中すると...

マクラーレン、ニューマシン『MCL36』をチラ見せ。2022年F1マシンのヒントがここに?

マクラーレンは、F1チームの中で初めて2022年マシンの画像を公開した。ここからどんなことが分かるだろうか。

マクラーレン、ニューマシン『MCL36』をチラ見せ。2022年F1マシンのヒントがここに?
マクラーレンは、F1チームの中で初めて2022年マシンの画像を公開した。ここからどんなことが分かるだろうか。

フェルスタッペンとハミルトンに「最も近い」のはノリスだとレッドブル首脳 – Yahoo!ニュース

レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2021年のF1チャンピオンとなったマックス・フェルスタッペン(レッドブル)や …

フェルスタッペンとハミルトンに「最も近い」のはノリスだとレッドブル首脳(TopNews) - Yahoo!ニュース
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2021年のF1チャンピオンとなったマックス・フェルスタッペン(レッドブル)や通算7回F1王座についたルイス・ハミルトン(メルセ

エイドリアン・ニューウェイ 「F1は複数の燃料ソリューションを検討するべき」

レッドブルF1の最高技術責任者であるエイドリアン・ニューウェイは、エクストリームEがどのように機能しているかを目の当たりにし、F1は未来の燃料について …

レッドブルF1のエイドリアン・ニューウェイ 「F1は複数の燃料ソリューションを検討するべき」
レッドブルF1の最高技術責任者であるエイドリアン・ニューウェイは、エクストリームEがどのように機能しているかを目の当たりにし、F1は未来の燃料について複数のソリューションを検討する必要があると考えている。エイドリアン・ニューウェイは、2021年に初シーズンを迎えたエクストリームEをランキング7位で終えたベローチェ・レー...

MIEレーシング、アルファタウリF1などのスポンサー務める日本企業『RDS』とパートナー契約を …

RDSは、F1チームアルファタウリ・ホンダ、GT500に参戦しているAstemo REAL RACINGとのパートナーシップに加え、車いす陸上 伊藤智也選手をテストドライバー …

MIEレーシング、アルファタウリF1などのスポンサー務める日本企業『RDS』とパートナー契約を締結/SBK(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 1月11日、スーパーバイク世界選手権(SBK)に参戦しているMIEレーシングは、日本の株式会社RDSとパートナーシップ契約を結んだことを発表した。同社はデザイン、クレイモデル、CFRP成形、3Dプ

元王者ニコ・ロズベルグ氏「断った」ハミルトンの新型コロナ欠場、2020年サクヒールGPで …

2016年のワールドチャンピオン、ニコ・ロズベルグ氏が、2020年の第16戦サクヒールGPにおいて、スポット参戦で4年ぶりにF1復帰する話があったと語っている。

元王者ニコ・ロズベルグ氏「断った」ハミルトンの新型コロナ欠場、2020年サクヒールGPでスポット復帰の話があったと明かす|F1(DAZN News) - Yahoo!ニュース
2016年のワールドチャンピオン、ニコ・ロズベルグ氏が、2020年の第16戦サクヒールGPにおいて、スポット参戦で4年ぶりにF1復帰する話があったと語っている。 新型コロナウイルス感染拡大の影響に

アルファタウリF1、2022年F1マシン『AT03』がクラッシュテストに合格 【 F1-Gate .com 】

アルファタウリF1は、2022年F1マシン『AT03』がクラッシュテストに合格したことを発表した。大幅なレギュレーション変更が導入され、接近したレースを …

アルファタウリF1、2022年F1マシン『AT03』がクラッシュテストに合格
アルファタウリF1は、2022年F1マシン『AT03』がクラッシュテストに合格したことを発表した。大幅なレギュレーション変更が導入され、接近したレースを生み出すためにF1マシンの基本設計は、空力に依存する哲学からグランドエフェクトカーに移行する2022年は、F1チームにとって勢力図を変える大きなチャンスだと捉えられてい...
タイトルとURLをコピーしました