復旧時間3割減 現場を遠隔支援する日産栃木工場の集中管理室 | 日経クロステック (xTECH)

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

復旧時間3割減 現場を遠隔支援する日産栃木工場の集中管理室 | 日経クロステック(xTECH)

日産自動車が栃木工場に導入した「ニッサンインテリジェントファクトリー」は、同社が開発した最新の生産技術を数多く組み込んでいる。

復旧時間3割減 現場を遠隔支援する日産栃木工場の集中管理室
 日産自動車が栃木工場に導入した「ニッサンインテリジェントファクトリー」は、同社が開発した最新の生産技術を数多く組み込んでいる。今回は、工場の稼働状況を一括管理して不具合発生を未然防止しつつ、短時間での復旧を実現するリモートメンテナンスの仕組みを紹介する。

人生ゲーム×日産コラボ「NISSAN KICKS e-POWER人生ゲーム-全国アクティブ版-」 – 4Gamer

NISSAN KICKS e-POWER人生ゲーム-全国アクティブ版- 配信元 日産自動車 配信日 2022/01/12 「人生ゲーム」のコマがキックスに!?日本全国を電気の走りで …

人生ゲーム×日産コラボ「NISSAN KICKS e-POWER人生ゲーム-全国アクティブ版-」プレゼントキャンペーンが本日スタート
NISSAN KICKS e-POWER人生ゲーム-全国アクティブ版- 配信元 日産自動車 配信日 2022/01/12 「人生ゲーム」のコマがキックスに!?日本全国を電気の走りで駆け巡れ!おうちで楽しむ「NISSAN KICKS e-POWER人生ゲーム-全国アクティブ版-」 コラボ第2弾プレゼントキャンペ...

「人生ゲーム」のコマがキックスに!?日本全国を電気の走りで駆け巡れ!おうちで楽しむ …

おうちで楽しむ「NISSAN KICKS e-POWER 人生ゲーム-全国アクティブ版-」 … プロパイロット」を搭載した、「ニッサン インテリジェント モビリティ」を、 …

「人生ゲーム」のコマがキックスに!?日本全国を電気の走りで駆け巡れ!おうちで楽しむ「NISSAN KICKS e-POWER人生ゲーム-全国アクティブ版-」
日産自動車株式会社 日本マーケティング本部のプレスリリース(2022年1月12日 12時00分)のコマがキックスに!?日本全国を電気の走りで駆け巡れ!おうちで楽しむ

「人生ゲーム」のコマがキックスに!?日本全国を電気の走りで駆け巡れ!おうちで … – 時事通信

おうちで楽しむ「NISSAN KICKS e-POWER 人生ゲーム-全国アクティブ版-」について 昨年11月26日から実施された「リアル人生ゲーム」の体験イベントは、日本 …

時事ドットコム

ブリヂストンが東京オートサロン2022出展概要を発表。TEAM IMPULのニッサンZ GT500を含む4 …

さらに、ブースにはPOTENZA RACING TIREを装着したTEAM IMPULのニッサンZ GT500を含む4台の車両が展示される。 2年ぶりの実地開催となる『東京オート …

ブリヂストンが東京オートサロン2022出展概要を発表。TEAM IMPULのニッサンZ GT500を含む4台の車両を展示(AUTOSPORT web) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
 ブリヂストンは1月11日、千葉県・幕張メッセで2022年1月14日から16日にかけて開催される『東京オートサロン2022』の出展概要を発表した。「10年後、20年後にも『走るわくわく』を提供しつづける」という同社の想いをタイヤと車両の展示...

GT-Rの頂点に君臨する「GT-R NISMO」(2022モデル)、デビューから 14年経っても色あせない …

https://www.nissan.co.jp/ · 製品情報(GT-R NISMO 2022年モデル) https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/gt-r/specifications/nismo.html. 関連記事.

【試乗レポート】GT-Rの頂点に君臨する「GT-R NISMO」(2022モデル)、デビューから14年経っても色あせない性能に触れた
 少し前に記事が掲載された「GT-R Premium Edition T-spec」(以下、T-spec)の取材の際に、実は「GT-R NISMO Special Edition」(以下、NISMO)も借りて乗り比べることができた。

EV市場を席巻するテスラの「最大の脅威」となり得るのは日本のあの企業だ | 電気自動車に強い …

同工場はすでに「ニッサンリーフ」を生産している。 しかしながら日産も他の既存自動車メーカーと同じく、イーロン・マスクが創業したEV専業の米テスラに …

EV市場を席巻するテスラの「最大の脅威」となり得るのは日本のあの企業だ | 電気自動車に強い企業として再生できるのか?
電気自動車(EV)の需要が世界中で急速に高まるなか、日本の自動車メーカーは後手に回っている印象がある。だが実は
タイトルとURLをコピーしました